フィリップ・パカレ


「マルセル・ラピエールの甥であり、プリューレ・ロックの醸造長を務めた人物」フィリップ・パカレを紹介する際の常套句です。しかし今やフィリップ・パカレの名前は、自然派ワインを代表する造り手の1人と同義になったのではないでしょうか。とはいえ彼のワインに対するアプローチは不変です。自然派ワインの祖ともいえるジュール・ショヴェに師事し、ショヴェの哲学やエスプリを引き継いでワイン造りに向かう1人です。

ジュール・ショヴェと聞いてもあまりピンとこないのが正直なところでしょうが、彼の残した哲学を受け継いでいる生産者の系譜を見ると、その影響の大きさを感じざるを得ません。酸化防止剤や農薬に頼らないでワインを造り、しかも熟成によってえもいわれぬガメイを生み出したマルセル・ラピエール、ジュール・シュヴェの弟子ジャック・ネオポールからワイン造りを学んだヤン・ロエル、その他にもフレドリック・コサール、イヴォン・メトラ、ジャン・フォイヤールなどジュール・ショヴェの残した書物から学んだ生産者は多くいます。そのジュール・ショヴェ最後の愛弟子がフィリップ・パカレです。彼はジュール・ショヴェと6年間寝食を共に過ごし、その哲学を学びました。

その哲学とは・・・

「自然酵母を用いて発酵させる」
「SO2を醸造中に用いない」
「農薬や除草剤は、畑に生きる自然酵母を殺してしまうため用いない」
「化学肥料を用いない」
「完熟した健全な果実を用いる」

これらの手法は近代的な醸造技術や栽培方法が発明されていなかった1950年代までは、誰もが行っていた手法です。しかし、より効率的で収益性の高い栽培・醸造法が開発されるとその技術は一気に広まり、古典的な技術を駆逐していきました。しかしながら近年、より自然な栽培・醸造方法で、その土地のテロワールを忠実に表現したいと考える生産者が少しずつですが見られるようになりました。ショヴェの想いを継ぐフィリップ・パカレも勿論その1人です。

実際のワイン造りにおいては、ブルゴーニュの伝統品種ピノノワールやシャルドネにこだわり、単一の品種が様々な土壌や気候によって異なった表情を見せることを重要と考えています。画一的な手法で、ある決まりきった味わいを造り出すのではく、その年、その土地、その気候が生み出すコピーのできない味わいのワインこそが理想と言います。栽培においては、農薬や除草剤を使用せず、とにかく成熟して健全なブドウを得ることに注力します。除梗をせずに発酵させるため、果梗まで完全に熟した状態で収穫することを理想としています。

醸造においてはSO2を用いず、ブドウに付いた天然酵母の力で発酵させます。ブドウ本来の風味を損なうと考えている作業も行いません(ルモンタージュなど)。同様の理由で新樽の使用にも慎重で、過剰な樽由来のロースト香を避けます。補酸や補糖といったことも行いません。

このように今や自然派ワインで採用されている典型的な手法を実践しているフィリップ・パカレですが、彼のワインには一部の他の自然派ワインにみられるような酒質の緩さや揮発性の香味、還元的なニュアンスを感じることはありません。そこには、様々な醸造法を知り、多くの経験から得た知識を持つパカレ氏ならではの特徴といえます。パカレ氏は、緻密で多彩な科学的知識を背景に酸化と還元のバランスをとり、完成された味わいの自然派ワインを生み出しています。

彼の師であるジュール・ショヴェも「ただの非科学的な理論のように思えるだろうが、科学的なことを十分に理解した上でなくてはこのようなことには取り組むことができない。この理論は、自然科学に基ずくものである。」と語ります。プリューレ・ロックでの経験と5年にわたる自らのワイン造りによってフィリップ・パカレはさらなる進歩をとげ、より完成されたワインの道を歩んでいます。

以上輸入元資料より抜粋


ブルゴーニュワインTOPへ


シャンボル・ミュジニ1er[2011]

―以下リアルワインガイド42号より抜粋―
うわ!きれいな花とミネラルの塊。まるで石の香水のようだ。そして複雑な果実香はフレッシュで、大地の香りもたっぷり。口に含むと10年のような凝縮感はないが、味にしっとりとした落ち着きがあり、正に調和のワイン。また液体には優しい力があり、うま味感を増幅させている。ガツンとくるワインではないが、美味しさに満ちあふれている。(今飲んで93 ポテンシャル93)
750ml   税込12096円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ : 赤・フルボディ
アルコール度: 12,7%
ブドウ品種 : ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :
平均年間生産量 :



ジュベレ・シャンベルタン1er ベレール[2006]


750ml   税込11620円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ : 赤・フルボディ
アルコール度: 12,5%
ブドウ品種 : ピノノワール
平均樹齢 :
平均年間生産量 :






シャルム・シャンベルタン[2006]


750ml   税込25200円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ : 赤・フルボディ
アルコール度: 12,5%
ブドウ品種 : ピノノワール
平均樹齢 :
平均年間生産量 :



シャンボル・ミュジニ[2006]


750ml   税込9100円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ : フルボディ
アルコール度: 12,5%
ブドウ品種 : ピノノワール
平均樹齢 :
平均年間生産量 :



ポマール[2006]


750ml   税込7560円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ : 赤・フルボディ
アルコール度: 12,5%
ブドウ品種 : ピノノワール
平均樹齢 :
平均年間生産量 :



ポマール1er[2006]


750ml   税込11760円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ : 赤・フルボディ
アルコール度: 12,5%
ブドウ品種 : ピノノワール
平均樹齢 :
平均年間生産量 :



シャブリ1erボーロワ[2005]


750ml   税込8925円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ : 白・辛口
アルコール度: 13%
ブドウ品種 : シャルドネ100%
平均樹齢 :
平均年間生産量 :



サン・トーバン1erアン・レミィ[2005]


750ml   税込7560円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ : 白・辛口
アルコール度: 12,5%
ブドウ品種 :シャルドネ100%
平均樹齢 :
平均年間生産量 :



ジュベレ・シャンベルタン[2005]


750ml   税込7000円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ : ミディアムボディ
アルコール度: 13%
ブドウ品種 : ピノノワール
平均樹齢 :
平均年間生産量 :



ポマール1erレ・シャンラン[2005]


750ml   税込10920円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ : ミディアムボディ
アルコール度: 13%
ブドウ品種 : ピノノワール
平均樹齢 :
平均年間生産量 :



ジュベレ・シャンベルタン1erラ・ペリエール[2004]


750ml   税込11232円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ : ミディアムボディ
アルコール度: 13%
ブドウ品種 : ピノノワール
平均樹齢 :
平均年間生産量 :



ニュイ・サン・ジョルジュ[2002]


750ml   税込8925円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ : ミディアムボディ
アルコール度: 12%
ブドウ品種 : ピノノワール
平均樹齢 :
平均年間生産量 :