ラングドック&ルーションワインTOPへ


ドメーヌ・レスカルポレット バッドボーイズ[2016]

ドメーヌを手掛ける「イヴォ・フェレイラ」は元々ソムリエで、2004年に「ジャン・マルク・ブリニョ」の収穫を手伝ったのをきっかけに彼の哲学に惹かれワイン造りを志しました。2005年からはシャトー・ル・ピュイでワイン造りを学び、2009年に自身のドメーヌであるレスカルポレットをスタート。こちらは白ブドウのグルナッシュ・ブランと赤ブドウであるグルナッシュ・ノワールを用いて白ワインのような軽妙な飲み心地に仕込んだ赤ワイン。この2016年から同じ地域の造り手であり、公私ともにパートナーであるジュリー・ブロッスランとのコラボワインになりました。色合いも淡く、アルコールの強さも感じず、ロゼにしか見えないのですが、本人達曰く「あくまで赤」とのこと。元々のコンセプトは、ジュラのプルサールで仕込まれたようなワインで、2016年からしっかりもののジュリーが加わったからか、あっけらかんと明るく快活な飲み心地の良いワインに仕上がっていて、安定感もしっかりあります。
750ml   税込2376円

生産地:フランス、ラングドック&ルーション地方
味のタイプ :赤・ライトボディ
アルコール度:13,5%
ブドウ品種 :グルナッシュ・ブラン、グルナッシュ・ノワール
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :本