ラ・ジブリオット


ラ・ジブリオットは、ジュヴレ・シャンベルタン最高峰に数えられる「クロード・デュガ」のネゴシアン部門です。父クロード氏の監修の下、氏の子供たちが手がけています。ファースト・ヴィンテージは2002年。AOCジュヴレ・シャンベルタンでは5生産者以上、シャルムなどの少量生産でも2生産者以上からの買い付け。もちろんどの生産者から買い付けているかは企業秘密。
目指すスタイルは、エレガントで深みのあるピノ・ノワール。
ジュヴレ・シャンベルタンは銘醸地として名高い産地ですが、その中にも上質のワインを造っていても日の目を浴びていない隠れた生産者がいます。ラ・ジブリオットは、彼らのワインの中から、その年最上の出来と感じたワインのみを購入し、熟成、瓶詰めして世に送り出しています。樽買い後のワインはドメーヌ・クロード・デュガと同じように瓶詰めまでの工程が行われます。
父クロード氏は「ジュヴレ・シャンベルタンにはいいワインを造っている造り手がまだまだいる。同じ村だからどんな畑仕事をしているかはわかっている。そうした無名の造り手が埋もれるのは惜しい。彼らを世に送り出したいから、ワインを買って詰めているんだ」と語ります。

以上輸入元資料より抜粋


ブルゴーニュワインTOPへ


ブルゴーニュ・ルージュ[2014]

ジュヴレ・シャンベルタン最高峰の生産者、クロード・デュガの子供たちが手がけるネゴシアン。その年最上の出来のワインのみを購入し、高品質なワインを生み出している。 
―以下リアルワインガイド55号より抜粋―
ジブリヨットは買いワインで造っているのでヴィンテージの強弱に品質が左右されやすい。で、この14年は良い方に振れた。柔らかくてきれいな黒赤果実香がとても魅力的。口に含むと味つきがメチャ良くて、ズバリマジに美味しい。近年でも1〜2位を争う美味しさだ。複雑性のある柔らかい果実味がふわっと拡がり、その味がふんわりとした液体にしっかり乗っている。豊かな味で柔らかく、何度も言うけどマジに美味しい。(今飲んで88+ ポテンシャル
89)
750ml   税込3888円

生産地:フランス・ブルゴーニュ地方
味のタイプ :赤・フルボディ
アルコール度:12,5%
ブドウ品種 :ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :
平均年間生産量 :11600本



ジュベレ・シャンベルタン[2005]

―以下リアルワインガイド18号より抜粋―
より深く、拡がりのある香りは黒と赤の果実に大地香。澄んでおり、透明感と奥行き感が出ていて、これは今までのヴィンテージには感じなかったもの。甘く、しっかりした味で、どこかタルトタタンの風味がある。フルーツが良く熟しているからだろうか。きめ細かく多量のタンニンがあり、今は液体が少しザラザラしているが、もちろんこれは時間が解決するもの。中域の味わいが主体で中庸のグリップ。(今飲んで88 ポテンシャル90)
750ml   税込5980円

生産地:フランス・ブルゴーニュ地方
味のタイプ :赤・フルボディ
アルコール度:13%
ブドウ品種 :ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :
平均年間生産量 :本


-----------------------------------------------------------------------------

ジュベレ・シャンベルタン1er[2005]

―以下リアルワインガイド18号より抜粋―
このワインは04年が始めての試飲だったが、この05年はかなり良い。もちろん値段次第ではあるけれど。前銘柄に比べ格段に熟した黒果実とチョコの香り。深く、複雑で、ミネラルの多いアロマが特徴的。とても充実した味わいは、甘く、黒ベリーで、モカで、おまけにトリュフまである。グリップもしっかりしており、中間のキメもある。余韻が長くないのが惜しいが、奥深い大地の風味にはこの生産者の進化をしかと感じた。(今飲んで90+ ポテンシャル92)
750ml   
税込10800円

生産地:フランス・ブルゴーニュ地方
味のタイプ :赤・フルボディ
アルコール度:13,5%
ブドウ品種 :ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :
平均年間生産量 :本