ラルロ


ドメーヌ・ドゥ・ラルロは1987年に、大手保険会社アクサ・ミレジムがネゴシアンのジュール・ブランが所有していた畑を買い取り、ドメーヌ・デュジャックのジャック・セイス氏のもとで働いていた、ジャン・ピエール・ド・スメ氏が責任者として加わり、スタートしました。創業時からビオディナミ農法によるぶどう栽培をスタートさせた生産者です。
ドメーヌ・ドゥ・ラルロでは、ブドウ栽培、醸造において、自然な手法が心がけられています。15年ほど前からビオディナミによる栽培方法が模索され、1999年に所有畑の一部1.5ヘクタールに導入されました。そして2000年に3ヘクタール、2001年に6ヘクタール、2002年には10ヘクタールと着実にビオディナミによる栽培畑が増やされ、2003年産からは全ての畑においてビオディナミによる栽培がおこなわれています。
ブドウは収穫時と収穫後に徹底して選別されます。除梗はせず、醗酵は天然酵母で30?32度を超えないように保たれながら3週間以上にもわたって行われます。ピジャージュは足で1日に3回おこなわれます。ワインを醗酵槽から樽に移すには重力が利用されます。ポンプを使うとワインに負担をかけるためです。
このように全ての工程でワインが疲れないよう最大の注意を払い醸造されます。軽く澱引きが行われ、樽熟成の後、無濾過で瓶詰されます。樽熟成に使用する樽には、香りのポテンシャルの高いアリエ産の木を自社で購入し2年以上乾燥したものが使用されます。新樽比率は50%以上です。
スメ氏が2006年末で引退し、彼の右腕だったオリヴィエ・ルリッシュ氏が総責任者としてその名声をさらに高めていましたが、2011年8月に夢であった自らのワイン造りを始める為、惜しまれながらもドメーヌを去りました。後任にはミシェル・マニヤン等で醸造責任者を勤めたジャック・デヴォージュ氏が多くの候補者中から選ばれました。オリヴィエと同世代で以前から親交もあり、有機栽培のDomaine de la Vougeraieでも研鑽を積んだ彼になら我が子の様に愛したドメーヌの今後を任せてもいいと思ったそうです。今後の更なる飛躍を予感させます。

以上輸入元資料より抜粋

※現在ジャック・デヴォージュ氏もクロ・ド・タールへと引き抜かれ、後任はアレックス・ガンバルで醸造責任者を務めていた女性醸造家ジェラルディーヌ・ゴドー氏(2014年途中から)。


ブルゴーニュワインTOPへ


ニュイ・サン・ジョルジュ1er
クロ・デ・フォレ・サン・ジョルジュ[2015]


フラッグシップでもあるこのワインはチェリー、ヴァニラ、ブラックベリー、土など挙げようとすればきりがないほど複雑な香りが印象的。味わいも深みがあり、どの要素も見事に傑出している。そしてそれらが見事に調和している。
※2015年産より「プティ・プレ」区画も本キュヴェに統合。
所有面積:5.7ha、植樹:1950年代初頭、新樽比:50%、64樽生産、樽熟16~18ヵ月、55%全房発酵
―以下リアルワインガイド59号より抜粋―
試飲時は香りは閉じ気味。しかし、アレですな。ここまで試飲してきて最新のラルロ節とジェラルディン節の確かさを確認できたので、このワインはもう飲まなくたって良いワインに決まっている。じゃマズいので、口に含む→うわっ!まるでシュショのようなシルキーなタッチだ。力強いクロ・デ・フォレがこんなに口当たりが良くてきめ細かいもんだからたまらん。そして、うま味とミネラルの塊。参りました。多くの読者の皆さん、もうグラン・クリュの購入は諦めて、このワインを頑張って買いましょ!品質は明らかに良く出来たグラン・クリュと同じです!(今飲んで94 ポテンシャル95+)
750ml   税込14580円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :赤・フルボディ
アルコール度:13,5%
ブドウ品種 :ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :本



ニュイ・サン・ジョルジュ1er
クロ・デ・フォレ・サン・ジョルジュ[2012]


