フォン・シプレ(旧シャソルネイ・デュ・スッド)


ドメーヌの当主であるレティシアは(写真右)、2004年に父親と一緒にシャトー・フォン・シプレを立ち上げる。2005年、夫ロドルフ・ジャネジニ(写真左)を通じてフレデリック・コサールと知り合い、シャソルネイ・デュ・スッドのコラボワインをリリースする。2人はフレデリック・コサールの教えを習得しつつ、徐々に独自のスタイルを確立して行く。そして2018年フレッドとのコラボを卒業し、フォン・シプレとしてS、Gをリリース。

以上輸入元資料より抜粋


ラングドック&ルーションワインTOPへ


VdF シプレ・ド・トワ・ブラン[2019]

以前はドメーヌのグルナッシュ・ブランで仕込んでいましたが、年によって収量が安定せず需要が追い付かないため、2018年からネゴスのシャルドネで造ることになったシプレ・ド・トワの白。2回目のリリースとなる2019年は収量に恵まれた当たりで、ブドウも腐敗のないきれいな状態のまま収穫。発酵の勢いも良く、10℃に冷やしたジュースから発酵を始めたところ、僅か15日間で終了。ロドルフ曰く「翌年の1月にはすでに瓶詰めできるくらいまでワインが安定していた」とのこと。味わいは2018年同様シンプルかつフレッシュ&フルーティー。それでいて清涼感のある今回のワインは、ラングドックのシャルドネというよりもまるでマコンのような洗練さがあり、さらにこれがSO2無添加・ノンフィルターだから本当にすごい!

750ml   税込2530円

生産地:フランス、ラングドック&ルーション地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:13,5%
ブドウ品種 :シャルドネ100%
平均樹齢 :21年
平均年間生産量 :



VdF ル・ブラン・デ・ガレンヌ[2019]

前年はグルナッシュ・ブラン主体でしたが、今回はグルナッシュ・ブランがミルデューによる花流れで収量が取れず、2016年同様相対的にヴィオニエが主体となっています。また、前年まで樽発酵・熟成を行っていましたが、今回は新しく温度管理のできるステンレスタンクを使用し、18〜20℃の低温下で発酵を終わらせてから樽熟成をいました。出来上がったワインは、南のワインとは思えないグレープフルーツのような柑橘系のフレッシュさがあり、とてもAlc.14%とは思えない清涼感があります。それだけミネラルが強い証拠ですが、同時に背後に黒子のように隠れている強かな酸もタイトなワインの味わいに一役買っています。このグレー プフルーツのような柑橘系の苦みと塩気のある旨味、そしてアルコール度数と反比例した清涼感は、まさにナチュラルなソルティードック!

750ml   税込3630円

生産地:フランス、ラングドック&ルーション地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:14%
ブドウ品種 :ヴィオニエ60%、グルナッシュ・ブラン30%、ルーサンヌ10%
平均樹齢 :15年
平均年間生産量 :



VdF シプレ・ド・トワ・ルージュ[2019]

エチケットは2018年から友人のイラストレーター「オリヴィエ・ベルト」の描いたデザインに変更。グラスワインを片手に星を眺める男のシンプルな絵が描かれていますが、ワイン名となっている「フォン・シプレはあなたのワイン!」と「Si pres de toi?(隣りに居ていい?)」の掛詞の意味が、遠い星からワインが注がれることでつながるイメージとなっています。2019年は、グルナッシュ、シラーに加え新たにカリニャンがアッサンブラージュ。カリニャンの仕込みには定評のあるフォン・シプレが今回カリニャンをアッサンブラージュしたと聞き期待していましたが、結果的に期待を上回る進化に驚きの一言。ワインはスマートかつコクのある果実の凝縮味に上品なストラクチャーがあり、ジェネリックワインとは思えない風格が感じられます。また、控えめでキュートな酸が果実の凝縮味に隠れるミネラルとタンニンを引き上げ、味わいに絶妙なハーモニーと複雑さを与えています。2018年も完成度が高かったのに、2019年はカリニャンを加えることでさらに洗練された感が!

