「大山」 加藤嘉八郎酒造㈱(山形県)



蔵のある大山の町は天領として江戸時代初期から本格的な酒造りが始まり、昔は数十軒の酒蔵が軒を連ねていました。広島の西条、神戸の灘と共に酒どころとして並び称せられ、「東北の小灘」とも言われました。蔵元はこの大山の地に明治5年に創業。今では街には数軒の酒蔵を残すのみとなり、昔の面影は薄れてしまっていますが、この地を代表する酒として「大山」と命名されました。


新入荷日本酒TOPへ

オススメの地酒TOPへ


限定12本!
大山 吟撰 R1BY 出羽燦々55 生詰


山形県産酒造好適米「出羽燦々」を自社精米工場で55%まで磨き、アルコール分を16,5%に調整し濃厚な味わいに仕上げた限定の隠し酒。小型の「オールジャケット型タンク」にて火入れを行い、可能な限りの最短時間で「急冷」。そのままタンクで熟度調整後、加熱殺菌を行わず「生詰」したお酒は、程良くフルーティーな吟醸香と柔らかさの中に火入れ酒特有のシャープな味わいが合いまった芳醇でキレの良い香味。円熟の柔らかな口当たりと濃密な味わいが堪能できます。
原料米
出羽燦々
アルコール度
16,5%
精米歩合
55%
日本酒度
+1
酸度
1,6
アミノ酸度
1,05
720ml   税込1815円



限定12本!
大山 隠し酒 純米吟醸 無濾過原酒


原料米には自社精米工場で丁寧に磨いた、山形県が誇る酒造好適米「出羽燦々」を使用。「出羽燦々」で仕込んだお酒は「柔らかく、巾のある味わい」になる特徴があり、その特徴に「キレの良さ」を加える為、醪の品温を細かくコントロール。また、米麹では麹菌に「黒判 大吟醸もやし」を採用し、シメ傾向の突き破精型に仕上げ必要以上に溶けないようにしています。上槽後は無濾過原酒のまま即座に瓶に生詰めし、適度に生熟成させた後に瓶火入れ。仕上がったその香味は奥深いブランデーや洋酒を彷彿とさせるグレープ様の香りと、華やかでジューシーな甘さのある香り。瑞々しい果実をかじった時の様なジューシーな酸味と濃密な旨味。後キレは良好で口中の余韻も長いお酒に仕上がっています。
原料米
出羽燦々
アルコール度
17,0~17,9%
精米歩合
55%
日本酒度
+0,5
酸度
1,5
アミノ酸度
1,05
720ml   税込1826円



日本名門酒会限定
大山
特別純米 ひやおろし きのこラベル


日本名門酒会の「ひやおろし秋場所」で毎年トップ争いに絡んでくるこちら。山形県オリジナルの酒米《出羽の里》と山形ならではの吟醸酵母2種(味わい吟醸タイプと華やかタイプのブレンド)を用いて醸した特別純米酒です。穏やかな洋ナシ様の香りの「山形NF-KA酵母」と、華やかな完熟リンゴ様の香りの「山形酵母」、二つの酵母による深さと華やかさが調和した上品な味わいが魅力で、すっきりした中に潜むしっかりした旨みとまとまり良く幅のある味わいが、秋の味覚を引き立てます。
原料米
出羽の里
アルコール度
16,5%
精米歩合
60%
日本酒度
+1
酸度
1,6
アミノ酸度
0,95
720ml   税込1562円



限定6本!蔵出しバッグヴィンテージ!
大山 H30BY 特別純米 ひやおろし


山形県オリジナルの酒米「出羽の里」と山形ならではの吟醸酵母2種(「味わい吟醸」タイプと「華やか」タイプのブレンド)を用いて醸した特別純米のひやおろし。今回は「日本名門酒会 ひやおろし秋場所」でプロ部門第1位だった「H30BY(平成30酒造年度)」を、蔵内で冷蔵管理していたバッグヴィンテージです。少量入荷なのでお見逃しなく!
原料米
出羽の里
アルコール度
16,5%
精米歩合
60%
日本酒度
+1
酸度
1,6
アミノ酸度
0,95
720ml   税込1628円



大山 特別純米原酒 大山十五

通常の特別純米酒では原酒を加水調整して仕上げますが、「大山 十五(じゅうご)」は搾り上がりの原酒の状態で既にアルコール分15度台の完成品。通常の醪よりも低いアルコール度数帯で発酵のコントロールを行い醸されたその味わいは、優しくまろやかな口当たりが特徴です。ライチやグレープフルーツ、デリシャスリンゴ、バナナなどのフルーツや、お米の優しい香り。口に含むと、しっかりとボリュームのある甘味と酸味のバランスが良く、後味にはコクのある余韻があり、キレも良好です。アルコール分15度台ながらも、原酒らしい力強さを感じさせる、「より芳醇で辛口」の味わい。
※商品名の「十五」は、アルコール度数だけでなく、仕込みの割合(容積換算)が、米「十」に対して水「十五」の「十五水仕込み」になることも意味しています。
原料米
はえぬき
アルコール度
15,0~15,9%
精米歩合
60%
日本酒度
+3~+4
酸度
1,55~1,65
アミノ酸度
1,1~1,2
 720ml   税込1430円



大山 純米吟醸 封印酒

質の高い「吟醸香」、緻密で繊細な「吟味」、両者が調和して初めて生まれる「吟醸酒としての品格」。「吟醸酒かくあるべし」と、その理想を求め「日本名門酒会」が責任を持ってお届けする純米吟醸シリーズが「封印酒」です。
「大山」のものは、地元山形県産「美山錦」を使用し、穏やかな香りの「山形KA酵母」と品のいい香りの「山形酵母」をブレンドして醸しました。透明感のある程よくフルーティな吟醸香、軽快ながら芯のしっかりとした味わいで、旨味もありキレもよいバランスのよさが魅力です。900年の伝統を持つ「山形鋳物」をイメージした「鋳金」風合いの地に、庄内から眺める月山をデザインしたラベルでお届けします。

原料米
美山錦
アルコール度
15,0~15,9%
精米歩合
50%
日本酒度
+1,5~+2,5
酸度
1,6~1,7
アミノ酸度
0,9~1,0
720ml    税込1705円



限定6本!
大山 特別純米 十水 うすにごり原酒


濃厚な味わいが人気の「十水」のうすにごりバージョン。「米10石」対「水10石」の比率で仕込んだ濃厚な醪を、にごり成分を残して上槽し、無濾過原酒のまま瓶詰め、パストライザーによる瓶燗火入れ・急冷にて仕上げた数量限定品です。お米にラムネやヨーグルト様の爽やかな香り、パイナップル様のフルーティーな香りも感じられ、大山の「十水仕込み」特有の爽やかな酸味と旨味が相まってジューシーな印象。クリーミーで濃醇でありながら、しつこさが全くなく清涼感さえ感じる味わいです。
― 十水(とみず)とは ―
日本酒の仕込み配合のうち仕込水の割合を示す言葉で一つの醪に仕込む白米10石(1500kg)に対して、10石(1800L)の水<10石:10石=10割>で仕込むことを“十水仕込”といいます。この割合は江戸時代後期から末期にかけ灘地方で確立されたもので昭和30年代まで酒造りの基本形とされたものです。現代の仕込みよりも10~20%水が少ない濃厚仕込みです。
原料米
はえぬき
アルコール度
18,0~18,9%
精米歩合
60%
日本酒度
-8,5~-7,5
酸度
1,70~1,80
アミノ酸度
1,45~1,55
720ml   税込1733円



大山 特別純米酒 番外品

大定番「特別純米酒」のブラッシュアップを目的に、毎年異なるアプローチで造られる「番外品」。8年目となる今回は原料処理のブラッシュアップとして「大山流超限定給水」を試みました。従来からの徹底した限定給水管理による水切りのタイミングと方法に加え、水切り後の天地返しやストックタンクへ納めるまでの時間もストップウォッチで正確に計り、それらの作業手順までをも標準化。原料処理時の給水のバラツキを可能な限り解消させたことで、その後の製麹、酒母・醪管理の全ての工程において、さらに理想へと近づく酒造りが可能となりました。
★特別純米酒≪番外品≫ブラッシュアップの歴史★
■H24BY「香味のフレッシュアップを図る」「プレートヒーター連結方式によるタンク火入れ時の強制急冷」に初チャレンジ。サーマルタンクで-5℃の氷温貯蔵管理を実施。
■H25BY「よりフルーティー、よりジューシー」予冷タンクを廃止し、プレートヒーター通過後に直接サーマルタンクへ送り込み、-5℃で氷温貯蔵。瓶燗火入れ後にミストシャワー急冷も取り入れ、余熱による過熟も抑えました。
■H26BY「急冷精度の向上」(3水冷+1空冷の確立)瓶燗火入れ直後にミストで粗熱を奪い、その後シャワーによる冷却を2度行い、その後乾燥も兼ねて業務用扇風機で空冷を行うことで、急冷のスピードが格段にアップしました。
■H27BY「旨みに留意」製麹を“総破精”に近い状態に仕上げ醪を溶かし気味に運び、フレッシュ且つ味わいにおける旨みのバランスに留意した酒造りを実施。氷温貯蔵期間も長く保つよう調整しました。
■H28BY「その年の米質に対応した取り組みを実施」旨味の出やすい「ササニシキ」を主に使用し旨味レベルを確保。さらに過去から積み上げてきた「フレッシュ管理」の工程もタイミング良く行え自信作となりました。
■H29BY「原点の淡麗辛口に再度磨きをかける」白米の吸収率、麹菌の種類と使用量、醪管理などを米質に合わせ一つ一つ丁寧に確認しながら作業を進め、割水の量もギリギリのところまで味わいを考慮しながら濃淡の調整を行いました。
■H30BY「従来よりもムラの無い瓶火入れと、KOS製麹機での麹造りの精度アップ」パストライザーを2台新設し、従来の湯煎よりもムラの無い瓶燗火入れを実現。KOS製麹機の空気循環に関わるパッキン48個を全て調整したことで、麹造りの精度もアップしました。
原料米
はえぬき
アルコール度
15,0~15,9%
精米歩合
60%
日本酒度
+3~+4
酸度
1,65~1,75
アミノ酸度
1,2~1,3
 720ml   税込1551円



