「浦霞」 ㈱佐浦(宮城県)



藩政期の塩竃は藩主伊達氏の崇敬篤い塩竃神社の門前町として、また仙台の海の玄関口として諸税免除等の恩恵を受けながら大いに発展しました。訪れる多くの旅人のために旅篭や歓楽街が神社の門前近くに軒を連ね、活況を呈していたといいます。蔵元佐浦家の初代・富右衛門は、はじめ麹製造業を営んでいましたが、1724年に酒造株を譲り受け、以来 塩竃神社の御神酒を醸しつづけてきました。明治時代には海路を利用した三陸沿岸への出荷も盛んだったようです。


新入荷日本酒TOPへ

オススメの地酒TOPへ

リキュールTOPへ


「夏の生酒2016」販売実績第1位!
浦霞 「純米生酒」


瑞々しいイチゴを思わせるような香りとすっきりとした甘味、快活で弾けるような感触を持ちながら全体にさっぱりとした飲み口の生酒です。
原料米
まなむすめ100%
アルコール度
17,0~17,9%
精米歩合
65%
日本酒度
+1~+2
酸度
1,4~1,5
アミノ酸度
1,7~1,8
720ml    税込1382円



限定528本のみ!
浦霞 山廃純米大吟醸 ひらの


吟醸造りの名人と呼ばれた先代の浦霞の大杜氏「平野佐五郎」が得意としていた山廃での吟醸造りの技術保存の為だけに造ってきた幻の大吟醸。果実のような芳しい香り、しっかりとした酸味を伴う米の旨味とほど良いコクが感じられる、洗練された味わいの山廃純米大吟醸です。

原料米
山田錦
アルコール度
17,0~17,9%
精米歩合
40%
日本酒度
-0,5
酸度
1,4
アミノ酸度
1,2
720ml   税込5616円



浦霞 純米夏酒

ラベルは港町塩竈をイメージした貝殻をあしらったデザイン。酒質は暑い夏に軽やかに楽しめるようアルコール度数を14%台にし、爽やかで軽快な甘みと米の旨味を感じされる味わいになっています。夏のサッパリとした食材との相性も良くなるよう穏やかな香り、2回火入れなのでちょっとしたお手土産にも重宝します。

原料米
まなむすめ
アルコール度
14,0~14,9%
精米歩合
65%
日本酒度
+1
酸度
1,4
アミノ酸度
1,6
720ml   税込1242円
1800ml  税込2592円



浦霞 特別純米しぼりたて

ラベルに描かれた梅の一枝が春の予兆を告げるかのように、1月下旬に登場する数量限定の特別純米生酒。フレッシュで、やや甘やかな吟香、爽やかで若々しい風味と米の旨みがバランスよく広がる上品かつパーフェクトな新酒らしさを楽しめます。毎年人気を集めるだけあって、貫禄の旨さ。
原料米
ササニシキ100%
アルコール度
17~17,9%
精米歩合
60%
日本酒度
0~+2
酸度
1,5~1,7
アミノ酸度
1,5~1,7
720m    税込1534円



浦霞 別誂 大吟醸

年に一度だけリリースされる浦霞最高峰のお酒の一つ。兵庫県産の山田錦を40%まで磨き上げ、自家酵母でじっくりと醸し、瓶貯蔵で低温熟成させました。熟した果実のような芳醇な吟香と落ち着いたまろやかな味わいのバランスがとれた透明感のある繊細な大吟醸です。
原料米
山田錦
アルコール度
16,0~16,9%
精米歩合
40%
日本酒度
+0,5
酸度
1,15
アミノ酸度
0,9
1800ml    税込10800円



浦霞 特別純米酒 寒おろし

初秋の「ひやおろし」から晩秋の「寒おろし」へと、やわらかくふくらみある旨味とともに、心地良い熟味を伴う風味を、季節の変化を感じながら味わっていただければと思います。塩煎り銀杏や、きのこグラタン、秋鮭の西京焼き、温かい鍋物などと合わせてお楽しみ下さい。
【熟成期間11ヶ月】

原料米
宮城県産ササニシキ
アルコール度
16,0~16,9%
精米歩合
60%
日本酒度
+1
酸度
1,6
アミノ酸度
1,6
720ml    税込1512円