フラッグシップでもあるこのワインはチェリー、ヴァニラ、ブラックベリー、土など挙げようとすればきりがないほど複雑な香りが印象的。味わいも深みがあり、どの要素も見事に傑出している。そしてそれらが見事に調和している。
※ジャパンインポートシステム輸入
―以下リアルワインガイド47号より抜粋―
読者の皆さん、何も言わずRWGを信じてこのワインを早くゲットしてください。WA誌やIWC誌の評価は無視してください。各要素レベルが高くて多くて、当然閉じ気味。と言うか、閉じてる。そしてオリヴィエ時代にあった還元香は全くなく、しかしふんわり感もない。あるのは集中して力のある、新しいラルロの姿だ。口に含むと味も閉じ気味。しかしこのワイン、いつもメチャクチャいいけど12年は凄いことになっている。スタイルはこれまでのラルロに力強さが加わったもので、品質面のみを捉えるととてもパワーアップしている。良く出来たグラン・クリュ以上のクオリティだ。1erとして信じられない普遍的ブルゴーニュ。この時代に1万円台前半で入手できる魔法がかかった1erワイン。(今飲んで93 ポテンシャル95+)
750ml   税込14580円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :赤・フルボディ
アルコール度:13,5%
ブドウ品種 :ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :45年
平均年間生産量 :10200本



コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ クロ・デュ・シャポー[2012]

甘いラズベリーやプラムなどの芳しい香りを放ち、驚くほど洗練された凝縮感。シルクを思わせるきめの細かさと長い余韻。他のドメーヌなら明らかに1級の品質。

―以下リアルワインガイド47号より抜粋―
もういきなりの上質感。美しく目が詰まり、豊かで複雑な果実香とツヤツヤのミネラルがいつものように香る。本当にこのワインはどんなヴィンテージでもいい。口に含むとこりゃまた何という味の集中感と豊かさか。このクラスとしては異例ともいえる味つきの良さと複雑さ、そして焦点の定まり方だ。これほどクッキリとしたクロ・デュ・シャポーは初めて。これまでのふんわり感が後退したのは残念だけど、ともかく凄い品質だ。実は93点でもおかしくないワインだけど、グッとこらえてこの得点とした。また、これ以降のワインも全て2点ほど加点してもおかしくないワインです。(今飲んで90+ ポテンシャル91+)
750ml   税込5508円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :赤・フルボディ
アルコール度:13%
ブドウ品種 :ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :25年
平均年間生産量 :8000本



ヴォーヌ・ロマネ1er レ・シュショ[2012]

これぞラルロを感じさせる素晴らしくエレガントでうっとりするような香りを放つ。極上の豊かさときめの細かく滑らかで繊細な舌触り。とても長く官能的なまでのとろりとしたフィニッシュ。

―以下リアルワインガイド47号より抜粋―
いつもの繊細でエレガントな面を残しつつ、12年の凝縮感と豊かな果実味がギュッと詰まり、高級感とナチュラル感たっぷりで力強い香り。そう。このワインには以前のナチュラル香が残っているのだ。つまり基本的な造りは変わっていない。口に含むと味がしっかり開いているので頭がクラクラするバツグンの美味しさ。まるで例年のロマネ・サン・ヴィヴァンを飲んでいるような集中感と複雑性、味の多層感がある。これもクロ・デ・フォレと同じくお化けのような1erワイン。やはり魔法がかかっている。凄いエレガンスとエネルギーの塊だ。(今飲んで94 ポテンシャル95)
750ml   税込17280円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :赤・フルボディ
アルコール度:13,5%
ブドウ品種 :ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :3000本



コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ クロ・デュ・シャポー[2011]

甘いラズベリーやプラムなどの芳しい香りを放ち、驚くほど洗練された凝縮感。シルクを思わせるきめの細かさと長い余韻。他のドメーヌなら明らかに1級の品質。

―以下リアルワインガイド43号より抜粋―
極めて心地良いきれいで複雑でナチュラルな香り。安心した。これまでと一緒だ。目がよく詰まり、このクラスとは全く思えないいい香り。やはりこのワインは本当に素晴らしい。口に含むと液体は心地良い凝縮感があり、味つきも酒質も強い。香りで少し感じた強さが味と液体にも共通している。これはヴィンテージによるものか、ジャックに代わったからなのか。ともかく例年より強い。もちろん心地良い強さであり、至って美味しい。からなのか(今飲んで89+ ポテンシャル90+)
750ml   税込5122円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :赤・フルボディ
アルコール度:13%
ブドウ品種 :ピノノワール100%
平均樹齢 :25年
平均年間生産量 :8000本



