ポール・ジロー


ブランデーといえばフランス産が広く知られていますが、その中でもコニャック地方で生産されるブランデーは特に高い評価を受けています。総面積79,600ヘクタールの土地から生まれるコニャックは、芳香豊かなフランスを代表する蒸留酒として、現在でも老若男女を問わず広い世代に親しまれています。高級ブランデーとして昔から有名な銘柄のほとんどは、ここコニャック地方産のブランデーなのです。
しかし、ワインがそうであるように、コニャック地方も6つの小さな地区に分けられ、ある地区は華やかでフレッシュ、またある地区はエレガントなライトボディというように、各地区で栽培されるブドウには個性があります。その中でも、最高峰として知られるのがグランシャンパーニュ地区。石灰質の土壌で栽培されるブドウは、アロマが凝縮された非常に良質なコニャックを生み、その良さは長期熟成をすることによって完全に開花するのです。
そのグランシャンパーニュ地区に、今では残り僅かな貴重な生産者が住んでいます。その名はポールジロー。ジロー家は400年前からこの地に根ざし、代々農業を営んできました。1800年代の後半からコニャックの生産を始め、現在に至るまで高品質なコニャックを生み出し続けています。
ジロー家のコニャックが貴重なのは、ジロー氏がコニャックに対して抱き続ける「コニャックは自然の賜物」という考えに集約されています。大手メーカーが機械化されているのに対し、彼は全てのブドウを一つ一つ手で摘み、品質を確認します。イーストを用いて時間を短縮した醸造ではなく、逐一ようすを確認しながらブドウを自然に発酵させます。また、一括して大量に蒸留するのではなく、片時も目を離さず樽に詰めるタイミングを計ります。彼自らが全ての工程を手掛け、膨大な時間と労力をかけながらていねいにコニャックを生産しています。
「私がしていることは特別なことじゃない。代々続いてきたことをやっているだけさ」と彼は語ります。そして「常にコニャックと向き合うこと、自然に従って決して無理はさせないこと。これが一番大切なのさ」とも。
コニャックは、ワインと同じくブドウから作られる農産物の一種です。画一化、量産化された大手ブランドのコニャックではなく、伝統的な製法を頑なに守り続けているジロー氏でなければ作れないコニャックが、ここにあります。華やかで気品のある香り、そして複雑に折り重なる味わい。それはまるで、ジロー家のあるグランシャンパーニュ・ブートビル村のテロワールをそのままボトリングしたようなコニャックなのです。

以上輸入元資料より抜粋


ウイスキー・ブランデーTOPへ

飲料・食品TOPへ


ポール・ジロー ビオディナミ リュルティム

ワインにおいては既にかなり浸透しているビオディナミ農法ですが、ポールジロー氏も1998年に一度だけビオディナミによる区画のブドウでコニャックを生産しました。ジロー氏にとってビオディナミというのは長年興味を引かれていた農法であり、一部の区画で一時期試験導入し、数年間かけて試行錯誤しました(諸事情から今後ビオディナミによるコニャックの生産を行わない意向です)。そして品質が最高レベルに達したのが1998年のことで、このビンテージのコニャックは2008年と2013年にも販売されました。そして現地に残る最後の3樽をボトリングしたのが2017年。商品名の「リュルティム」とはフランス語で「究極」「最後の」という意味を持っており、ジロー氏のこの作品に対する自信のほどが伺えます。ポールジロー氏曰く「熟成年数が長くなった結果、香りがより強くなりました。興奮させられること間違いなしの味わいです。」とのこと。
原材料
ブドウ
アルコール度
42%
分類
コニャック
生産地
フランス、コニャック地方
500ml     税込9612円



ポール・ジロー 15年

グランシャンパーニュのコニャックは年を重ねるほどその良さを発揮すると言われています。こちらは表記こそ15年ですが、実際には20〜25年以上の古酒を中心にブレンドしていて、フレッシュな風味と熟成感のバランスが絶妙な、まさに「古酒の入り口」と言える1本です。
原材料
ブドウ
アルコール度
40%
分類
コニャック
生産地
フランス、コニャック地方
700ml     税込11340円



ポール・ジロー トラディション

最高のコニャック産地グランシャンパーニュ地区に300年以上続く伝統的な生産者で、ブドウの栽培から収穫・蒸留までを全て手作業で行うポール・ジロー氏。こちらはそんなポール・ジローの名刺代わりの1本で、グランシャンパーニュ・ブードビル村のテロワールと伝統的な製法によるポールジローならではの極上の味わいをお手頃価格で楽しめます。
原材料
ブドウ
アルコール度
40%
分類
コニャック
生産地
フランス、コニャック地方
700ml     税込7236円



ポール・ジロー
スパークリンング・グレープジュース[2016]


コニャックの職人的な生産者ポール・ジロー氏がコニャックを造るのに使用するユニブラン種のブドウを搾って、果汁をそのまま無添加で瓶詰めしたスパークリングジュース!元々樹齢の若い樹のブドウを搾って自家用に少量つくっていたもので、ポールジロー・コニャックの原点がここにあります。 そのまま飲むも良し、コニャックのチェイサーにするも良し、またコニャックとジュースをお好みでブレンドして自家製ピノ・デ・シャラントなんていうのもオススメです。

750ml    税込1620円



ポール・ジロー 1999

通常コニャックでは、VSOPXOなどで知られるように、熟成年数やビンテージを表記されることはありません。しかし、今回の商品は傑出した素晴らしいコニャックが生まれた90年代最後の1999年単一ビンテージだけを、ポールジロー氏が新たにあつらえた「ビルヌーブ」というセラーで熟成させた日本限定のスペシャルボトルです。とにかくフレッシュでどんな方にも美味しいと思っていただける1本です。
原材料
ブドウ
アルコール度
40%
分類
コニャック
生産地
フランス、コニャック地方
500ml     税込7776円