750ml   税込2530円

生産地:フランス、ラングドック&ルーション地方
味のタイプ :赤・ミディアムボディ
アルコール度:13,5%
ブドウ品種 :グルナッシュ60%、カリニャン30%、シラー10%
平均樹齢 :17年
平均年間生産量 :



VdF プルミエ・ジュ[2019]

ワイン名は、グルナッシュのセニエの際に流れる最初のフリーランジュースからヒントを得て「Premier jus(最初のジュース)」と命名。レティシア自身、このプルミエ・ジュを2015年から造り続け、発酵が終わったばかりのワインが一番みずみずしく美味しいということを毎回感じていたようで、今回のプルミエ・ジュは「プリムール」にこだわりました。元々のコンセプトがヴァン・ド・ソワフなのだから、いっそのこと出来立ての一番美味しい状態をそのまま瓶に詰めようと、熟成期間を1ヶ月に縮めました。フランス国内では11月のボージョレー・ヌーヴォー解禁前にリリースされていたそうですが、日本では他のキュヴェと一緒にオーダーする都合上、1年瓶熟された状態でリリースすることに。それでも出来上がったワインは、ピュアかつ果実味がとても爽やかでプリムールらしさが全開に出ています。また、クランベリーのようなジューシーなエキスに、ほんのりビターなミネラルと繊細な酸がバランスよく溶け込み心地よい喉越し。このピュアで「Croquant(パリッとした)」な果実味と滋味豊かなミネラルのコントラストが何ともたまりません。レティシア曰く「トマトの煮込やトマトファルシなどトマトを使った料理との相性が抜群」とのこと。

750ml   税込2530円

生産地:フランス、ラングドック&ルーション地方
味のタイプ :赤・ミディアムボディ
アルコール度:12,5%
ブドウ品種 :グルナッシュ70%、カリニャン30%
平均樹齢 :24〜72年
平均年間生産量 :



VdF G [2019]

キュヴェ「G」は「グルナッシュ」の頭文字から名づけられており、コンセプトは「骨格のある華やかなワイン」「SO2無添加」「軽くフィルター有り」です。2018年から「フレデリック・コサール」とのコラボを卒業し「フォン・シプレ」の単独名義でリリースすることになりました(ワインのコンセプトは変更なし)。2019年は収量が60hL/haと大豊作で、ワインはプルーン、カシス、干しイチジク、シソ、ユーカリ、アーモンドの香り。滑らか且つジューシーで、甘みとコクのある豊潤な果実味に洗練されたミネラルと繊細でキメの細かいタンニンがきれいに溶け込んでいます。

750ml   税込2200円

生産地:フランス、ラングドック&ルーション地方
味のタイプ :赤・フルボディ
アルコール度:14%
ブドウ品種 :グルナッシュ100%
平均樹齢 :39年
平均年間生産量 :



VdT キュベS[NV](2008)

キュヴェ「S」は(シラー)Sの頭文字。フレデリックのSのコンセプトは「繊細かつ豊かでリッチな味わい!」ミントやスミレ、漢方やタイムなどのハーブの香り。味わいは滑らかで調和のとれた厚みとコクもある。アフターはスパイシーだが、とても洗練されている。

750ml   税込1890円

生産地:フランス、ラングドック&ルーション地方
味のタイプ :赤・フルボディ
アルコール度:13,5%
ブドウ品種 :シラー100%
平均樹齢 :30年
平均年間生産量 :



VdT キュベSG[NV](2008)

キュヴェ「SG」は(グルナッシュ)Gと(シラー)Sの頭文字を合せたもの。コンセプトはSとGの昇華から生まれるアッサンブラージュの奇跡!ミントやカシス、タイム、レンズ豆のような香りもある。味わいはミネラリィで、繊細な酸と果実味とのバランスもよく、アフターに目の細かいタンニンの収斂味が残る。

750ml   税込1890円

生産地:フランス、ラングドック&ルーション地方
味のタイプ :赤・フルボディ
アルコール度:14,5%
ブドウ品種 :シラー40%、グルナッシュ60%
平均樹齢 :30〜130年
平均年間生産量 :