新入荷日本酒TOPへ


亀泉 純米吟醸生原酒 高育63号

どんな干魃でも涸れない街道一の湧き水を使ったことから、万年の泉にちなみ「亀泉」と命名。地元産の原料のみを使い、社長自ら杜氏として香り高く端正な酒を醸す蔵です。こちらは高知県産米の高育63号を55%まで磨きあげ、AA-41という最近高知県工業技術センターで開発された酵母を使用した純米吟醸生原酒。バナナや南国フルーツを思わせるフルーティな香り、爽やかな酸味と旨味が調和しスッキリとした辛口の味わいは、夏に嬉しい美味しさです。
原料米
風鳴子(高育63号)100%
アルコール度
17,0〜17,9%
精米歩合
55%
日本酒度
+3
酸度
1,6
アミノ酸度
1,1
720ml    税込1815円



亀泉
純米吟醸原酒 ひやおろし 高育63号


どんな干魃でも涸れない街道一の湧き水を使ったことから、万年の泉にちなみ「亀泉」と命名。地元産の原料のみを使い、社長自ら杜氏として香り高く端正な酒を醸す蔵です。こちらは高知県産米の高育63号を55%まで磨きあげ、AA-41という最近高知県工業技術センターで開発された酵母を使用しています。味わいは落ち着いた少し香ばしい香りで、口に含んだ時に果物のバナナのようなフルーティな含み香が特徴で、一夏越してやわからな酸も心地よいです。
原料米
高育63号100%
アルコール度
16〜16,9%
精米歩合
55%
日本酒度
+4
酸度
1,5
アミノ酸度
1,0
720ml    税込1712円



亀泉 初しぼり 純米吟醸生原酒

どんな干魃でも涸れない街道一の湧き水を使ったことから、万年の泉にちなみ「亀泉」と命名。地元産の原料のみを使い、社長自ら杜氏として香り高く端正な酒を醸す蔵です。こちらの初しぼりは、高知県工業技術センターで開発された酵母CEL-24を使用していて、林檎やパイナップルを思わせる香りが特徴的。酸味と甘みが絶妙のバランスで、まるで白ワインのような味わいです。
原料米
八反錦100%
アルコール度
14%
精米歩合
50%
日本酒度
−10
酸度
2,0
アミノ酸度
1,2
720ml    税込1728円



亀泉 純米吟醸原酒 高育63号

どんな干魃でも涸れない街道一の湧き水を使ったことから、万年の泉にちなみ「亀泉」と命名。地元産の原料のみを使い、社長自ら杜氏として香り高く端正な酒を醸す蔵です。こちらは高知県産米の高育63号を55%まで磨きあげ、AA-41という最近高知県工業技術センターで開発された酵母を使用しています。味わいは落ち着いた少し香ばしい香りで、口に含んだ時に果物のバナナのようなフルーティな含み香が特徴。
原料米
高育63号100%
アルコール度
16〜16,9%
精米歩合
55%
日本酒度
+5〜+6
酸度
1,0〜1,5
アミノ酸度
1,0〜1,5
720ml    税込1706円