ヘラー醸造所


ドイツ南部・9世紀からの歴史の深いバンベルグ(BAMBERG)は、旧市街地がすべてユネスコ世界文化遺産に指定されており、「小さなベニス」と呼ばれる大変美しい町です。この町でのみ醸造されるラオホ(=ドイツ語で“煙”の意)・ビアの中でも代名詞的な存在なのが、このシュレンケルラです。1678年からの歴史を持つヘラー醸造所は、現在は5代目によってその伝統が受け継がれ、今もモルト造りから醸造にいたる全ての工程で手間ひまを存分にかけて歴史と伝統がその風味の中に活かされています。
燻製(ラオホ)ビールという通り、燻(いぶ)したようなスモーキーな独特のアロマ風味が口に広がり、それが不思議とすっきりした味わいで、飲むほどに口に馴染み、一旦好きになるともう病みつきになる程の魅力があります。大麦麦芽の焙煎には、3年間寝かせて乾かした地元フランケン地方の森のブナを燃料に使い、1日以上かけて燻します。なぜモルトを燻製にしたのかは、その昔ビールを醸造していた修道院が火事になり、せっかくのモルトが煙でくすぶってしまい茶色に変色したが、捨てるのがもったいなかったので、そのまま使用して造ったビールが今までにない素晴らしい味わいだった = これがラオホ・ビアの始まりといわれています。
ちなみにシュレンケルラの語源は、フランケン地方の古い云いまわしで「千鳥足」。昔ある1人の醸造士がビールの飲み過ぎで風変わりな歩き方をしていてそう呼ばれていたことから由来し、その姿は王冠のデザインとなっています。

以上輸入元資料より抜粋


新入荷ビールTOPへ

ドイツビールTOPへ


シュレンケルラ ラオホ ウルボック 容   量 500ml
ボックタイプの燻製ビール
毎年10月〜12月にかけて、アルコール度数の高いビールの需要が高まるシーズンに販売される限定のウルボックタイプ。メルツェンと同様にブナの木で燻したシュレンケルラの自家製焙煎モルトを100%使用し、昔から変わらぬ手法で岩に囲まれた地下室で数か月間熟成します。メルツェンと比べるとアルコール度数が高く、より厚みのある複雑な味わいを楽しめます。
アルコール 6,5%
原材料 麦芽、ホップ
タ イ プ ラオホビア
価   格 税込680円



シュレンケルラ ラオホ ヴァイツェン 容   量 500ml
燻製ヴァイツェン
燻製した大麦麦芽と未燻製の小麦麦芽を使用している珍しいスタイル。燻製のしっかりとした香りに小麦のフルーティーで華やかな香りが心地よい、味わい深いビールです。
アルコール 5,2%
原材料 麦芽(大麦、小麦)、ホップ
タ イ プ ラオホビア
価   格 税込659円



シュレンケルラ ラオホ メルツェン 容   量 500ml
病みつき燻製ビール
ラオホという言葉はドイツ語で煙とか燻すといった意味ですが、その名にふさわしく、地元フランケン地方のブナの木でスモークしたモルトを使用したビール。南ドイツはバンベルグのみで醸造されるこの燻製ビール、老舗シュレンケルラ社が独自の製法でひときわ個性的な風味に仕上げています。スモーキーな香り、ローストした麦芽の甘みが特徴ですが、ホップの苦味は少な目なので口当たりソフト。個性的な味なので慣れない方には焦げ臭く感じるかも知れませんが、慣れてしまうと病みつきになる事間違いなし!
アルコール 5,1%
原材料 麦芽、ホップ
タ イ プ ラオホビア
価   格 税込648円



シュレンケルラ ラオホ レント 容   量 500ml
燻製麦芽+非燻製麦芽
通常のラオホとは違い、燻製した麦芽と燻製していない麦芽をブレンドして造られるビール。外観の赤褐色も鮮やかで、無濾過の豊かなモルト風味が優しい仕上がりになっています。ちなみにレント(lent)はキリスト教で復活祭までの数週間を意味し、節制(祈り・断食・慈善)が行われる期間の意。
アルコール 5,2%
原材料 麦芽、ホップ
タ イ プ ラオホビア
価   格 税込670円



シュレンケルラ ラオホ ドッペルボック 容   量 500ml
冬季限定
「シュレンケルラ ドッペルボック」はドイツで12月のクリスマスシーズンに醸造される冬季限定のビールです。輸送に時間がかかる為、日本で目にすることができるのは1〜3月頃の期間のみになります。燻しの過程では、通常のブナを使用するのではなく、樫の木を使用してモルトを燻しています。樫の木で燻すことによって、通常のメルツェンビールよりも燻香は優しくマイルドです。その為、アルコール度は8.0%と高いですがとても飲みやすいビールです。
アルコール 8%
原材料 麦芽、ホップ
タ イ プ ラオホビア
価   格 税込691円