日本名門酒会限定!
浦霞 槽掛け雫酒 大吟醸


40%に精米した山田錦を自家酵母でじっくり醸し、低温で約1年貯蔵し熟成。モロミを「槽(ふね)」と呼ばれる伝統的な搾り機で圧力を掛けず自然に出てきた贅沢な雫だけを瓶に詰めた特別なお酒です。銘酒「浦霞」の中でも「雫搾り」はこの商品しかなく、日本名門酒会用に年に一度極少量のみ仕込む限定の大吟醸です。果実のような気品のある吟香とやわらかで落ち着いた味わいです。
原料米
山田錦
アルコール度
16,0~16,9%
精米歩合
40%
日本酒度
±0
酸度
1,1
アミノ酸度
1,0
720ml    税込3780円



浦霞 純米吟醸 寒風沢

日本三景・松島湾内にある寒風沢(さぶさわ)島において、昔ながらの原始的な農法(雨水を利用した貯水と天日干し)で作られた、宮城を代表する銘柄「ササニシキ」を原料に使用した純米吟醸酒。穏やかな甘味をともなうさわやかな香り、酸味と旨味のバランスの取れた味わい。
原料米
山田錦
アルコール度
15,0~15,9%
精米歩合
55%
日本酒度
+2~+3
酸度
1,5
アミノ酸度
720ml    税込1944円



浦霞 山田錦 純米大吟醸 古酒(H24BY)

世界最大規模のワイン・コンペティション「IWC(インターナショナルワインチャレンジ)2009」のSAKE部門「古酒の部」で金メダルを受賞する等、様々なコンクールで賞を獲得する純米大吟醸の古酒。3年以上にわたり低温熟成させたお酒は、バナナやリンゴのような上品で華やかな吟香と、米の旨味が程よく熟成した繊細で落ち着いた味わいです。
原料米
山田錦
アルコール度
16,0~16,9%
精米歩合
40%
日本酒度
+2
酸度
1,3
アミノ酸度
720ml    税込4860円



浦霞 「山田錦 純米大吟醸」

酒造好適米「山田錦」を精米歩合45%まで磨き、自家酵母(浦霞酵母)を用いてじっくりと醸し、低温で半年ほど貯蔵熟成させた純米大吟醸。果実のような芳しいふくらみのある吟醸香とよく練れた米の旨味がほどよく調和し、バランスのとれた味わいの純米大吟醸に仕上がっています。年に1回のみのご案内ですので品切れの際はご容赦下さい。
原料米
山田錦
アルコール度
16,0~16,9%
精米歩合
45%
日本酒度
+1~+2
酸度
1,35
アミノ酸度
1,1
720ml    税込3240円



販売数量ダントツ1位!
浦霞 特別純米ひやおろし


毎年「さすが!」という声多数。昨年から火入れ後の急冷で更に酒質がUPし、名門酒会内でも販売数量ダントツ1位と、ひやおろしの中でも絶対はずせないアイテムです。穏やかながらもメロンやリンゴなどの果実香が感じられ、まろやかで熟成感のあるふくらみが特徴の特別純米酒です。
原料米
宮城県産ササニシキ
アルコール度
16,0~16,9%
精米歩合
60%
日本酒度
+1
酸度
1,6
アミノ酸度
1,6
720ml    税込1447円



浦霞 「本醸造生酒」

人気の浦霞に本醸造が加わりました。涼しげで軽快ながらも、ほどよく旨味が感じられ、キレのある味わい。すっきりした味わいは夏の料理と合わせて美味しさ満開。

原料米
まなむすめ100%
アルコール度
16,0~16,9%
精米歩合
65%
日本酒度
+1
酸度
1,3~1,4
アミノ酸度
1,5~1,6
720ml    税込1123円



浦霞 「二百八拾号 木桶仕込み山廃純米酒」

昭和30年代琺瑯タンクの登場に伴い、姿を消した伝統的な木桶仕込みを浦霞が半世紀ぶりに復活。蔵元でも唯一木桶造りを知る製造部長の平野氏により、若い蔵人達に受け継がれた伝統の技で醸した酒は、木の特性である酸素を通す特性がもろみの発酵状況を変化させる為、その桶ごとの味わいを造りだすことから酒銘には木桶の名前を採用しました。山廃独特の酸味と濃醇な味わいは常温やお燗でより一層際立ちます。
原料米
トヨニシキ
アルコール度
15,0~15,9%
精米歩合
70%
日本酒度
+2~+3
酸度
1,4~1,6
アミノ酸度
1,6
720ml    税込1987円



