フェルム36


Ferme 36 (フェルム・サンロク)
2014年春、私どもは長野県大町市平新郷(たいらしんごう)に移住し、葡萄の苗を植え始めました。毎年植栽を重ね、現在160aの圃場に約4,000本の葡萄の木が育っています。親子3人が暮らしていける身丈程の農業、100年後の子供達に誇りをもって引き継ぐことのできる農業を実践できれば幸いです。大町のポテンシャルにほれ込んでいます。ワイン造りを通して大町の味を引き出すことが生涯のテーマです。戦後間もない昭和20年代、松林や雑木林だったこの地が開拓されました。先人による想像を絶するご苦労の賜物として農地が生まれました。今では、あたかも大昔からそうであったような田園風景がひろがります。私たちは彼らの開拓魂を引き継ぎ、この大地に立たせていただきます。
「Remerciements」の由来
ワインは、ぶどうから。ぶどうは、天候、大地、人から土地固有の味が育まれます。2017年植栽4年目にして初めての収穫、2018年は2度目のヴィンテージとなりました。天地はもとより、大町にゆかりのない私どもを受け入れてくださった地元の皆様、葡萄を栽培する過程においてご助力をいただいた皆様に心からの「感謝」という意味を込めて、「Remerciements(ルメルシマン)」と名付けました。自然を相手にする農業は、人事を尽くしてなお、思い通りにいかないものです。大きな自然の力をいただき寄り添い生きること。どんなに文明が進歩しても「祈り、感謝する」気持ちを持ちたい、そんな願いもをこめて・・・

以上生産者資料より抜粋


新入荷ワインTOPへ

日本ワインTOPへ


お一人様1本限定!
スタンプ3個必要です

山のヴァンせ[2020]


ワイン名は岳都「大町」ならではの枕詞「山の」に、「ヴァン(Vin)」はワイン、そして「せ」は大町の方が言葉尻に付けるそうです(標準語の「・・・ね」的な)。ブドウは「大町ワインぶどう生産組合」が栽培したシャルドネを100%使用し、ホールバンチプレス(全房搾汁)を行い野生酵母でゆっくりと発酵。発酵終盤に王冠瓶詰し「メトード・アンセストラル」で仕上げた「にごり微発泡ヌーヴォー」!(SO2は搾汁時に極少量使用していますが無清澄・無濾過)。まるで発酵中のようなライブ感、フレッシュでピュアな果実味が楽しめます。飲み進めると澱が混入しますが、味の変わりゆく様もこのワインの面白さです。

※2020は野生酵母が元気な為、吹きこぼれにご注意下さい。
750ml   税込2860円

生産地:日本、長野県、大町市
味のタイプ :微発泡白・辛口
アルコール度:12%
ブドウ品種 :シャルドネ100%
平均樹齢 : 年
平均年間生産量 :1353本



お一人様1本限定!
スタンプ3個必要です

ルメルシマン[2020]


メルロー、カベルネ・フラン主体に自社栽培ブドウを100%使用した微発泡の赤。品種・区画ごとに熟期を見極めながら収穫し、大町市社会福祉協議会障がい福祉サービス事業「ひまわりの家」、「すずらん」、近所の障がい福祉サービス事業所「ばいはるちゃにみとろ」、地元の皆さんが一粒一粒手で除梗し、野生酵母でゆっくりと発酵。ルモンタージュとピジャージュを行いながら丁寧に果皮の風味を抽出した後、プレスしアッサンブラージュ。発酵終盤に王冠瓶詰し「メトード・アンセストラル」で仕上げた「にごり微発泡ヌーヴォー」!(SO2無添加、無清澄・無濾過)。まるで発酵中のようなライブ感、フレッシュでピュアな果実味が楽しめます。飲み進めると澱が混入しますが、味の変わりゆく様もこのワインの面白さです。

※※2020は野生酵母が元気な為、吹きこぼれにご注意下さい。
750ml   完売

生産地:日本、長野県、大町市
味のタイプ :微発泡赤・辛口
アルコール度:11,2%
ブドウ品種 :メルロ78,3%、カベルネ・フラン19,5、その他2,2%
平均樹齢 : 年
平均年間生産量 :559本



店頭販売のみ
お一人様1本限定!(スタンプ4個必要です)

ルメルシマン・ブラン[2019]


―以下生産者資料より抜粋―
ヴィラディストワイナリー醸造責任者小西超氏による委託醸造期間(2017、2018)に確立した混醸白ワイン。品種の個性が互いを補完し合い、高め合い、総体としてテロワールを表現するスタイルが気に入っています。北海道岩見沢市栗沢町の中澤夫妻がつくる「栗沢ブラン」に対する憧憬がヴィニュロンを決意した大きな要因の一つでした。自家醸造になり、品種ごとに収穫、搾汁を行い、野生酵母による発酵をこころみたこと、発酵中にアッサンブラージュを行ったことが委託醸造時代との相違点となります。

※今回「ルメルシマン」の赤は入荷量がとても少量なので、店頭での販売はありません)
750ml   完売

生産地:日本、長野県、大町市
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:13,4%
ブドウ品種 :シャルドネ45,8%、ソーヴィニヨン・ブラン31,3%、ピノ・グリ7,7%、ゲヴュルツトラミネール7,1%、シュナン・ブラン3,3%、シルヴァーナ2,2%、その他2,6%
平均樹齢 : 年
平均年間生産量 :1077本



お一人様1本限定!(店頭販売のみ)
お電話での在庫確認はご遠慮ください!


ルメルシマン・ブラン[2018]


―以下生産者資料より抜粋―
2017年と同様に、日本屈指の醸造家ヴィラデストワイナリー小西超(とおる)氏による醸造(委託醸造)。全ての品種を1回のプレスに投入し、混醸となりました。品種の個性というよりも、総体として土地固有の味「テロワール」が現れることを期待します。2018年9月25日、全品種を房ごと搾汁。培養酵母による発酵。発酵および貯蔵の容器はステンレスタンク。発酵後、瓶詰直前まで澱の上で貯蔵(シュールリー)。清澄なし。2019年4月26日、無ろ過にて瓶詰。
「白用、赤用様々なブドウを原料としているので、多様なニュアンスが感じられる。しっかりとしたボディが感じられるワインなので、ある程度熟成してから実力を発揮するワインなのではないでしょうか。」(小西氏からのコメント)

750ml   完売

生産地:日本、長野県、大町市
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:11,9%
ブドウ品種 :シャルドネ38%、ソーヴィニヨン・ブラン24,9%、ツヴァイゲルトレーベ8,5%、ピノ・ノワール8,5%、ピノ・グリ7,6%、ゲヴュルツトラミネール5,2%、シュナン・ブラン3,4%、シルヴァーナ2%、その他1,9%
平均樹齢 : 年
平均年間生産量 :1111本