ジャン=マルク・ドレイヤー


オーナーのジャン・マルクは4代目。幼少の頃から父の畑仕事を手伝うのが大好きで、14歳にはすでにトラクターを運転していた。高校を卒業し会社勤めをしていたが、2000年25歳の時、父の定年が近づいたことを機に実家に戻る。農業開業責任者資格(BPREA)を取るためにオベルネ村の農業学校に3年間通い、同時に、以前から興味のあったビオディナミをパトリック・メイエのところで学んだ。2004年、完全に父の畑を引き継ぎドメーヌ・ジャン=マルク・ドレイヤーを立ち上げる。そして、6haあった父の畑をビオディナミに変える。立ち上げ当初はブドウ栽培の他にもジャガイモや古い昔の小麦、野菜なども並行して作り販売していた。また、ワインのボトル販売は地元や観光客のみで、大部分はネゴシアンが桶買いしていた。2009 年、パトリック・メイエの影響もあり、ピノノワールで最初のSO2無添加のワインをつくる。これを機にSO2無添加のワインに気持ちが傾いていったジャン・マルク。2013年、初めて全てのワインをSO2無添加で仕込む。2014年、並行して行っていた野菜販売をやめ、またネゴシアンに売るワインも大幅に減らし、SO2無添加ワイン造りに専念し現在に至る。
性格はとても温厚で信仰心の厚いジャン・マルク。現在、父の代に植えた樹齢平均50年を超すヴィエーユ・ヴ ィーニュの畑5haと彼が2010年に植樹した若樹の畑1haの計6haを父と2人で管理している。アルザスの生産者であるが、アルザス品種のアロマティックな特徴があまり好きではないという彼は、品種の香りの影響を少なくするためにワインの仕込みは主にスキンコンタクトを実践している。そのためアルザスの自然派ワイン生産者の中では「マセラシオンのワインを得意とするヴィニョロン」として名が通っている。彼のモットーは「ブドウ本来が持つエネルギーを壊さない!」こと。2500kmの行程を徒歩で巡礼するくらい敬虔なキリスト教徒である彼は、目に見えない神の力や奇跡を信じていて、ブドウのエネルギーを正しく良い方向に導けば、必ず素晴らしいワインが出来上がると信じている。ビオディナミを早くから取り入れたのも、ブドウ本来の持つポテンシャル(エネルギー)を引きだすという点で彼の考えと一致するところがあり、今はさらに均一になりがちな機械を使う作業を徐々に減らし、ブドウの木ひとつひとつの個性に向き合うために手で行う作業を増やしている。彼の趣味のひとつに散歩があるが、散歩と言っても、ただブドウ畑の中を歩いて何気なく佇むだけ。休日の日でも畑仕事が終わった後でも、夕飯を食べ終わった後に、ブドウと対話するためにぷらっと畑に出かける。そして、ブドウに耳を傾けることでブドウから出るエネルギーを静かに感じる…それが彼の趣味であり日課なのだそうだ。彼自身、もう今はほぼワインづくりだけに特化しているが、以前はブドウ以外に F1種からではない昔ながらの固定種からの野菜や穀物も作っていた。今でもその名残で、絶滅危惧にあるフランス原産の希少な昔の小麦の種を復活させるための活動を続けている。

以上輸入元資料より抜粋


新入荷ワインTOPへ

アルザスワインTOPへ


アルザス オーセリス[2018]

本邦初リリースとなるオーセリス。ジャン・マルクが初めてワインを輸出した相手が日本の「ヴァンクゥール」で、彼が感謝の意も込めて今回特別PBで仕込んでくれたのがこのオーセリス。キュヴェ名は二つの意味をかけていて、一つは「Aucellis」の頭文字「Au」とピノ・オーセロワの「Au」をかけて、また「Aucellis」はラテン語で「小さな鳥(petit oiseau)」という意味もあります。僅かにボラティルの効いた爽やかな味わいがあるので、彼はそれを「Petit Volatile(小さなボラティル)」と表現し「Volatile」は古いフランス語で「鳥」という意味があることから、それをラテン語にしてオーセリスと名づけました。彼自身はこのワインを、ドレイヤーの入り口ワインとして位置付けていますが、実際出来上がったワインは旨味の詰まった他のキュヴェに負けないポテンシャルと深みがあり、コストパフォーマンスが非常に高いです。また、名前に由来する「小さなボラティル」も味わいを全く邪魔せず、絶妙なアクセントとなりきれいに融合されています。
750ml
   税込2750円

生産地:フランス、アルザス地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:13,5%
ブドウ品種 :ピノ・オーセロワ100%
平均樹齢 :50年
平均年間生産量 : 本



アルザス シルヴァネール ジギ[2017]

マセラシオンではなく収穫したブドウを直接プレスし、クラシックな方法で仕込んだ辛口白ワイン。前回の2015年以来2回目のリリースとなるジギですが、ジャン・マルク曰く「2017年は収量に恵まれ、また日照りにより途中成熟にブレーキがかかった結果、ブドウにタイトな酸がしっかりと残った当たり年」とのこと。醸造は前回同様に熟成に2年かけ、さらにワインを安定させるために1年の瓶熟を経ています。出来上がったワインは、アルコール度数が13%あるのにphが3.01と低く、ヴィヴィッドで酸に締まりのあるタイトな味わいに仕上がっています。エキスがピュアでありながらも、しっかりとしたミネラルの旨味が感じられる今回のシギは、アクアパッツァなど魚介のダシの効いた料理や、少し熟成させたシェーヴルチーズなどと合わせてみたいワインです。
750ml
   税込3300円

生産地:フランス、アルザス地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:13%
ブドウ品種 :シルヴァネール100%
平均樹齢 :62年
平均年間生産量 : 本



アルザス リースリング アルジティス[2017]

今回初リリースとなるアルジティス。ブドウはリースリングのマセラシオン「オリジン」と同じ畑から。ジャン・マルク曰く「基本的にリースリングはマセラシオンで仕込むが、豊作の見込まれる年やブドウの熟し度合いがまちまちの年は、完熟したブドウをオリジン、熟しの足りないブドウをアルジティスと状況に応じて分けて仕込む」とのこと。アルジティスの特徴は、ウィヤージュを一切せずに2年間樽熟成させているところで、ジャン・マルク自身酸化傾向のワインが好きなことと、酸化させることで味わいが複雑になりワインも安定させることが出来るというメリットを生かして仕込んでいます。出来上がったワインは複雑で、酸化させている分フルーツの果実味よりもダシのような旨味が強調された味わいとなっていますが、思った以上にワインは酸化に引っ張られておらず、凝縮した旨味と強かな酸、緻密なミネラルの塩梅が絶妙。クセのあるワインですが美味。ちなみにワイン名はリースリングの昔の呼称で、旧ローマ帝国時代はリースリングを「Argitis Minor(アルジティ ス・ミノー)」と呼んでいたそう。
750ml
   税込3300円

生産地:フランス、アルザス地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:13%
ブドウ品種 :リースリング100%
平均樹齢 :41年
平均年間生産量 : 本



アルザス オーセロワ オリジン[2018]

ジャン・マルクの2回目のリリースとなるピノ・オーセロワのマセラシオン。ブドウはオーセリスと同じですが、マセラシオンのオリジンは酸よりも完熟度が必要なため、オーセリスよりも5日間遅く収穫。ジャン・マルク曰く「2018年のブドウは腐敗が一切なく完璧だったが、猛暑の影響なのか酵母に勢いがなく発酵が長引いた」とのこと。また、発酵途中にボラティル上昇のリスクもありましたが、冬に入り発酵もボラティルも一旦停止し、春に再び発酵が始まった時にはボラティルの勢いは収まり辛うじて難を逃れたとのこと。出来上がったワインは、ピノ・オーセロワとは思えないストラクチャーがありながら、前回より味わいがフルーティーかつスパイシーさも控えめでエレガントなワインに仕上がっています。鼻に抜ける金木犀のようなフレーバーと紅茶のような上品な渋味も心地よく、グラタンなどチーズを使った濃厚な料理、もしくは甘さ控えめなシフォンケーキなどとも相性がよさそう!
750ml
   税込3575円

生産地:フランス、アルザス地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:13%
ブドウ品種 :ピノ・オーセロワ100%
平均樹齢 :51〜61年
平均年間生産量 : 本



アルザス ピノ・グリ オリジン[2018]

今回初リリースとなるピノ・グリのマセラシオン。2017年も仕込んだのですが、ボラティルが上がりすぎたためリリースは見送りました。ブドウはピノグリ・ウェッグやピンク・ポンと同じ畑からで、ジャン・マルク曰く「ピノ・グリは気候に対してとても敏感で、同じ畑でもブドウの熟しがまちまちであることが多いため、ブドウの状態と収穫のタイミングに応じてウェッグ、ピンク・ポン、オリジンにするか決めている」とのこと。出来上がったワインはアルコール度数13%としっかりとしたボリュームがありながらも、味わいはみずみずしくジューシーでイチゴやフランボワーズのエキスを飲んでいるような、まるでジュラのプールサールを彷彿させる清涼感。また、染み入るような果実味とミネラル、タンニンで構成されるストラクチャーとのバランスが絶妙!
750ml
   税込3740円

生産地:フランス、アルザス地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:13%
ブドウ品種 :ピノ・グリ100%
平均樹齢 :23年
平均年間生産量 : 本



アルザス ピノ・ノワール エリオス[2018]

「アニグマ」がテロワールを表現した赤ワインに対し、この「エリオス」は気軽に飲めるヴァン・ド・ソワフをコンセプトに造られたワイン。前回はきっちりタンクを密閉しマセラシオンカルボニックで仕込みましたが、 2018年はどのブドウも豊作だったためタンクが足りず、急遽「Benne(ベン)」と呼ばれる蓋のない収獲用カーゴトレーラーを使用し「スミ・マセラシオン・カルボニック」で仕込むこととなりました。そんなバタバタした感じの中で醸造された「エリオス」ですが、官能的な赤い果実のハーモニーが絶妙なヴァン・ド・ソワフにきちんと仕上がっているところは流石。ちなみにキュヴェ名はギリシャ神話の太陽の神「Helios(ヘーリオス)」と風の神「Eole(エオール)」の2つの名前を掛け合わせ名付けており、まさに「太陽のように明るく風のように軽やかなワイン」という名前のコンセプトにふさわしい魅力あふれるワインです。
750ml
   税込3300円

生産地:フランス、アルザス地方
味のタイプ :赤・ミディアムボディ
アルコール度:12,5%
ブドウ品種 :ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :16〜36年
平均年間生産量 : 本



アルザス シルヴァネール オリジン[2018]

シルヴァネールはジャン・マルクの持つヴィエーユ・ヴィーニュの一つで、彼のお気に入りの品種でもあります。2018年はブドウが早熟で、かつてないほど収量に恵まれた年。しかし、ジャン・マルク曰く「醸造は発酵に勢いがなかったためボラティルの上がるリスクが常にあり、想像していた以上に難しかった」とのこと。結局発酵に3ヶ月を要しましたが、途中ボラティルも収まりつつ、最終的にしっかりと発酵を終わらせ完全辛口に仕上げることができました。出来上がったワインは、アルコール度数12%と優しくフルーティーで、鼻に抜ける桃のフレーバーが華やか。白い果実のエキスに溶け込むタンニンも優しく、まるで桃を皮ごと搾ったジュースを飲んでいるみたいな印象で、シルヴァネールのマセラシオンの美味しさがダイレクトに伝わるワインです。
750ml
   税込3465円

生産地:フランス、アルザス地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:12%
ブドウ品種 :シルヴァネール100%
平均樹齢 :63年
平均年間生産量 : 本



アルザス リースリング オリジン[2018]

2013年に初めて仕込んで以来、ジャン・マルクの顔でもあるリースリングのマセラシオン。キュヴェ名を「オリジン」にしたのは、元々大昔白ワインは赤と同じくマセラシオンをして仕込んでいたことから、「原点」と言う意味で名付けました。リースリングは2018年の収穫中で一番遅い9月28日で、発酵は一番長く7ヶ月を要しましたが、どうにか完全辛口に仕上げることができました。ワインは前年よりも味わいに落ち着きがあり、透明感のあるエキスの中に塩気のある凝縮した旨味、洗練されたミネラル、強かな酸、そしてキメの細かいタンニンがそれぞれ主張し、複雑な味わいを呈しています。ちなみにジャン・マルクが仲間のヴィニョロンにこのワインをブラインドで飲ませると、多くのヴィニョロンがジュラの白と勘違いするそうです。
750ml
   税込3795円

生産地:フランス、アルザス地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:12,5%
ブドウ品種 :リースリング100%
平均樹齢 :42年
平均年間生産量 : 本



アルザス ゲヴュルツトラミネール オリジン[2018]

品種的に繊細で花ぶるいや病気に遭いやすいゲヴュルツですが、2018 年は久々に開花が上手く行き、最終的に収量が65hl/hLと未だかつて経験したことのない量のブドウに恵まれました!醸造も2018年は全体的に白の発酵に勢いのない傾向の中、ゲヴュルツだけはボラティルの問題が一切なく、比較的早く順調に発酵を終わらせることができました。出来上がったワインはフルーティーでボリューム感があり、鼻に抜けるジンジャーや金木犀の香りがとても華やか。味わいにジンジャーのようなスパイシーな辛みがあるので、香辛料の効いた料理との相性が良さそうです。
750ml
   税込3960円