ニュイ・サン・ジョルジュ1er レ・プティ・プレ[2011]

クロ・ド・フォレ・サン・ジョルジュの若樹から作られるワイン。優しさと力強さのバランスが心地よい。焦点がしっかりと定まっており、黒い果実、土、ミネラルなどの様々な要素が複雑に絡み合っています。
―以下リアルワインガイド43号より抜粋―
これも還元香がない。やはり微妙に造りが変わっている。もちろんそれは悪いことではない。そして香りは集中感があり、赤と黒の中間の果実に大地香、そしてツヤと気品のミネラルだ。口に含むと味わいは今は硬く、これは早飲みしない方がいい。2~3年は待つべし。その硬い味は複雑性に富み、凝縮感もあり、優しいパワーにあふれている。やはり11年のラルロは力強いワインとなっている。もちろんここならではのうま味の多さは健在。(今飲んで91 ポテンシャル92)
750ml   税込6480円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :赤・フルボディ
アルコール度:13%
ブドウ品種 :ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :20年
平均年間生産量



ニュイ・サン・ジョルジュ1er
クロ・デ・フォレ・サン・ジョルジュ[2011]


フラッグシップでもあるこのワインはチェリー、ヴァニラ、ブラックベリー、土など挙げようとすればきりがないほど複雑な香りが印象的。味わいも深みがあり、どの要素も見事に傑出している。そしてそれらが見事に調和している。
―以下リアルワインガイド43号より抜粋―
このワインは例年最も還元的だったが、還元香は一切ない。ただし、やはり今は香りが閉じ気味。しかしその奥深さやミネラルによるツヤ感と高級感、そして香りの複雑性はよく分る。口に含むと何という素晴らしい味と品質か。やはり今は硬く、味わいの一部しか姿を見せないが、焦点が定まり、心地良く凝縮している。そして液体はジューシーで滑らかで、ミネラルでツヤツヤしており、輪郭がクッキリ。これも若飲みは出来ないが、素晴らしい品質となっている。(今飲んで92 ポテンシャル94)
750ml   税込11340円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :赤・フルボディ
アルコール度:13,5%
ブドウ品種 :ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :本



コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ・ブラン オー・ルーリー[2011]

ドメーヌ前の道路を挟んだ真向かいにある区画がAU LEUREY。以前はピノが植えられ、Chapeauに使われていた。ここに2006年に植樹されたブドウから造られたキュヴェ。2009年からリリースされている。若木だが十分にポテンシャルの高さを感じる事が出来る。生産量も僅か1樽程度と少なく、入荷も僅か。かわいらしいフローラルの香りと活気に満ちた酸とのバランスがいい。

―以下リアルワインガイド43号より抜粋―
11年はなんと1,600本も生産できたので安心。心地良くきれいな柑橘香、そして麦様のミネラル、白い花、最後に甘いミツのいい香り。目がしっかり詰まっている。口に含むと液体は若干フラットながらフレッシュでピュアでとてもナチュラル。それでいて味わいがクッキリとつき、納得の味わい。このワインにも11年らしい調和がある。(今飲んで88+ ポテンシャル89)
750ml   税込4536円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:13%
ブドウ品種 :シャルドネ100%
平均樹齢 :5年
平均年間生産量 :本



コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ クロ・デュ・シャポー[2010]

甘いラズベリーやプラムなどの芳しい香りを放ち、驚くほど洗練された凝縮感。シルクを思わせるきめの細かさと長い余韻。他のドメーヌなら明らかに1級の品質。
―以下リアルワインガイド39号より抜粋―
お~、いきなりナチュラルで温かみのある複雑な香りが見事。このワインはいつもいいが、当然10年は盤石のようだ。口に含むととても滑らかでツヤのある液体は美しく、味がクッキリとついており、オリヴィエ・ルリッシュの置き土産の第一弾として相応しいワインだ。甘くて頃合いの良い酸があり、うま味に満ち、美味しくてたまらない。(今飲んで90 ポテンシャル91)
750ml   税込4896円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :赤・フルボディ
アルコール度:13%
ブドウ品種 :ピノノワール100%
平均樹齢 :25年
平均年間生産量 :8000本