日本名門酒会限定!
大山 特別純米生酒 夏野菜ラベル


高め安定のクオリティとバランスのよさで毎夏人気、山形県ならではの酒米「出羽の里」を使用した特別純米生酒。「出羽の里」の上品な甘い口当たりと、山形酵母のフルーティな香りがありながら、山形NFKA酵母由来の柑橘系の香味とキリッと引き締まる後味で、夏らしい爽やかな味わいに仕上がっています。今回の限定ラベルでは、トマトやキュウリ、ナス、トウモロコシ、枝豆など、彩り豊かな夏野菜が食欲をそそり、「大山」生酒との抜群の相性をイメージさせる、にぎやかで楽しいラベル になっています(枝豆の絵にはキュートな秘密も隠されています!)。
―「夏野菜ラベル」誕生秘話―
とある日、大山蔵元の加藤嘉晃さんがスーパーへ買い物に行った際、 「こんな時だし、野菜をいっぱい食べて免疫力アップしなきゃな」 と思いながら野菜売り場でウロウロと品定めをしていたところ、 「あれ、そう言えば最近だいぶ夏野菜が増えてきたけど、夏野菜って色鮮やかで綺麗だな~」と、ふと感じたそうです。 そこで、急遽、加藤嘉晃さんがラベルをデザインし誕生したのが、この 「夏野菜ラベル」なのです。そして、このお酒には「旬の栄養満点で旨味たっぷりの夏野菜と、自分たちが心を込めて醸した美味しいお酒を共に楽しんでいただくことで、皆様の健康に貢献できるのであれば、蔵元としてこれ以上の幸せはない!」という想いがこめられています。
原料米
出羽の里
アルコール度
15,0~15,9%
精米歩合
60%
日本酒度
+1~+2
酸度
1,6~1,7
アミノ酸度
0,85~0,95
 720ml   税込1562円



大山 純米大吟醸 「アマビエ」ラベル

蔵元スタッフが描いた、「疫病退散」の御利益があるという妖怪「アマビエ」ラベルの純米大吟醸。透明感のあるフルーティーな吟醸香、軽快ながら旨味も感じられる芯のしっかりとした味わいが特徴です。
※新型コロナウイルス感染症に対する活動を支援するため、1本につき100円を蔵元の売上金から寄付されます。
原料米
美山錦、雪女神
アルコール度
15,0~15,9%
精米歩合
麹米50%、掛米45%
日本酒度
+1,5~+2,5
酸度
1,6~1,7
アミノ酸度
1,1~1,2
720ml   税込1760円



大山 純米大吟醸 十水

昨年、「十水仕込み(とみずしこみ)」の可能性を追求するため試験醸造された「純米吟醸 十水」が、さらに米と酒質を磨き上げ「純米大吟醸 十水」にグレードアップ!従来型の仕込みよりも米の割合が2~3割ほど多い、「米10石」対「水10石」の比率で濃厚な醪を仕込む「十水仕込み」においては、原料米を磨くほど米が多く吸水するようになるため、醪を撹拌することが困難になります。蔵元では、平成22酒造年度より取り組んでいる「特別純米 十水」で培った高濃度醪の発酵管理技術の粋を尽くし、透明感のあるフルーティーな香り、濃醇な酒質の中にも柔らかくジューシーな酸味と旨味が調和する、芳醇さを兼ね備えた純米大吟醸を完成させました。
原料米
はえぬき
アルコール度
16,5%
精米歩合
50%
日本酒度
-11~-10
酸度
1,7~1,8
アミノ酸度
1,25~1,35
720ml   税込1980円