浦霞 味吟醸

山廃酒母仕込みの吟醸酒をブレンドすることで、より味わいを重視した名前のとおりの味吟醸。米は宮城県産米を、水は松島湾の井戸水と水道水を濾過したものを調合して使用。おだやかな吟醸香とほど良いコクと熟成感のあるやわらかな味わいの吟醸酒です。
原料米
トヨニシキ、山田錦
アルコール度
15,0~15,9%
精米歩合
50%
日本酒度
+2~+3
酸度
1,0~1,2
アミノ酸度
1800ml   税込4860円



浦霞 「禅」純米吟醸

東日本でも有数の水揚高を示し、水産煉製品生産では日本一の生産量を誇る塩釜で地米と自家酵母を使用し醸されるこの蔵の看板商品。その味わいは淡麗なな中に上品な旨味と香りが溶け合い絶品。漁師町の酒なれば、やはり新鮮な魚介類とは相性抜群。生カキや旬のお刺身等と合わせればこれ以上の至福は有りません。
原料米
山田錦、トヨニシキ
アルコール度
15,0~15,9
精米歩合
50%
日本酒度
+2
酸度
1,3
アミノ酸度
1,2
720ml   税込2333円



浦霞 特別純米 生一本

米は宮城県産ササニシキのみを使用、水は松島湾の井戸水と水道水を濾過したものを調合して使用するこだわりの純米酒。適度に酸が乗ったふくよかな味わいは冷やでも燗でもいけます。
原料米
ササニシキ
アルコール度
15,0~15,9
精米歩合
60%
日本酒度
+1
酸度
1,5
アミノ酸度
1,4
720ml   税込1404円
1800ml   税込2916円


浦霞 純米酒

米は宮城県産のトヨニシキ、マナムスメを65%まで磨き、仕込み水は松島湾近くのやや硬水の井戸水を使用、自家酵母(浦霞酵母)を用い、低温でじっくりと時間をかけて発酵させます。米の旨味が生きていて、まろやかながら後味はすっきりとしており、春を思わせるようなほのぼのとした酔い心地が味わえます。
原料米
マナムスメ
アルコール度
15,0~15,9%
精米歩合
65%
日本酒度
+2
酸度
1,5
アミノ酸度
1,7
 720ml  税込1296円
1800ml  税込2700円



浦霞 「本格焼酎でつけた梅酒」 

東日本大震災時の清酒醪(もろみ)から造り「再生」への願いがこめられた本格焼酎に、蔵王産青梅をつけた梅酒。この梅酒にも再生への想いが込められています。さわやかな酸味とシャープな切れ味が特長で、ややアルコール分が高めのためオンザロックがおすすめ。
※室温保管ですと熟成香味が生じやすく、梅の香りを損ねてしまう可能性がございます。保管は冷蔵庫でお願いいたします。
原材料
本格焼酎、梅、糖類
アルコール度
12~12,9%
生産地
宮城県
720ml        税込1944円



浦霞 「純米原酒でつけた梅酒」 

「爽やかな梅の香り、柔らかく口当たりの良い梅酒を造ろう」という目標の元開発された浦霞自慢の梅酒です。日本酒蔵らしく純米酒の原酒に地元宮城県産の梅を漬け、氷砂糖ではなくグラニュー糖を使用。純米酒の柔らかい風味を活かす為、低温で仕込む等様々な工夫を行い完成したその味わいは、控え目な甘さと心地よい酸味、純米酒らしい柔らかな飲み口に仕上がっています。
※室温保管ですと熟成香味が生じやすく、梅の香りを損ねてしまう可能性がございます。保管は冷蔵庫でお願いいたします。
原材料
清酒、梅、糖類
アルコール度
12~12,9%
生産地
宮城県
720ml        税込1944円



限定2400本!
浦霞 「2011年 大吟醸につけた梅酒」 


東日本大震災から1年半が経ち、宮城県塩竈にある蔵元「浦霞」も津波の被害、建物の被災から少しずつ復興への道を歩んできました。震災時はライフラインが長期間停止していた為、その時に仕込まれていた大吟醸の醪は甘みが強くなり大吟醸酒としては品質を満たす事ができないものでした。しかしその果実香は爽やかな梅の香りとよく合うのではと、宮城県蔵王産の梅を使用し梅酒として生まれかわりました。微かな吟醸香と爽やかな梅の香りが見事に調和し、控えめな甘さと酸味が心地良いとても上品な味わいの梅酒です。
原材料
清酒、梅、糖類
アルコール度
12~12,9%
生産地
宮城県
720ml        税込2520円