シャトー・スミス・オー・ラフィット


シャトーの歴史は1365年、ボスク家がこの地でブドウ栽培を始めたことに遡ります。その後18世紀に、現在のシャトー名の由来となるスコットマン・ジョージ・スミス氏がシャトーを購入します。1842年、当時のボルドー市長であるDubergier氏がシャトーを引き継ぎ、偉大な格付けワインにふさわしいレベルまでワインの品質を高めました。1958年には、スミス・オー・ラフィットの素晴らしい品質に魅了されたルイ・エシェノエール社がシャトーオーナーとなります。

そして1990年、シャトーにとっての革命期が訪れます。この年、スミス・オー・ラフィットのワインに魅せられた現オーナー、ダニエル・カティアール氏の手にワイナリー経営は委ねられます。彼は、最先端のワイン醸造技術と伝統的な手法を融合させた新しいスタイル ― 有機肥料、環境保全型のワイン造り、小さい木製の発酵タンク、澱引きをしないで樽で寝かせる、等 ― を確立させ、名実ともにボルドートップクラスのワイナリーへと昇格したのです。

以上輸入元資料より抜粋


ボルドーワインTOPへ


レ・オー・ド・スミス・ルージュ[2012]

苗から樽まで全て自社製にこだわり名実ともにボルドートップクラスのワイナリーへと昇格したスミス・オー・ラフィット。こちらのワインは「セカンドとしてではなく、"レ・オー・ド・スミス"という一つの完成されたワインとして、グランヴァンと同じ考えで造りたいから」と畑、セラー共にセカンド専用。その成果もあり「レヴュ・ド・ヴァン・ド・フランス誌」において、1級シャトーやスーパーセカンド達を抑えボルドー2012年の全セカンドワインの中で第4位!
750ml   税込4266円

生産地:フランス、ボルドー地方、グラーヴ地区
味のタイプ :赤・フルボディ
アルコール度:13,5%
ブドウ品種 :メルロー55%、カベルネ・ソーヴィニョン45%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :110000本



シャトー・スミス・オー・ラフィット・ブラン[2002]

(ワインアドヴォケイト誌 
93点)
750ml   税込6380円

生産地:フランス、ボルドー地方、グラーヴ地区
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:13,36%
ブドウ品種 :ソーヴィニョンブラン90%、セミヨン5%、ソーヴィニョン・グリ5%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :本