トスカーナワインTOPへ


アントニオ・ガッローニ95点!
サリクッティ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ[2011]


自然派ブルネッロの先駆者サリクッティのスタンダードなブルネッロ。セージやローズマリー等のハーブの香りが豊かで、イチゴやチェリーの果実、そして鉛筆やなめし革のアロマが複雑に絡み合います。黒コショウのスパイス感や果実の甘味たっぷりですが、余韻は長く綺麗な印象。さらにそのワインは熟成により飛躍的に変化を遂げます。
―以下リアルワインガイド15号より抜粋―
当然まだ若いブルネロだが、綺麗で質の良いタンニンと凝縮されたエキスに圧倒されてしまう素晴らしい出来。味わいの後半の奥行きの広さ、エレガントなまとまりは、やはりトップクラスのブルネロと言わざるを得ない風格を感じる。短時間のテイスティングでは取りにくいポテンシャルもあり、熟成と共に今回のポイントよりも更に上乗せ出来る要素を持つ会心のワイン!(今飲んで
90+ ポテンシャル92)※掲載ヴィンテージは2001年
750ml  特価ワイン 税込6372円

生産地:イタリア、トスカーナ地方
味のタイプ :赤・フルボディ
アルコール度:14,5%
ブドウ品種 :サンジョヴェーゼ100%
平均樹齢 :
平均年間生産量 :8000本