マイ・エ・ケンジ・ホジソン



オーナーのケンジ・ホジソンはカナダ国籍で、2009 年に日本人の妻のマイと一緒にワインづくりを学ぶためにフ ランスへと旅立った。その以前カナダにいた当時は、ケンジは2002年からワインジャーナリストとして地元の新聞のコラムに記事を掲載したり、ワインガイドを作成したり、試飲会を開催したりしながらワインの普及に努めていた。だが、新聞で毎週ワインのコメントを書いたりする一方、彼自身が実際のワイン造りを完全に把握していないという葛藤を常に抱えていた。2005 年、探求心の強いケンジはワインを学ぶために単身で日本のココファームに入る。ココファームでは毎回ブラインドテイスティングの勉強があり、彼はそこで初めてヴァンナチュールに接する。研修は6か月間だったが、彼にとってはワインづくりの経験はもちろん、それ以上にテイステ ィングの能力を磨く格好の学び場となった。2006 年、再びカナダに戻ったケンジは、今度はブリティッシュ・コロンビア州のオカナガン地方のワイナリーで2009年まで3年間働く。この時彼は醸造責任者を任されていたが、ナチュラルとは程遠いワイン造りに疑問を感じていたこともあり、自分たちの好きなフランスワインを間近で学ぶため、2009年に妻のマイと一緒にフランスへ旅立つことを決意する。ワーキングホリデーでフランスに入った二人は、マルク・アンジェリのラ・フェルム・デ・ラ・サンソニエールの収穫に参加する。当初はワーキングホリデーのビザが切れる5月にカナダに帰り、ワイナリーを開くことを考えていたが、マルク・アンジェリの勧めもあって最終的にロワールに残ることを決意し、2010年4月ベルヴィーニュ・アン・レイヨンに1haの畑を所有しドメーヌをスタートする。
オーナーのケンジはカナダ人だが、母親が日系カナダ人であることと、以前に日本に滞在した経験もあり、英語・ フランス語以外に日本語もうまく話すことができる。また、マイもケンジと知り合う前からカナダに留学していたこともあり、英語はネイティブ並みに流暢で、2人の普段の会話は基本的に英語が中心である。現在彼らは4haの畑を2人で管理している(繁忙期は季節労働者が手伝う)。彼の所有するブドウ品種は、シ ュナンブラン、カベルネフラン、グロロー、ガメイで、樹齢の平均は40年。彼らのモットーは「テロワール、品種、ミレジム、人」をリスペクトすること。目指すものは、醸造テクニックからくる味わいを極力排除したワイン。 つまりブドウのピュアな味わいそのものを表現したワインだ。ブドウの持つポテンシャルを信じ、最高のブドウを作り上げるために畑の仕事は惜しまない。

以上輸入元資料より抜粋


新入荷ワインTOPへ

ロワールワインTOPへ


VdF ガラルノー[2016]

ワイン名はケベックの言葉で「太陽」の意味。しかし、2016年は霜の影響でブドウの成長サイクルが遅れたため、例年よりもブドウが晩熟でした。ケンジ曰く「収穫時期を限界まで待ったことと、不幸中の幸いか霜の被害によりすでにブドウの房が少なかったことで何とか完熟まで持って行けたが、それでもブドウの熟しはギリギリだった」とのこと。彼も当初は出来上がるワインにカベルネ特有のベジタルな青さが出ないか心配だったようですが、実際はブドウのフェノールが十分に熟していたおかげで、予想以上に上品で果実の甘みの乗ったエレガントなワインに仕上がりました。尚、今回は果実味を生かすために樽を使わずタンクのみで仕込んでいます。ケンジ自身もこの2016年ガラルノーのフェノール熟成から今後の品質につながる何か大きなヒントを得たよう!

750ml   税込3078円

生産地:フランス、ロワール地方
味のタイプ :赤・ミディアムボディ
アルコール度:12%
ブドウ品種 :カベルネ・フラン100%
平均樹齢 :22年〜52年
平均年間生産量 :本



VdF ラ・グランド・ピエス[2016]

2016年はグロローの他に、かつて「P’tit Luchini」の赤などにアッサンブラージュされていた樹齢45年のガメイが半分入っています。仕込みは別々ではなく、ガメイのマセラシオンの途中に収穫したグロローを加え一緒のタンクで醸造しています。マイ曰く「今回のラ・グランド・ピエスは色が明るく、味わいもガメイの特徴が良く出ている」とのこと。確かにいつもよりも香りが華やかで、味わいもとてもジューシー。果実味もピュアでフランボワーズやグロゼイユなど赤い果実が前面に出ていて早くから楽しめるワインです。

750ml   税込3186円

生産地:フランス、ロワール地方
味のタイプ :赤・ミディアムボディ
アルコール度:12%
ブドウ品種 :グロロー50%、ガメイ50%
平均樹齢 :33年
平均年間生産量 :本



VdF プティ・ルッチーニ[2015&2017]

2016年に取得し現在ビオ転換中(ビオ転換が終了する2018年からファイアの畑となる予定)の畑から今回初リリースのシュナン。ケンジ曰く「2017年は豊作で収量が取れたぶん味わいがシンプルだったので、ワインに深みを与えるため2年樽熟を経た2015年の「レ・ゾシゴアン」を20%加えた」とのこと。ちなみにワイン名はケンジの好きなヒップポップグループ「Camp Lo」の曲から取っており、Luchiniには隠語で「お金」という意味があることから「P’tit Luchini(小さなお金=小遣い)」とりあえず「ファイアになる前の小遣い稼ぎのワイン」というユーモアも名前の中に含まれています。ワインはフルーツのエキスというよりも、中身がしっかりと詰まった鉱石をイ メージさせるミネラルエキスのよう。彼らのフラッグシップであるファイアに全く引けを取らないポテンシャルがあります。

750ml   税込3186円

生産地:フランス、ロワール地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:12,5%
ブドウ品種 :シュナン・ブラン100%
平均樹齢 :60年
平均年間生産量 :本



VdF レ・ゾシゴアン[2016]

2年ぶりのリリースとなるホジソンのトップキュヴェ。2016年は霜とミルデュー、そして日照りの影響が収量に響き、2012年と並ぶ最低収量となってしまいました…。醸造も発酵が思うように終わらず、最後は2017年の発酵中のワインを少し足して終わらせました。しかし、出来上がったワインの質は高く、ピュアな旨味の中に噛み応えのあるミネラルと骨格を支える酸がぎっしりと詰まっていて余韻も長いです。まさに純粋なミネラルエキスそのものを飲んでいる感じで、ケンジ曰く「ワインはまだ出来立てなので、あと半年くらい置けばよりレ・ゾシゴアンの真価が発揮されるだろう」とのこと。

750ml   税込4104円

生産地:フランス、ロワール地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:14%
ブドウ品種 :シュナン・ブラン100%
平均樹齢 :10〜37年
平均年間生産量 :本



VdF ガラルノー[2015]

ワイン名はケベックの言葉で「太陽」の意味。その名にふさわしく2015年のカベルネは当たり年。ケンジ曰く、今までのカベルネの中でも1位2位を争う自信作で、熟成により更に美味しくなると期待しているとのこと。香りは黒い果実が中心で、ロワールのカベルネに多いピーマンのような青臭い香りは一切なく、しっかりとブドウが完熟していることを伺わせます。果実味の密度は濃いめですが、口当たりとても滑らかで、まるでグランヴァンのボルドーのような高級感があります。開けたては香りが閉じているのでカラフすることをオススメします。

750ml   税込2916円

生産地:フランス、ロワール地方
味のタイプ :赤・ミディアムボディ
アルコール度:12%
ブドウ品種 :カベルネ・フラン100%
平均樹齢 :21年〜51年
平均年間生産量 :本



VdF ファイア[2015]

2015年は太陽に恵まれた当たり年ですが、出来上がったワインはスレンダーでしっかりと酸のあるシャープな味わいに仕上がっています。樽での発酵が1年経っても終わらず、樽からファイバータンクに移してさらに8ヶ月熟成を試みました。ファイア特有の凝縮したミネラルは健在で、まだまだ底知れぬエネルギーを秘めています。開けたてはガスと還元香があるので、カラフするのがオススメです。

750ml   税込3780円

生産地:フランス、ロワール地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:13%
ブドウ品種 :シュナン・ブラン100%
平均樹齢 :31年〜101年
平均年間生産量 :本