ニュイ・サン・ジョルジュ ル・プティ・アルロ[2010]

クロ・ド・ラルロの若樹から造られるどこまでも優しく、そしてどこまでも力強い。素晴らしく純粋なエキス分、優雅で広がりのある味わい。絹のような舌触りとジャムのような果実味を備える。

―以下リアルワインガイド39号より抜粋―
要素が強い分、今はいく分閉じ気味。しかし、品良く美しい赤果実がきれいに香る。口に含むと味は全開。優しくて、心地良い強さがあって、極めてナチュラルで、見事な液体。味は頃合いよく甘く、酸が美しく、大地の風味に満ちている。美味しい。(今飲んで90+ ポテンシャル91+)
750ml   税込5460円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :赤・フルボディ
アルコール度:13%
ブドウ品種 :ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :3000~3500本



ニュイ・サン・ジョルジュ1er クロ・ド・ラルロ・ルージュ[2010]

ミネラル感があり、ビオ特有の洗練した香り。深みがあり、エキス分がたっぷりとあり、タンニンは十分に熟している。豪華さもあり、訴えかけるような緻密さと純粋さががうまく共存している。

―以下リアルワインガイド39号より抜粋―
持てる要素が強すぎて今は少し閉じ気味。また還元的でもある。しかし複雑でナチュラルな赤黒果実香と深遠な大地香が存在する。口に含むと味も今は若干閉じ気味。硬いワケではないが、まだ開いていない。とは言え、魅惑の梅きのこの風味、マツタケ、そして複雑な大地の風味に富んでいる。また、液体はミネラルでツヤツヤのスベスベ。素晴らしい。(今飲んで91+ ポテンシャル93)
750ml   税込9792円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :赤・フルボディ
アルコール度:13%
ブドウ品種 :ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :4500本



ヴォーヌ・ロマネ[2010]

これはSuchotの若樹から造られる、稀少なVosne Romanée J.V。ラルロのスーショはリシュブールに隣接している恵まれた立地。ラズベリー、ブラックカラント、ブラックチェリー、バラなどのフローラル、ヴァニラ、ペッパーなどの香りが感じられる。フレッシュで溌剌とした果実味とフィネスの印象が強く残るキュヴェ。熟度が高く、力強さとエレガントさを見事に表現している。成長過程にあるラルロのSUCHOTの片鱗をしっかりと感じる事ができる。他の生産者なら間違いなく、SUCHOTSとしてリリースするだろう。

―以下リアルワインガイド39号より抜粋―
生産量は900本。V・R・1er・レ・シュショの若樹からのレアアイテム。ナチュラルで優しくて、独特の若草の香りがとてもいいカンジ。口に含むと味は甘く、やや酸度が低くてとても飲みやすくて美味しい。。ともかくこの優しさとナチュラルさはオリヴィエ・ルリッシュが残した大切なスタイルだ。心して飲みたい。(今飲んで90+ ポテンシャル91+)
750ml   税込5600円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :赤・フルボディ
アルコール度:13%
ブドウ品種 :ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量



ニュイ・サン・ジョルジュ・ブラン ラ・ジェルボット[2010]

クロ・ド・ラルロ・ブランの若樹から造られる柑橘系、ミネラル感、熟した白い果実がぎっしりと詰まったワイン。とろけるように濃厚で、輪郭もくっきりしていて複雑で洗練された造り。

―以下リアルワインガイド39号より抜粋―
甘い柑橘香がとてもいい香り。そしてミネラル、ミント、白い花だ。口に含むとまるでシトラスのジュースを飲んでいるようなジューシーさと複雑な甘さ。これは美味しい。また、ミネラルで気品とツヤがあり、高級感もある。これはいい。(今飲んで90+ ポテンシャル91)
750ml   税込5328円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:13%
ブドウ品種 :シャルドネ100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :4500本



ニュイ・サン・ジョルジュ1er
クロ・ド・ラルロ・ルージュ[2009]