生産地:フランス、アルザス地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:13,5%
ブドウ品種 :ゲヴュルツトラミネール100%
平均樹齢 :51年
平均年間生産量 : 本



アルザス ピンク・ポン[2018]

今回2回目のリリースとなるピンク・ポン。2017年はピノ・グリとピノ・ノワールの熟すタイミングが異なったため別々に仕込み、熟成の時点でアッサンブラージュをする予定でしたが、あいにくピノ・グリがボラティル上昇によりお酢となってしまったのでリリースを断念。今回の2018年は熟すタイミングがほぼ同時期だったので、ブドウの時点でアッサンブラージュしています。また、前回の2016年は熟成に600Lの樽を使用しましたが、今回は量があったので18hLのフードルで熟成。出来上がったワインは、前回のようにチャーミングで薄ウマ系のピノ・ノワールの味わいは健在ながら、日照量に恵まれた2018年ということもあり、よりスパイシ ーに仕上がっています。ジャン・マルク曰く「ウォッシュ系のチーズ、特にモンドールやクリーミーなマンステールとの相性は抜群」とのこと。
750ml
   税込3672円

生産地:フランス、アルザス地方
味のタイプ :ロゼ・辛口
アルコール度:13%
ブドウ品種 :ピノ・ノワール50%、ピノ・グリ50%
平均樹齢 :30年
平均年間生産量 : 本



アルザス ピノ・ノワール アニグマ[2017]

「Anima(アニマ)」のピノ・ノワールに、ボジョレーのガメイを25%アッサンブラージュして仕込んだワインがこの「Anigma(アニグマ)」(マセラシオンの時点でアッサンブラージュ)。ガメイはボジョレーの新鋭「ラファエル・ベイサング」からで、出来上がったワインは艶やかかつ女性的で、梅鰹のような出汁の効いた官能的な味わい。ジャン・マルク曰く「Anima に今回ガメイを混ぜたのは、赤はピノ・ノワールしか認めないアルザスワインのステレオタイプな考えに、少し風穴を開けたいという好奇心から遊び心でチャレンジしてみた」とのこと。彼は今後もラファエル・ベイサングが許可する限り、ガメイをアッサンブラージュしてAnigmaを仕込む予定。ちなみにワイン名は、「Anima」に「Gamay」の「G」を加え、古代ギリシャの「Aniguma(なぞなぞと言う意味)」にかけているそうです。
750ml
   税込3740円

生産地:フランス、アルザス地方
味のタイプ :赤・ミディアムボディ
アルコール度:13%
ブドウ品種 :ピノ・ノワール75%、ガメイ25%
平均樹齢 :40年
平均年間生産量 : 本



アルザス フィステッラ[2016]

ロゼ(グリ)色のブドウ同士をアッサンブラージュし仕込んだマセラシオン・ワイン。キュヴェ名は巡礼地コンポステーラの最西端の地名で、「この世の果て=一度仕込んだら最後まで」という意味を込めて名付けられました。ブドウの収穫日はピノグリが10月5日、ゲヴュルツが10月14日で、収量は45 hL/ha。SO2無添加、ノンフィルターで仕込んでいます。ワインはライチ、シャクヤク、キンモクセイ、黄色いバラ、ジンジャー、シャンピニオン、鉄分の香り。フルーティかつほんのりスパイシーで、上品なエキスの旨味にパンジェンシーな優しいタンニンがきれいに溶け込みます。
750ml
   税込3672円

生産地:フランス、アルザス地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:13%
ブドウ品種 :ゲヴュルツトラミネール50%、ピノ・グリ50%
平均樹齢 :30年
平均年間生産量 : 本



アルザス ピノ・ノワール アニマ[2016]

キュヴェ名の「Anima」はラテン語の「生命」「魂」の意味で、キリスト教 では「大地の匂い」という意味もあるそうです。ピノ・ノワールはジャン・マルクが最初にSO2無添加で仕込んだワインで、いわば彼の魂ともいえるワイン。ブドウの収穫日は10月4日で、収量は45hL/ha。SO2無添加、ノンフィルターで仕上げています。ワインはグリオット、ドライイチジク、スミレ、ブラウンカルダモン、プラリネ、赤味噌の香り。滑らかで艶やかな果実が染み入るように優しく、ダシのような旨味とチャーミングな酸、繊細なタンニンとのバランスが絶妙です。
750ml
   税込3456円

生産地:フランス、アルザス地方
味のタイプ :赤・ミディアムボディ
アルコール度:12,5%
ブドウ品種 :ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :40年
平均年間生産量 : 本