ドイツワインTOPへ


リアルワインガイド76号「旨安賞」受賞!
ヴァインライヒ グラウ[2020]

2009年から「ヤン・ヴァインライヒ」「マルク・ヴァインライヒ」の兄弟で醸造所を運営し、所有するブドウ畑はトータルで20ha。管理する畑の98%でオーガニックを実践し、醸造においても大部分がブドウ畑由来の酵母を生かした自然発酵です。こちらはグラウアーブルグンダー(ピノ・グリ)100%の白で、果実の厚みと素直な酸のメリハリ、密度も十分なワインです。

―以下リアルワインガイド76号より抜粋―
色調は透明感のあるグリーンゴールド、香りはオレンジの花と完熟した柑橘類です。ヴィンテージが2020年という事もあり、舌の上に少しだけ発泡を感じるでしょうか。興味深い点ですが、香りはオレンジなのに味わいはグレープフルーツで、そのギャップがとても楽しいワインかと思います。時間の経過で果実味の強さが増していき、本来のポテンシャルが出てきます。この品質ならば少し熟成させた方が絶対に美味しいと思いますので、私からは複数本の購入をお勧めします。。(今飲んで88+ ポテンシャル89)
750ml   
税込2090円

よりどり2本で3190円対象

生産地:ドイツ、ファルツ地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:12,5%
ブドウ品種 :グラウアーブルグンダー(ピノ・グリ)100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :

カートをみる