―以下リアルワインガイド33号より抜粋―
いつもの見事なラルロ香がより集中力を伴って美しく複雑に香る。またとても奥深い。そして口に含むと集中して、優しいのに味が強く、ナチュラルでで、みずみずしく、見事な味わいだ。エレガンスとうま味の共演。もうこのワインに出来の悪い年はない。ほぼ無敵。(今飲んで92+ ポテンシャル93+)
375ml   税込5040円
750ml   
税込9648円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :赤・フルボディ
アルコール度:13%
ブドウ品種 :ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量

375ml 
750ml 



ニュイ・サン・ジョルジュ1er
クロ・デ・フォレ・サン・ジョルジュ[2009]


フラッグシップでもあるこのワインはチェリー、ヴァニラ、ブラックベリー、土など挙げようとすればきりがないほど複雑な香りが印象的。味わいも深みがあり、どの要素も見事に傑出している。そしてそれらが見事に調和している。

―以下リアルワインガイド33号より抜粋―
銘酒の登場。今は少し還元的。しかしそれにしても素晴らしい。一点に集中し、芳醇な香りを放ちながら極めてナチュラル。そしてエレガント。味も見事。やはり集中し、うま味が多く、決して力任せではないのに優しい力に満ち、複雑極まりない。良く出来たグラン・クリュの品質にある素晴らしい1er。(今飲んで93 ポテンシャル94)
375ml   税込5184円
750ml   
税込10080円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :赤・フルボディ
アルコール度:13,5%
ブドウ品種 :ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :40年
平均年間生産量 :20000本

375ml 
750ml 



ニュイ・サン・ジョルジュ・ブラン ラ・ジェルボット[2009]

クロ・ド・ラルロ・ブランの若樹から造られる柑橘系、ミネラル感、熟した白い果実がぎっしりと詰まったワイン。とろけるように濃厚で、輪郭もくっきりしていて複雑で洗練された造り。

―以下リアルワインガイド33号より抜粋―
ビン詰め直後のもの。中域がとても充実し、ミネラルも多く、またナチュラルな香りがいい。今はビン詰め直後でワインが若干縮こまっているが、いずれ豊かになるだろう。甘ほろ苦く、少し柑橘の風味もある美味しい白ワイン。(今飲んで89 ポテンシャル90)
750ml   税込5328円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:13%
ブドウ品種 :シャルドネ100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :4500本



ニュイ・サン・ジョルジュ1er
クロ・デ・フォレ・サン・ジョルジュ[2008]


フラッグシップでもあるこのワインはチェリー、ヴァニラ、ブラックベリー、土など挙げようとすればきりがないほど複雑な香りが印象的。味わいも深みがあり、どの要素も見事に傑出している。そしてそれらが見事に調和している。
※蔵出しバックヴィンテージです

―以下リアルワインガイド31号より抜粋―
これはタンクからの試飲でビン詰め直前のもの。さあ、銘酒の登場だ。香りは少し閉じ気味。しかしこのワインのエレガンス、複雑性、そして優しい力がこの閉じ気味の香りからも十分に伝わってくる。口に含むと焦点の定まった奥深い味わいに舌が喜びまくる。きめ細かい高質なタンニンが多いが、当然よく熟しており、液体はとても滑らか。前銘柄は優しく、こちらは力がある。しかし、両方共に当然のごとくエレガント。見事な品質だ。(今飲んで92 ポテンシャル93)
750ml   税込10080円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :赤・フルボディ
アルコール度:13,5%
ブドウ品種 :ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :本



ニュイ・サン・ジョルジュ1er クロ・ド・ラルロ・ブラン[2005]

―以下リアルワインガイド18号より抜粋―
集中して複雑なフルーツ、ミネラル、燻香、そしてイメージとしての黄色い香りはあくまで清廉。液体は澄み切って、けどしっかりした味付き。優しく、甘く、塩っぽさとほろ苦さがあって、黄色い味に白い味が混ざって、そしてどこまでもナチュラル。ミネラルが多すぎるとどこかモワッとなるというか、灰色っぽい味わいになるんだけど、これはミネラル多量にしてあくまでクリーン。美しいのだ。(今飲んで92 ポテンシャル94)
750ml   税込10500円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:%
ブドウ品種 :シャルドネ100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :3000~3500本