大山 槽掛け特別純米 無濾過原酒

大定番酒である「特別純米酒」のもろみを「搾り方や瓶詰めまでの工程を出品用大吟醸と全く同じ手法で処理をするとどのような味わいになるか?」という興味から生まれたお酒。「特別純米酒」のもろみを低温にてゆっくりと発酵させた後、丁寧かつスピーディーに酒袋に小分けに入れ、伝統的な槽掛け法により搾り上げました。上槽・ブレンド後、静かに澱が沈降した後の上澄みを採取し、無濾過無調整のまま瓶に生詰めし、即座にパストライザーにて瓶火入れ。酒袋を一つ一つ「槽」に掛けて丁寧に搾ったお酒は、絹のような滑らかさと深みが最大の特徴です。
原料米
はえぬき、出羽の里
アルコール度
16,5%
精米歩合
60%
日本酒度
+1,5~+2,5
酸度
1,7~1,8
アミノ酸度
1,2~1,3
720ml   税込1716円



日本名門酒会限定!
大山 特別純米生酒 くらげラベル


高め安定のクオリティとバランスのよさで毎夏人気、山形県ならではの酒米「出羽の里」を使用した特別純米生酒。「出羽の里」の上品な甘い口当たりと、山形酵母のフルーティな香りがありながら、山形NFKA酵母由来の柑橘系の香味とキリッと引き締まる後味で、夏らしい爽やかな味わいに仕上がっています。今回の限定ラベルでは、幻想的に輝きふわふわと漂うミズクラゲたちが、心癒される安らぎのひとときを演出します。
※「大山」蔵元のある山形県鶴岡市は、クラゲの展示数世界一の鶴岡市立加茂水族館(愛称:クラゲドリーム館)があり、海洋生物ファンにとっての聖地になっています。過去に閉館の危機にあった水族館を、クラゲの展示に特化することで、世界中から来場者の集まる大人気の観光スポットへと生まれ変わらせた、現・名誉館長の村上龍男氏の逆転人生は、NHKの番組で紹介されたほどです。
原料米
出羽の里
アルコール度
15,0~15,9%
精米歩合
60%
日本酒度
+1~+2
酸度
1,6~1,7
アミノ酸度
0,85~0,95
 720ml   税込1562円



日本名門酒会限定!
大山 純米大吟醸 瑞祥


搾りの時に一番旨味が溢れる「中取り」の部分だけを、杜氏の厳しい利き酒で特別に取り分け、無濾過無調整のまま瓶詰めした純米大吟醸。低温でゆっくり発酵させることで、優雅な吟醸香が漂い、上品で優しい甘味とふくよかな旨味の風韻あふれる味わいに仕上げています。さらに「瑞祥」というめでたい酒名に木箱入りで、大切な方への特別なプレゼントにもピッタリ。
原料米
美山錦
アルコール度
17,0~17,9%
精米歩合
45%
日本酒度
+0,5~+1,5
酸度
1,9~2,0
アミノ酸度
1,2~1,3
720ml   税込3300円



限定12本!
大山 純米大吟醸 無濾過生原酒


大山の「搾りたて」の最高峰となるお酒。原料米には山形県産の酒造好適米「出羽燦々」を使用。2種類の特徴が異なる山形県酵母を組み合わせることにより、洋梨系の果実のような上品で穏やかな芳香と、ジューシーな旨味が広がります。ソフトに漂う香りは料理との相性の幅を広げ、食中酒としてもオススメです。山形県を代表する「出羽燦々」特有の「柔らかく巾がある」味わいをお楽しみください。
原料米
出羽燦々
アルコール度
17,0~17,9%
精米歩合
50%
日本酒度
+2,5~+3,5
酸度
1,70~1,80
アミノ酸度
1,20~1,30
720ml   税込1925円



