ジェローム・ジュレ


ヴァランスとアヴィニヨンの中間、モンテリマールの街から西に20kmほど行ったところにジェローム ジュレのドメーヌはあります。アルデッシュ地方の南に位置するこの場所は、決して複雑なテロワールを備えた土地というわけではありませんが、当主ジェローム ジュレの手によって素晴らしいワインを生み出しています。実際、彼の仕事ぶりは目を見張るものがあります。秘境とも言うべき丘陵地帯を開拓してブドウ樹を植えて自らの畑としたり、清潔で荘厳な醸造所を自力で建築したり、自らの住居や新しい貯蔵庫も訪問するたびに増築されて進化していたりと、ともかく活力と積極性に満ちた人物なのです。

ジェローム ジュレ氏はかつて同地方の自然派ワイン生産者、ジル アゾーニ氏の下で研修をしており、この際に香り豊かでなめらかなアゾーニのワインに衝撃を受けて自然派ワインを志したと言います。その後、同じくこの地方のドメーヌ マゼルのジェラール ウストリック氏にも出会い、自然派ワインが何たるかを心に刻みます。もっとも彼の手がけるワインは、これら二人のスタイルとは異なります。多くのワインがピュアな自然派ワインの手法で醸造されながら、質感や香味は非常に安定しており還元的なニュアンスもあまり見られません。研修などを経て地元に戻った彼は、ブドウ栽培農家であった父親のいくらかの畑を引き継ぎ、組合にブドウを売る生活を始めます。その中でも、荒れた土地であった山間の畑を自らの手で開墾するなど栽培面積を広げていきます。自然派ワインの元詰めをめざしつつも、安定的に蔵の経営を行うためにも様々な可能性を模索します。自分の力で美味しい自然派ワインが造れるだろうか、そんな不安をも抱えつつ、2006年に組合から独立を果たし、ドメーヌ元詰めを開始します。

師事した二人の生産者もこの地の先鋭的存在ですが、ジェローム ジュレのワインからは、その二者とは異なる透明感、慎重さ、安定感、芯の強さ、優しさが備わっています。カリニャン、アリカンテ、シラー、グルナッシュ、メルロ、カベルネソーヴィニヨン、ユニブラン、ヴィオニエ、シャルドネなどなど様々な品種を栽培し、そのそれぞれでアルデッシュの常識を覆す高品質なワインを生み出し続けています。初ヴィンテージの2006年では、自然派ワインの手法で造ったのは「パ サ パ(一歩一歩慎重に)」と「アン ナヴァン ドゥトゥ(迷う前に迷ってないで)」の2キュヴェのみですが、とあるサロンでこれらのワインに出会った時にはすでに、「偉大さ」とは違うベクトルの「きらりと光るセンスの良さ」を備えており将来性をひしひしと感じました。2年目、3年目と経験を重ねるにつれ、伝統的手法で生産されていた他のキュヴェや品種のワインも自然酵母、ノンフィルタで造るようになり、そのラインナップはどんどんと広がっています。どのワインもテロワールだけ見れば決して恵まれた条件ではありませんが、丁寧に丁寧に、家を建てるのと同様の素晴らしいクリエイティビティで、魅力溢れる飲み心地のよいワインを造っています。

ある時、ジェロームに個人的に好きな生産者を尋ねてみました。

何事にも真摯な彼は、少し悩みつつ・・・

「ラングロールかな。」

確かに、ラングロールのなめらかな果実味と飲み心地は、彼のワインに通じる美点で納得させられます。今後経験を重ねることで、より洗練されたスムーズなワインへと進化していくことが期待されます。

以上輸入元資料より抜粋


新入荷ワインTOPへ

ローヌワインTOPへ


VdF リヴレ[2016]

コニャック等の蒸留酒にも用いられる品種ユニ・ブランで造られたワイン。元来酸味が強く個性が薄いとされる品種ですが、しっかりとブドウを熟させることでしっとりと落ち着いた旨味と野花のような優しい香りを引き出しています。熟したフルーツのトロピカルな風味にバターやナッツを思わせる香ばしさが少々。全体的に非常になめらかな味わいで、果実味もしっかりと感じられ、熟した旨味と色気の共存しています。2016年は抜栓直後に若干の還元香がありますが、グラスに移して数回のスワリングですぐに消える程度です。
750ml   税込2700円

生産地:フランス、ローヌ地方
味のタイプ : 白・辛口
アルコール度: 12%
ブドウ品種 :ユニ・ブラン100%
平均樹齢 : 年
平均年間生産量 : 本



VdF ラクロッシェ・クゥール[2016]

メルロとシラーのブレンドで造られる「ラクロッシェ・クゥール」は、2015年ヴィンテージから日本にも入荷するようになった新顔。凝縮した果実味と力強い骨格が特徴の品種だけに相当パワフルな味わいなのかと想像されそうですが、そこは流石のジェローム・ジュレ。濃密な果実味のなかにもしなやかさを感じさせる柔らかい口当たりで、タンニン分や熟度がしっかり感じながらも、優しさと気品を感じるバランスとなっています。男性的というよりはむしろ艷やかで女性的なスタイル、うっとりとするような飲み心地が魅力です。
750ml   税込2862円

生産地:フランス、ローヌ地方
味のタイプ :赤・ミディアムボディ
アルコール度:12,5%
ブドウ品種 :メルロー、シラー
平均樹齢 : 年
平均年間生産量 :



VdF ラブリ[2011]

ドメーヌに隣接する地区名から「ラブリ」と名付けられたワイン。ジャヴァと同じく除梗をせずにカベルネソーヴィニヨンの優しい一面を引き出すことに成功したワインです。樹齢は25年から30年で、複雑なテロワールを備えているわけでこそないものの、集中力のある焦点の定まった味わい。あくまでエレガントに仕上げられたワインで、カベルネソーヴィニヨンの従来のイメージを超えた洗練された味わいに仕上がっています。
750ml   税込2160円

生産地:フランス、ローヌ地方
味のタイプ :赤・ミディアムボディ
アルコール度:12%
ブドウ品種 :カベルネ・ソーヴィニョン100%
平均樹齢 :25〜30年
平均年間生産量 : 本