ドメーニレ・サハティーニ


ルーマニアのワイン造りの歴史は古く、紀元前からワインの製造が行なわれていました。中世ヨーロッパの皇帝、国王達はコトナリの貴腐化した甘口ワインを愛飲したそうです。19世紀の後半に国際博覧会でルーマニアワインが高い評価をうけたことにより、パリで大ブームが起きたそうです。現在ルーマニアでは国土のほぼ全域で葡萄栽培が行われており、7つのワインの生産地方の中に37のDOC(EU法のAOC)と12のIG(EU法のIGP)が制定分されています。ドメーニレ・サハティーニは2003年に女性醸造家のアウレリア・ヴィシネスク氏によって創業されました。ワイナリーと畑はムンテニア地方のデアル・マーレ地域の中央にあるミジル(Mizil)村近郊にあり、畑は合計で82haを所有。ここはカルパティア山脈の南の斜面にあたり、コート・デュ・ローヌ地方と同緯度、ブルゴーニュ地方と同気候で、雨は少なく朝晩の温度差が激しいのが特徴。葡萄の品質の良さで知られています。アウレリア氏の哲学はテロワールに強く影響を受けた葡萄を使いかつ、品種そのものの個性をしっかりと反映させることです。また環境に敬意を払い、最小限の人の介入で自然に近いブドウ栽培に努めています。

以上輸入元資料より抜粋


その他の国のワインTOPへ


リアルワインガイド「旨安大賞」!
ラ・ヴィ ピノ・ノワール[2016]


標高130mの5.11haの畑。地質は黒土と粘土石灰質で、葡萄はギヨ仕立て。収量は42hl/ha。ステンレスタンクで発酵と熟成を行います。醸しは約10日、発酵の中盤に1日に2回ピジャージュを行います。光沢のあるルビー色でピノノワールらしい品種の香り、タンニンはまろやかでイチゴや木苺の果実味がキレイに凝縮しています。
―以下リアルワインガイド64号より抜粋―
キターーー!!薄旨好き、ピノ好きはコレを買うべし!パレットで買うのも良し(場所があれば)。その位驚愕おすすめワイン。ルーマニアワインの良さは聞いていましたが、この値段でこの味わいはスゴイ!ピュアで透明感のある味わい。酸は丸くうま味たっぷりで余韻も長い。落ち着いたまとまりのある液体。この値段でこんなワインがあるなんて・・・こんなに薄くても2日目にヘタレた感は無し。むしろスパイスの風味が出てさらに美味しく。表紙ワインに決定しました!(今飲んで89 ポテンシャル89)
750ml   税込1296円

生産地:ルーマニア、デアル・マーレ地方
味のタイプ :赤・ミディアムボディ
アルコール度: 13%
ブドウ品種 : ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :



ラ・ヴィ ピノ・グリージョ[2017]

ルーマニアの中でも有名な葡萄産地、ムンテニア地方のデアル・マーレ地区に所有する7haの畑から。発酵、醸造共にステンレスタンクで仕上げられたこのワインは「新鮮さ」を大切にしていて、香りには華やかさがあり、飲み口は丸みがあって優しさのあるところが特徴です。
750ml   税込1944円


よりどり2本で3132円対象

生産地:ルーマニア、デアル・マーレ地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度: 13%
ブドウ品種 : ピノ・グリージョ100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :