フォン・シプレ(旧シャソルネイ・デュ・スッド)


ドメーヌの当主であるレティシアは(写真右)、2004年に父親と一緒にシャトー・フォン・シプレを立ち上げる。2005年、夫ロドルフ・ジャネジニ(写真左)を通じてフレデリック・コサールと知り合い、シャソルネイ・デュ・スッドのコラボワインをリリースする。2人はフレデリック・コサールの教えを習得しつつ、徐々に独自のスタイルを確立して行く。そして2018年フレッドとのコラボを卒業し、フォン・シプレとしてS、Gをリリース。

以上輸入元資料より抜粋


新入荷ワインTOPへ

ラングドック&ルーションワインTOPへ


VdF G [2018]

2018年はグルナッシュにとって試練の年で、開花の時期にミルデューが蔓延し4割のブドウが被害に遭いました。醸造面でもアルコール度数が高いゆえに発酵が中々終わらず、結局6ヶ月を要しました。途中マロラクティック発酵がアルコール発酵の前に終わるというリスクを負いましたが、熟成中スーティラージュを行いタンクを移し変える等しながら何とかボラティルの上昇を抑えました。出来上がったワインはアルコール度数が14.5%もありながら、果実味がとてもジューシーでエレガント。ちなみにロドルフは夏の間はこの「G」を氷の入ったバケツに冷やして飲むそう。「キンキンに冷やしてアペリティフから始まり、ワインの温度が上がってくる頃に食事と一緒に飲むのがパーフェクト!」と彼は言います。後味にキメの細かいタンニンの収斂味がありますが、確かに彼の言う通り温度を低めに冷やして飲んでも美味しい!

750ml   税込2145円

生産地:フランス、ラングドック&ルーション地方
味のタイプ :赤・フルボディ
アルコール度:14,5%
ブドウ品種 :グルナッシュ100%
平均樹齢 :35年
平均年間生産量 :



VdT キュベS[NV](2008)

キュヴェ「S」は(シラー)Sの頭文字。フレデリックのSのコンセプトは「繊細かつ豊かでリッチな味わい!」ミントやスミレ、漢方やタイムなどのハーブの香り。味わいは滑らかで調和のとれた厚みとコクもある。アフターはスパイシーだが、とても洗練されている。

750ml   税込1890円

生産地:フランス、ラングドック&ルーション地方
味のタイプ :赤・フルボディ
アルコール度:13,5%
ブドウ品種 :シラー100%
平均樹齢 :30年
平均年間生産量 :



VdT キュベSG[NV](2008)

キュヴェ「SG」は(グルナッシュ)Gと(シラー)Sの頭文字を合せたもの。コンセプトはSとGの昇華から生まれるアッサンブラージュの奇跡!ミントやカシス、タイム、レンズ豆のような香りもある。味わいはミネラリィで、繊細な酸と果実味とのバランスもよく、アフターに目の細かいタンニンの収斂味が残る。

750ml   税込1890円

生産地:フランス、ラングドック&ルーション地方
味のタイプ :赤・フルボディ
アルコール度:14,5%
ブドウ品種 :シラー40%、グルナッシュ60%
平均樹齢 :30〜130年
平均年間生産量 :