限定醸造
大山 特別純米 十水 無濾過生原酒


濃厚ながらも心地良い酸と甘さ、ジューシーでやわらかな膨らみのある酒質で大人気の大山「特別純米 十水」。そのしぼりたてを無濾過無調整のまま瓶に閉じ込めた「無濾過生原酒」!(通常の「十水」は上槽後アルコール度数を15度台に割水し瓶詰し、その後一度の瓶火入れで熱処理を行っています)濃厚な酒質の為、生での管理は難しいのですが、槽口でしか味わう事の出来ないよりジューシーで濃醇な旨味のある「特別な十水」をお客様に楽しんでいただきたいと、予約受注数量のみ瓶詰した限定品。
― 十水(とみず)とは ―
日本酒の仕込み配合のうち仕込水の割合を示す言葉で一つの醪に仕込む白米10石(1500kg)に対して、10石(1800L)の水<10石:10石=10割>で仕込むことを“十水仕込”といいます。この割合は江戸時代後期から末期にかけ灘地方で確立されたもので昭和30年代まで酒造りの基本形とされたものです。現代の仕込みよりも10~20%水が少ない濃厚仕込みです。
原料米
はえぬき
アルコール度
18,0~18,9%
精米歩合
60%
日本酒度
-11,5~-10,5
酸度
2,4~2,5
アミノ酸度
1,35~1,45
720ml   税込1760円



大山 特別純米 しぼりたて

毎冬人気、山形県オリジナル酒米「出羽の里」と二種類の山形酵母を用い、低温でゆっくり醸造しキメ細やかに仕上げたしぼりたて特別純米生酒。しぼりたて生酒ならではのマスカット様のフルーティで華やかな香り、口当たりソフトで後味は軽快&ドライ。ジューシーな旨味と爽やかさが調和した、飲み飽きしない見事なバランスが楽しめます。
原料米
出羽の里100%
アルコール度
16,5%
精米歩合
60%
日本酒度
+2,5
酸度
2,0
アミノ酸度
0,9
720ml   税込1562円





日本名門酒会限定!
大山 純米吟醸 幻の頒布会


6月18日に発生した山形県沖地震による約2万本の破損及び汚損で準備数量が足りなくなり、「2019年 夏の頒布会」では出荷することができなかった幻のお酒を今回限定1278本のみ発売。こちらは「平成の酵母」をコンセプトとした頒布会で販売される予定だったお酒の為、華やかな香りの「山形酵母」と穏やかな香りの「山形NF-KA酵母」をブレンドして醸した純米吟醸酒となっています。その味わいは、ほど良い香りと甘やかさ、香味のバランスが良く、ほろ苦さが後味を引き締めます。ちなみにラベルの「大山」の字は、地震で崩れたP箱や割れてしまった瓶等のコラージュになっています。また震災で割れなかったもののキャップに傷が付いてしまった「216本」には、“幸運にも地震を乗り越えた縁起の良いお酒”として、「もっけだの」シールが貼付してあります。
※もっけだの…庄内弁で「ありがとう」「すみません」等の意
原料米
出羽燦々
アルコール度
15,0~15,9%
精米歩合
55%
日本酒度
+3
酸度
1,75~1,85
アミノ酸度
1,25~1,35
720ml   税込1771円



「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017」最高金賞!
「燗酒コンテスト2014」最高金賞受賞!

大山 特別純米酒 十水


米と水を同じ割合(容量)で仕込む「十水仕込み」で醸した特別純米酒。穏やかで透明感のある吟醸香、厚みのある濃醇な味わいと後キレの良さが特徴。
― 十水(とみず)とは ―
日本酒の仕込み配合のうち仕込水の割合を示す言葉で一つの醪に仕込む白米10石(1500kg)に対して、10石(1800L)の水<10石:10石=10割>で仕込むことを“十水仕込”といいます。この割合は江戸時代後期から末期にかけ灘地方で確立されたもので昭和30年代まで酒造りの基本形とされたものです。現代の仕込みよりも10~20%水が少ない濃厚仕込みです。
原料米
はえぬき
アルコール度
15,0~15,9%
精米歩合
60%
日本酒度
-6~-7
酸度
1,7~1,8
アミノ酸度
0,95~1,05
 720ml   税込1386円
1800ml   税込2904円



大山 特別純米酒

美しさを感じさせる特徴をもってこそ個性的な酒であり、酒の美しさは“調和”であると考える大山の「個性」が最も表現されている酒です。さらりとした口当り、ほのかに漂う香りがやがて適度な旨味と甘味に一体となります。食中酒としておすすめです。60%精米の白い米からの高級な純米酒です。
原料米
はえぬき
アルコール度
15,0~15,9%
精米歩合
60%
日本酒度
+4~+5
酸度
1,4~1,5
アミノ酸度
1,1~1,2
 720ml   税込1331円
1800ml
   税込2816円



大山 本醸造生酒

地元・山形の米・水・酵母で丁寧に醸しました。フレッシュな香り、キレが良く清涼感のあるソフトな辛口。
原料米
はえぬき
アルコール度
14,0~14,9%
精米歩合
65%
日本酒度
+4,5
酸度
1,1~1,25
アミノ酸度
0,65~0,75
 720ml   税込1193円