モンテ・ディ・ロアリ


ワイナリーは19世紀後半にガルダ湖の南約8kmのモンテ・ママオル(Monte Mamaor)で始まりました。現在はオーナーのステファノ氏とビオテクノロジーを学んだ妻のアレシア氏が二人三脚で畑仕事と醸造に取り組んでいます。モンテ・ママオルはガルダ湖から続く氷河由来のモレーンと呼ばれる土壌の「最後の丘」にあたります。氷河が押し出したガルダ湖から続く土は標高192mのこの丘でせき止められました。畑にはモレーン土壌特有の様々な丸い石がゴロゴロと転がっています。所有面積はモンテ・ママオルの樫林を含む合計14ヘクタールで、その内葡萄畑は10haです。樫林を維持することで畑の自然な生態系を守っています。ビオディナミ農法を採用しており、畝間には菜の花やそら豆の他に計14種類もの草花を植えて、それを鋤き込むことにより肥料にしますが、様々な生き物が共生できる環境造りの為に、一畝おきにその草花を残します。防除には硫黄と銅のみを使用します。1haあたりの平均収量は約56hl。収穫は全て手摘みで行い、野生酵母で発酵を行います。酸化防止剤は瓶詰時に少量添加するのみで無濾過で瓶詰を行います。

以上輸入元資料より抜粋


ヴェネトワインTOPへ


ビアンコ・ディ・クストーザ[2016]

チューリップ型セメントタンクで発酵させたガルガネーガ、トレッビアーノ、トレッビアネッロとアンフォラで発酵させたマルヴァジアをセメントタンクにて4ヶ月間シュールリー熟成後、無濾過にて瓶詰しました。純粋な果実の味わいと柔らかで奥行のある鉱物質な旨みが混然一体となりじわりと舌に沁み込むように広がります。
―以下リアルワインガイド56号より抜粋―
ヴェネト州のモンテ・ママオルにて営まれるドメーヌで、所有する10haの畑ではビオディナミを実践。このワインはトレッビアーノ・トスカーノなど4品種が入っているんだけど、香りはまるでシャルドネ。少しとろ〜りとした口当たりの液体はたっぷりの黄色いフルーツとミネラルによって厚みを感じる。甘みもあるけれど、酸が頑張っているので全体の印象はシャキリ。かなりミネラリーだけど硬さはなくてすでに美味しいし、余韻の長さもステキで完成度が高い。(今飲んで
89 ポテンシャル89+)※掲載ヴィンテージは2015年
750ml     税込2041円

よりどり2本で3132円対象

生産地:イタリア、ヴェネト地方
味のタイプ : 白・辛口
アルコール度: 12,5%
ブドウ品種 : トレッビアーノ・トスカーノ40%、ガルガーネガ30%、トレッビアネッロ20%、マルヴァジア10%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 : 本



年に一度の限定入荷!
ロッサネル[NV]


平均樹齢25年の地品種ロッサネッラを手摘みで収穫し、アンフォラで皮と共に発酵し色を抽出。無濾過で瓶詰めする際に、干し葡萄にしたカベルネの果汁を加えて瓶内で再発酵させてリリース。ノンフィルター、SO2無添加で造られる限定生産のフリッツァンテです。チャーミングでピュアな赤い果実味、透明感のあるクリーンかつドライな味わいです。
750ml
     税込1674円

生産地:イタリア、ヴェネト地方
味のタイプ : 弱発泡ロゼ・辛口
アルコール度: 11,5%
ブドウ品種 : ロッサネッラ、カベルネ・ソーヴィニョン
平均樹齢 :25年
平均年間生産量 : 本



年に一度の限定入荷!
ソールティ[NV]


海抜180mの区画から収穫した平均樹齢45年の地品種をアンフォラで発酵。アルコール発酵が落ち着いたところで、3種類の白葡萄から作った干し葡萄の天然ジュースを加えて瓶詰し、瓶内で再発酵させてリリース。瓶詰めは全て手作業で、ノンフィルター、SO2無添加で造られる限定生産のフリッツァンテです。マスカットのような香りと蜜のニュアンス、弱発泡の柔らかな口当りと透明感のある果実味が特徴的。現地ではオイル系のパスタや豚や鶏などの白肉系と合わせて親しまれています。
750ml
     税込1674円

生産地:イタリア、ヴェネト地方
味のタイプ : 弱発泡白・辛口
アルコール度: 11%
ブドウ品種 : マルヴァジア、フェルナンダ、モスカート
平均樹齢 :45年
平均年間生産量 : 本



バルドリーノ キアレット[2016]

コルヴィーナとロンディネッラは1〜2日浸漬後セニエで抜き出した分をセメントタンクで発酵。ロッサネッラはアンフォラで皮と共に発酵を行い、セメントタンクで約4ヶ月熟成後、無濾過で瓶詰。出来上がったワインは濃いオレンジがかったピンクの色調で、口に含むとしっかりとコクのある果実がいきいきと広がります。
―以下リアルワインガイド57号より抜粋―
あれっこのラベル、見たことあるぞ!と思ったら、前号の旨安ワイン特集でここの白ワインが旨安大賞をゲット。ヴェネト州モンテ・ママオルにて営まれるドメーヌで、これは地品種から造られるロゼ。少しとろみのある液体にはうま味がしっかりと詰め込まれていて、飲んだ瞬間に美味しいとわかる味つきの良さ。全体的に味わいが馴染んでいるという印象で、フレッシュ感だけで押すロゼとはちょい違う。この価格で楽しめるならば大満足だし、この造り手、なんかいいぞ!(今飲んで
88+ ポテンシャル88+)※掲載ヴィンテージは2015年
750ml     税込2041円

よりどり2本で3132円対象

生産地:イタリア、ヴェネト地方
味のタイプ : ロゼ・辛口
アルコール度: 12,5%
ブドウ品種 : コルヴィーナ50%、ロンディネッラ35%、ロッサネッラ15%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 : 本