「月の桂」 増田徳兵衛商店 (京都府)



「月の桂」は創業1675年、伏見で300年余の最も古い歴史を持つ蔵元です。京から大阪や西国の地へ赴くお公卿さん達の中宿もつとめた由緒ある旧家であり、石清水八幡宮への勅使が参向される途中、この家で休まれた折に詠まれたという歌が残されています。“かげ清き月の嘉都良の川水を夜々汲みて世々に栄えむ”月の桂という銘はこの姉小路有長というお公卿さんの命名によるものです。伏見で酒造が盛んになったのは秀吉の時代から以後屈指の名醸地として今に至っています。


新入荷日本酒TOPへ

オススメの地酒TOPへ


月の桂 ブランシェ

「ブランシェ」はフランス語で「新しい」という意味。京都市産業技術研究所が開発した清酒酵母「京の恋(№51)」と京都産の「山田錦」を使用し、杜氏が丹精込めて発酵を管理することで新たな味わいの酒に仕上がりました。甘い香りとすっきりとした酸味は初恋を思い出させます。日本酒ですが、ハーブやオリーブオイルを使った料理やチーズにも合う香味。新しい感性の「月の桂」をお楽しみ下さい。
原料米
山田錦(京都府産)
アルコール度
16,0~16,9%
精米歩合
60%
日本酒度
+1
酸度
1,7
アミノ酸度
1,0
720ml   税込2200円



月の桂 祝80%純米

お米たっぷり純米酒。敢えて高精白は避けて、米本来の旨みと滋味を醸し出すため80%精米で低温長期もろみで醸しました。キリリとした気品ある味わいと、酸味のバランスがとてもよく、食中酒として飲み飽きしない。燗をつけても一層深みが増します。
原料米
アルコール度
16%
精米歩合
80%
日本酒度
+5
酸度
1,7
アミノ酸度
1,4
720ml   税込1512円



月の桂 本醸造「中汲みにごり酒」

酒の博士「坂口謹一郎」先生の薦めで開発され、1964年に日本で初めて登場した元祖「米のシャンパン」です。フルーティーな香り、爽やかな酸味、心地よい喉ごし、炭酸のしっかりとした刺激とトロッとした口当たりが面白いお酒です。熱殺菌しない本物の活性にごり酒をお楽しみ下さい。
原料米
(麹)五百万石、(掛)日本晴
アルコール度
17,2%
精米歩合
60%
日本酒度
-3~0
酸度
1,5
アミノ酸度
1,3
720ml   税込1404円