土田酒造は上越新幹線「上毛高原駅」から車で40分ほどの緑豊かな場所にあります。明治40年、新潟出身の初代が隣町の沼田市に創業。平成4年区画整理により水質を最優先に考え川場村へ移転。平成20年杜氏であった土田祐士が六代目社長に就任、現在は41歳の土田社長と32歳の星野元希杜氏を中心に、主に「山廃(製造量の6~7割)」の新たな魅力を伝えるべく酒造りに取り組んでいます。(課税移出数量 約700石)


オススメの地酒TOPへ


誉国光(ほまれこっこう)
山廃特別純米 氷温生貯蔵


山廃はクセがあって通好みの酒。初心者には向かない・・という業界の通説を打破るべく醸したお酒。口当たりがソフトなのに、山廃らしいうまみやコクなど、味わいの幅広さを感じとることができます。原酒で15%だったものを、さらに飲みやすさを追求し14%に加水し、山廃でも軽いタッチで飲みやすいお酒に仕上がっています。「山廃はまだちょっと早いかな」と思っている日本酒入門者の方や、山廃に固定観念をもっている方には特にオススメ。蔵元曰く「山廃らしくないね!」と言われれば本望とのこと。
原料米
(麹)山田錦(掛)華吹雪
アルコール度
14,0~14,9%
精米歩合
60%
日本酒度
-3
酸度
2,1
アミノ酸度
1,2
720ml   税込1485円