新入荷ワインTOPへ

ドイツワインTOPへ


シュロス・ゾンマーハウゼン ゾンマーハウザー・シュタインバッハ シルヴァーナ エアステ・ラーゲ [2018]

ドイツ最高峰の職人集団「VDP」の一員にして、フランケン地方で3本の指に入る注目の造り手「シュロス・ゾンマーハウゼン」。こちらは、傾斜45度で太陽光とマイン河の反射熱により夏は地表温度が55℃にまで上るという1級畑「シュタインバッハ」(「夏の家」という意味)で栽培される、フランケン地方を代表する品種シルヴァーナ100%で造る白。貝灰石灰質土壌のミネラル感を写し取ったワインには、どこまでも透明感があり、シンプルなシルヴァーナとは一線を画す伸びやかで程良い重さがあります。熟した梨やアンズを想わせるピュアな果実味やハーブ香も特徴で、つい次の一杯が欲しくなる味わいです。

750ml   税込2475円

生産地:ドイツ、フランケン地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:13%
ブドウ品種 :シルヴァーナー100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :3500本