新入荷日本酒TOPへ

オススメの地酒TOPへ


飛良泉
山廃純米 マル飛 はま矢酵母 ひやおろし


伝統の山廃仕込みにこだわる秋田の老舗蔵「飛良泉」。「マル飛」は使用酵母由来の名前が付けられた人気シリーズ。今回は蔵付分離酵母「はま矢酵母」を使用。歴史を積み重ねた酵母の野性味ある味わいと、熟成のまろやかさを感じさせる穏やかな味わいが特徴です。

原料米
美山錦、秋田酒こまち
アルコール度
16,0〜16,9%
精米歩合
60%
日本酒度
+1
酸度
2,2
アミノ酸度
1,41
720ml    税込1728円



飛良泉 大吟醸 槽場 選り抜き

精米歩合35%〜40%の酒造好適米で仕込んだ「大吟醸」と「純米大吟醸」の“責め”の部分を選り抜きしブレンドした日本名門酒会オリジナル商品です。大吟醸、純米大吟醸の風格はそのままに、華やかな香りとふくよかな旨味が特徴的です。キンキンに冷やしても旨味が充分にあり、この季節はロックもおすすめです。
原料米
酒造好適米
アルコール度
16,0〜16,9%
精米歩合
40%
日本酒度
±0
酸度
1,3
アミノ酸度
720ml    税込1543円



飛良泉
山廃純米 マル飛No77 限定生酒


伝統の山廃仕込みにこだわる秋田の老舗蔵「飛良泉」。「マル飛」は使用酵母由来の番号が付けられた人気シリーズ。今回は多酸性酵母「No.77」を用い、リンゴ酸量が多く従来の清酒のイメージを打ち破る白ワインのように爽やかな酸味と甘味が印象的なお酒。生酒ならではのフレッシュな味わいです。

原料米
美山錦、秋田酒こまち
アルコール度
15,0〜15,9%
精米歩合
60%
日本酒度
−22
酸度
4,2
アミノ酸度
720ml    税込1728円



飛良泉
山廃純米 マル飛 はま矢酵母 限定生酒


伝統の山廃仕込みにこだわる秋田の老舗蔵「飛良泉」。「マル飛」は使用酵母由来の番号が付けられた人気シリーズ。今回の「はま矢酵母」は本蔵の上棟式に供えた「破魔矢」から採取した蔵付酵母で、軽快で心地良い香りと柔らかでふくよかな酸が特徴。伝統の山廃仕込みと、歴史を積み重ねた蔵付酵母の野性味ある味わい、生酒ならではのフレッシュさを思う存分にお楽しみ下さい。

原料米
美山錦、秋田酒こまち
アルコール度
16,0〜16,9%
精米歩合
60%
日本酒度
±0
酸度
アミノ酸度
1,2
720ml    税込1728円



飛良泉 純米大吟醸 1801

室町時代中期、1487年創業の日本で三番目に古い蔵元「飛良泉」が醸す新たな純米大吟醸シリーズ。遠田杜氏自らが栽培した「秋田酒こまち」を統一で使用し、酵母(4種)を変え、その飲み比べを楽しんでいただきたい、というコンセプトで造られました。それぞれの酵母の個性が楽しめ、しかもリーズナブル。「1801」はリンゴのような果実味溢れる華やかな吟醸香、上品でふくらみのある優しい味わいです。

原料米
秋田酒こまち
アルコール度
16,0〜16,9%
精米歩合
50%
日本酒度
−1
酸度
1,4
アミノ酸度
0,9
720ml    税込1620円



飛良泉 純米大吟醸 IYAPU−3

室町時代中期、1487年創業の日本で三番目に古い蔵元「飛良泉」が醸す新たな純米大吟醸シリーズ。遠田杜氏自らが栽培した「秋田酒こまち」を統一で使用し、酵母(4種)を変え、その飲み比べを楽しんでいただきたい、というコンセプトで造られました。それぞれの酵母の個性が楽しめ、しかもリーズナブル。「IYAPU−3」は秋田県立大学(APU=Akita Prefectual University)の岩野教授(I)と横山教授(Y)が開発した新酵母で、穏やかで落ち着いた香りと、キレのある味わいが特徴です。

原料米
秋田酒こまち
アルコール度
16,0〜16,9%
精米歩合
50%
日本酒度
−1
酸度
1,7
アミノ酸度
0,8
720ml    税込1620円



飛良泉 純米大吟醸 はま矢酵母


室町時代中期、1487年創業の日本で三番目に古い蔵元「飛良泉」が醸す新たな純米大吟醸シリーズ。遠田杜氏自らが栽培した「秋田酒こまち」を統一で使用し、酵母(4種)を変え、その飲み比べを楽しんでいただきたい、というコンセプトで造られました。それぞれの酵母の個性が楽しめ、しかもリーズナブル。「はま矢酵母」は、本蔵の上棟式に供えた「破魔矢」から採取した蔵付酵母。軽快で心地良い香りと柔らかでふくよかな酸有り。
原料米
秋田酒こまち
アルコール度
16,0〜16,9%
精米歩合
50%
日本酒度
−2
酸度
2,1
アミノ酸度
1,0
720ml    税込1620円



飛良泉 純米大吟醸 1901


室町時代中期、1487年創業の日本で三番目に古い蔵元「飛良泉」が醸す新たな純米大吟醸シリーズ。遠田杜氏自らが栽培した「秋田酒こまち」を統一で使用し、酵母(4種)を変え、その飲み比べを楽しんでいただきたい、というコンセプトで造られました。それぞれの酵母の個性が楽しめ、しかもリーズナブル。「1901」は、華やかな果実香と大吟醸ながら幅がある味わいが見事に調和。軽快な酸が心地良く口中に広がります。
原料米
秋田酒こまち
アルコール度
16,0〜16,9%
精米歩合
50%
日本酒度
−1
酸度
1,7
アミノ酸度
0,8
720ml    税込1620円