フランツ・ソーモン


 ロワール地方トゥールから東側にロワール河とシェール河の間に広がる‘モンルイ’というアぺラシオンは1938年に認定され、シュナンブランで辛口から甘口までの白ワインを生産しております。日本ではあまり見かけないAOCですが、M.Jacky BLOTの出現から始まり、今は亡きStephane Cossaisをはじめ色んな生産者がこのAOCの認知度を高めてきました。
 そのモンルイの我々のセレクション‘フランツ・ソーモン’、2002年から始めた醸造家で、今ではDomaineだけの生産量では足りなく2009年からはネゴシアンの会社Un Saumon dans la Loire(アン・ソーモン・ダン・ラ・ロワール)を設立し、意欲的に活躍しております。無農薬の農法に興味が有り、やはりシュナンブランに挑戦したいと同じAOCを結果的に選びました。畑で無農薬の仕事はきりがありません。彼の畑は4haですが、オーナーが無農薬とは全く反対の農法を行っていたので、1年目は仕事がエンドレスな状態です。予算の関係もあり、最初から畑は購入できません。1haを購入し、残り3haは借りました。この3haも将来的に購入予定です。4haをたった1人で化学肥料から無農薬へ切り替える作業が大変なのがご想像頂けますでしょうか?本当に朝から晩まで畑とにらめっこです。このように沢山のエネルギーを頂いた畑から取れた葡萄は格別です。彼の畑は毎年毎年質の向上、間違い無しです。
 久しぶりに彼のモンルイを飲んだら、2002年当時のワインより、グッとグッと洗礼された素晴らしいワインになっております。私の中ではいつまでも若きフランツが印象的ですが、今ではもう大御所の仲間入り、Gregory Leclear氏もフランツの所で見習いとして働いてたことがあり、そういう若手醸造家を育てどんどん指導する立場に回っているのです。丁度脂の乗っている充分な経験を積んだ中堅醸造家。やはりこういうワインは是非リストに載せて頂きたいラインです。

以上輸入元資料より抜粋


ロワールワインTOPへ


ソーヴィニョン[2018]

フランツの「ネゴス」シリーズで、ボルドーとロワール、シェール近郊のソーヴィニヨン・ブランをステンレスタンクで発酵・熟成した白。透き通る麦わらの外観から、野生のハーブやパイナップルのふくよかな香りが拡がります。ピュアな喉越しに絶妙な果実と酸のバランスは、フランツの熟練の技を垣間見れる瞬間で、ナチュラルなジュースが心地の良い苦みを伴うアフターへと誘ってくれます。
750ml
    税込2090円

生産地:フランス
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:12,5%
ブドウ品種 :ソーヴィニョン・ブラン100%
平均樹齢 :35年
平均年間生産量 : 本



ヴァン・ド・フランツ[2017]

フランツのネゴスシリーズで、2017年はシュッドウエストのGersからビオロジックで栽培されたコロンバールとユニ・ブランを購入し、ロワールの自身のドメーヌで仕込みました。2品種を直接圧搾後、半分は木樽、半分はセメントタンクで発酵・熟成。ライトイエローの外観から、花の蜜やレモンのアロマ、柔和なテクスチャーが心地よくレモンシロップの果実感と酸、程良い苦みがアフターを整えてくれます。
750ml
    税込2160円

生産地:フランス
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:12,5%
ブドウ品種 :コロンバール50%、ユニ・ブラン50%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 : 本