ドイツワインTOPへ


ケスター・ヴォルフ アルビガー・フンズコブフ シュペートブルグンダー QbA トロッケン[2014]

畑は貝殻を多く含む土壌のためミネラルが豊富で、除草剤は使用せず微生物を生かし収量を抑えた栽培、熟成は80%をステンレスタンクで、20%を樽で10ヶ月間行ないます(樽は1200Lの大樽で、50年使い続けているもの)。やや濃いルビー色、プラムや花を思わせる香りが広がり、エレガントな果実味と僅かに樽のニュアンスが感じられます。他国のピノ・ノワールと比較しても決して引けをとらない、デイリーなピノ・ノワールとしてコストパフォーマンスの高いワインです。
750ml   税込1890円

生産地:ドイツ、ラインヘッセン地方
味のタイプ : 赤・ミディアムボディ
アルコール度: 12,5%
ブドウ品種 :シュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)100%
平均樹齢 :15年
平均年間生産量 :12000本



ケスター・ヴォルフ シルヴァーナ・クラシック[2015]

シルヴァーナは、祖父の友人ゲオルグ・ショイが作った品種で、ヴォルフ家にとっては特別な品種です。品質の高いシルヴァーナのワインを生み出すために、温かい畑で収穫量を少なくして80〜90エクスレまで葡萄の糖度を高め、その葡萄を辛口に仕上げています。キレが良く、しっかりとした味わいの辛口ワインで、食中酒としてどんな料理にも合わせやすい味わいです。酸味がやさしく、フルーティな辛口のクラシックは特に和食によく合います。
750ml   税込1512円

生産地:ドイツ、ラインヘッセン地方
味のタイプ : 白・辛口
アルコール度: 12,5%
ブドウ品種 :シルヴァーナ100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :



ケスター・ヴォルフ
ヴァイサー・ブルグンダー QbA トロッケン[2010]


ヴァイサー・ブルグンダーは1982年にブルゴーニュに研修旅行に行った両親が植えた品種で、アルビガー・シュロス・ハマーシュタインの畑からのクラシックなトロッケンワイン。エレガントで、バランスが良く、典型的なほのかに甘いアロマを持っています。実はケスター・ヴォルフで最も売れているワインで、ポテトサラダ、ソーセージといったドイツ料理を美味しくしてくれること間違いなし!
750ml   税込1404円

生産地:ドイツ、ラインヘッセン地方
味のタイプ : 白・辛口
アルコール度: 12,5%
ブドウ品種 :ヴァイサー・ブルグンダー(ピノ・ブラン)100%
平均樹齢 :30年
平均年間生産量 :