フランスその他の地域のワインTOPへ

ブルゴーニュワインTOPへ


ロロン マコン・ヴィラージュ リフト71 [2017]

ステンレスタンクにて醗酵・熟成し、醸造・瓶詰ともにSO2無添加で仕上げたマコン・ヴィラージュ。「リフト」は地殻に伸張作用が働いてできた形状を指す地質学用語で、「71」はフランスの地方行政区画番号。この地がかつて海だったことに由来し名付けられました。桃やパイナップルなどの果実香にナッツや乾いたハーブの香り、口中ではクリーンな酸味とサラサラとしたミネラル感が広がり、膨よかな柑橘系の果実味とのバランスが良い優しい味わいのワインです。
―以下リアルワインガイド68号より抜粋―
ラベルだけ見ると、ブルゴーニュっぽくないけれど、大手ネゴシアンが造るレッキとしたマコン・ヴィラージュ。口当たりはやんわりと優しく、マコンらしい厚みのある果実味はほんのり甘くてとろみがある。だけど、酸とミネラルが負けないくらい盛り込まれているので、立体感があるしフレッシュさが際立つ。いつまででも飲んでいられそうな質感の良さと、味わいバランスの良さが魅力。マコンには魅力的なワインがまだまだある。(今飲んで88 ポテンシャル88+)※掲載ヴィンテージは2009年
750ml   税込2200円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:13%
ブドウ品種 :シャルドネ100%
平均樹齢 :
平均年間生産量 :本



ロロン ピノ・ノワール[2019]

ルイ・ジャドの筆頭株主としても知られるネゴシアン「ロロン」がオーヴェルニュ地方のピノ・ノワール100%で造る赤。栽培は全てリュット・レゾネで、熟成に樽は使用しない為、とてもピュアでピノ・ノワールの味わいがストレートに感じられます。フレッシュな赤系果実の香りとチャーミングな酸が特徴的で、果実のボリューム感もちょうど良くバランスの良い味わいに仕上がっています。
―以下リアルワインガイド60号より抜粋―
なんと言ってもこの味わいでこの価格が出せるのは大手ネゴシアンの最大の強み!カシス、ラズベリー、赤すぐりをブレンドした甘酸っぱい果実のジュースのよう。開栓直後は、底辺にピシッとしっかりとあるタンニンが前に出てくるので抜栓は早めがおすすめ(種まきカレンダーの日にはよりますが、、、)。チェリーやグミのジューシーさを持つ赤で、全体はエレガントですがちょっとチャーミング系が入るのは、オーヴェルニュのピノ・ノワールだからかしら。(今飲んで88 ポテンシャル88+)※掲載時はノンヴィンテージ
750ml   税込1485円

生産地:フランス、オーヴェルニュ地方
味のタイプ :赤・ミディアムボディ
アルコール度:13%
ブドウ品種 :ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :
平均年間生産量 :本