新入荷日本酒TOPへ

オススメの地酒TOPへ

日本ワインTOPへ


リキュールTOPへ


奥の松 純米吟醸生原酒

二本松市を見下ろす安達太良山麓の大自然に抱かれた蔵元が、伝統の吟醸酵母で仕込んだ香り豊かで飲みやすい味わいの純米吟醸生原酒。華やかなリンゴやパイナップルの香り、メロンにかぶりついたような瑞々しいたっぷりの果実味、極上の旨味と綺麗な酸がバランス良く口いっぱいに広がります。アルコール度数17度台の原酒なので、ロックで楽しむのもオススメです。
原料米
コシヒカリ
アルコール度
17,0〜17,9%
精米歩合
55%
日本酒度
±0
酸度
1,5
アミノ酸度
1,0
720ml   税込1463円



奥の松 あだたら吟醸原酒

昨2018年にIWC(インターナショナル ワイン チャレンジ)のSAKE部門で、「チャンピオンサケ」の栄冠に輝いた「あだたら吟醸」の夏季限定酒(「チャンピオン・サケ」は、IWCのSAKE部門に出品された全1639銘柄の中から選ばれた各カテゴリーのトロフィー受賞酒の内、最も優れた出品酒に与えられる「世界一」の称号です)。「原酒」&「一回火入れ」の爽やかで華やかな吟醸香、滑らかながらもスッキリとした辛口。ロックでも甘味と旨味がしっかりと感じられ、夏にピッタリの爽やかな味わいが楽しめます。
原料米
めんこいな
アルコール度
17,0〜17,9%
精米歩合
60%
日本酒度
+4
酸度
1,3
アミノ酸度
非公開
720ml   税込1242円



奥の松 あだたら吟醸

地元二本松の名山、水齢40年とも言われる「安達太良山(あだたらやま)」の伏流水を使用し”毎晩飲める吟醸酒”を目指したお酒。ふくよかで爽やかな香りに滑らかな喉ごし、バランスのとれた味わいが特徴。「インターナショナル ワイン チャレンジ(IWC) 2018」でも「チャンピオン・サケ」の栄冠に輝きました!!(「チャンピオン・サケ」は、IWCのSAKE部門に出品された全1639銘柄の中から選ばれた各カテゴリーのトロフィー受賞酒の内、最も優れた出品酒に与えられる「世界一」の称号です)
原料米
あきたこまち
アルコール度
15,0〜15,9%
精米歩合
60%
日本酒度
+3,5
酸度
1,3
アミノ酸度
0,9
720ml   税込1080円



奥の松 ハニール

ハニールは地元産の原料にこだわり、会津の標高600m〜800mの山中に自生する「栃の木」の花の蜂蜜と、水齢40年と言われている「安達太良山の伏流水」を使用したミード。さらに、ハチミツ本来の味わいをしっかりと活かすためアルコールは5%に抑え、栃の木の蜂蜜由来のさっぱりとした口あたり、少々の渋みと深みのある甘さが口いっぱいに広がるよう仕上げました。 自然の恵みをそのまま生かしたハチミツの甘い香りと上品でなめらかな味わい、心地よいピュアな甘味をお楽しみください。
原材料
 水、蜂蜜、酵母
アルコール度
5%
生産地
福島県
500ml     税込3300円