新入荷ビールTOPへ

アメリカビールTOPへ


フルーツランズ パッションフルーツ&グァバ 容   量 473ml
ゴーゼ+フルーツ
乳酸菌由来の爽やかな酸味と果実のフルーティーさが楽しめる定番ビール(これまで大瓶のみでしたが、2017年よりパッションフルーツ&グァバ・バージョンが新たに缶で仲間入り)。ゴーゼというスタイルは一度絶滅しかけるも、現在アメリカの醸造家によって見直され近年流行のスタイル。この伝統的なビールスタイルをベースに、パッションフルーツとグァバをどっさり投入することで、トロピカルフルーツ感満載のフルーティーなビールに仕上げました。アロマはパッションフルーツとグァバのトロピカルフルーツが弾け、わずかにレモンのようなアロマが見え隠れ。続けて塩気とフレッシュな酸味がアクセントを加えます。名前の「Fruitlands」は1843年6月にマサチューセッツ州ハーバード村に設立された農業コミュニティーに由来(現在ヴィーガンと呼ばれるような、動物由来の衣服や食物などを利用しない生活様式で暮らす人々の集まり)。
アルコール 4,8%
原材料 麦芽、ホップ、パッションフルーツ、グァバ
タ イ プ ゴーゼ
価   格 税込778円



ブーミング・ローラーズ 容   量 473ml
春季限定IPA
元々は2014年にドラフトのみで限定醸造されたビールで、リリース当時「過去最高にジューシーで刺激的な、IPAの最高傑作」とまで言い切った彼らの自信作(昨年からは3月〜5月の期間限定で缶でもリリース)。マンゴーなどのトロピカルフルーツやレモングラスといった柑橘類を思わせるフルーティーな「シトラ」のフレイバーを主役に据え、NZホップ「モトゥエカ」がそのダークフルーツのような深い風味と濃厚なジューシーさで存在感を示し、さらにこのトロピカルパーティーのまとめ役として「センテニアル」も投入。モルト使用量はホップの苦味とバランスを取るだけの少量に留め、クラッカーのような軽やかなボディーを実現。フィニッシュでは小気味よく切れあがる苦味と、更なるトロピカルフルーツのジューシーさが楽しめます。ちなみに「Booming Rollers」という名前は、ピューリッツァー賞受賞詩人であるカール・サンドバーグ(1878 - 1967)による子供向け短編小説集「ルータバガ・ストーリーズ」に由来。
アルコール 6,8%
原材料 麦芽、ホップ
タ イ プ IPA
価   格 税込778円



シティ・オブ・ザ・サン 容   量 473ml
冬季限定IPA
元々は創業間もない2013年にドラフトのみで醸造された限定ビール(その後改良を加え一部使用ホップやアルコール度数などを変更)。香りはまるで飲む物の五感を刺激するような力強いオレンジ、マンゴー、パパイヤ、パイナップル、桃やグレープフルーツといったトロピカルフルーツのほかシトラス、松、そしてダンクさも。味わいも同様で、トロピカルフルーツ全開のフレイバーと共にジューシーでダンクな奥深い風味を楽しめます。ちなみに「City of the Sun」という名前はルネサンス時代のイタリアの聖職者・哲学者トマソ・カンパネッラ(1568 - 1639)が1602年に書いた、理想社会を描いたユートピア論「The City ofthe Sun(太陽の都)」に由来すします。
アルコール 7,6%
原材料 麦芽、ホップ
タ イ プ IPA
価   格 完売