その他の国のワインTOPへ


パパリ・ヴァレー
スリー・クヴェヴリ・テラスズ サペラヴィ No.19 [2018]


甕ごとに熟成期間やアルコール度数が異なるパパリ・ヴァレーのサペラヴィですが、こちらのNo.19ではトータル11ヶ月の長期クヴェヴリ熟成をしており、アルコール度数も15%越え!ブラックベリーやダークベリーなどの芳醇なアロマと果実味、アルコールの高さに適度な酸が伴ない、全体的に凝縮感の高い仕上がり。リコリスや黒糖、アジアンスパイスのアクセントなど奥行きのある味わいです。
750ml   税込2948円

生産地:ジョージア、カヘティ地方
味のタイプ :赤・フルボディ
アルコール度:15%
ブドウ品種 :サペラヴィ100%
平均樹齢 :15年
平均年間生産量 : 1200本



パパリ・ヴァレー
スリー・クヴェヴリ・テラスズ ルカツィテリ No.20 [2018]


こちらのワインは、通常のキュヴェよりもクヴェヴリでの熟成期間を長くしたキュヴェで、11ヶ月という長期間クヴェヴリ熟成した限定品。アプリコットやほのかなミネラルのアロマ、口当たりはクリーミーで黄桃やビワのような控えめで上品な果実味が広がります。イキイキした酸と芳醇さの両面を持つ、深みのあるオレンジワインです。
750ml   税込2530円

生産地:ジョージア、カヘティ地方
味のタイプ :白(オレンジ)・辛口
アルコール度:12,5%
ブドウ品種 :ルカツィテリ100%
平均樹齢 :17年
平均年間生産量 : 17000本



パパリ・ヴァレー
スリー・クヴェヴリ・テラスズ ルカツィテリ[2018]


パパリ・ヴァレーはジョージアの東、カヘティ地方アハシェニ・ヴァレーに2004年に設立された小規模の自然派ワイナリー。濁ったワインも多いジョージアですが、その中でも特に「クリーンなアンバーワイン」として注目を集めています。パパリ・ヴァレーではこのスタイルを生み出すため、世界遺産となっているクヴェヴリでの古典的な醸造技術に現代の手法を取り入れており、正にジョージア産アンバーワインの未来を見せてくれる逸品です。ワイナリーでは2006年より試験的にワイン造りが始まり、試行錯誤を繰り返し2015年に初ヴィンテージをリリースしたばかり。まだまだ新しい造り手ではありますが、既にマスター・オブ・ワインを始め世界のワイン関係者が一目を置く注目の造り手です。こちらのワインはリンゴやメロンなどの豊かな果実味に華やかなフローラルのアロマが特徴的。プラム、ドライフルーツなどの芳醇な風味がタンニンとよいバランスを生み出し、美しく長い余韻が魅力的です。
750ml   税込2530円

生産地:ジョージア、カヘティ地方
味のタイプ :白(オレンジ)・辛口
アルコール度:12%
ブドウ品種 :ルカツィテリ100%
平均樹齢 :30年
平均年間生産量 : 17000本