ドメーヌ・モン


ドメーヌモンはドメーヌタカヒコの曽我貴彦氏の下で2年間栽培と醸造を研修した山中敦夫(ヤマナカ アツオ)が2016年春から独立し北海道余市郡余市町登町の標高50mに位置する約3ha(栽培面積は1.8ha)の畑で初年度にピノグリのみを2,200本植樹した小さな農園兼醸造所です。(2019年までにピノグリ5,000本〜6,000本植樹予定)
畑のある場所は15年以上耕作放棄されていたので白樺や松などが生え、森と化していました。そこをチェーンソーで1本1本切り倒し、枝を払い、運び出し、抜根して整地しました。畑は日当たりの良い東向きの傾斜地で水はけも良く、長年使われていなかったので農薬や除草剤、化学肥料などは残留しておらず、ミミズをはじめテントウ虫やクモ、バッタ、蟻など多様な生物が多く生息している畑です。
畑からは日本海とヒロツヴィンヤードが一望できる壮観な景色で、日の出から畑に陽が差し込み、風通しも良い恵まれた環境です。
この畑の前の持ち主だった飯野家は1897年(明治30年)に飯野鉄次郎が富山県からこの地に入植し4代続いた農家さんでした。傾斜地であるのでお米の栽培はできず、当時はトウモロコシやヒエ、アワ、馬のエサなどを栽培していたそうです。100年以上前に開墾した歴史ある畑を引き継ぐことができたことに感謝するとともに畑の歴史を途絶えさせぬように、日々、農作業に精進していきたいと考えています。
●ピノグリ
自園ピノグリの初収穫、醸造は2019年秋、初出荷は2020年春頃を予定しております。北海道余市の日本海側に位置する地理的優位性と冷涼な気候、水捌けのよい土壌が生み出す天の恵みに感謝し、日々の農作業に精魂込め、アルザスの高貴品種ピノグリが醸す日本らしい繊細なやさしいワインを目指します。※自園ワインができるまでは、上記ロゴのDmaine Montの「Dmaine」部分はなく「Mont」のみの表記になります。
●ロゴ
山中家の家紋をアレンジしたものです。実家が日本茶の小売業を営んでおり、家紋は「丸に三つ茶の実」です。茶の実の赤は太陽を、青は水を、緑は大地をイメージしております。

以上輸生産者資料より抜粋(一部の数値は2018年に変更しています)


新入荷ワインTOPへ

日本ワインTOPへ


※2020年7月9日(木)より販売開始!


「ドメーヌ・モン」さんのワイン販売につきましては、今回もルールを設けさせていただきましたので、以下ご参照下さい。
追記:8月3日より制限解除し、フリー販売になりました(スタンプ無しでも購入可能です)。

今回販売するのはシードルの「モンシー 2019」のみです。

ワインの価格は税込1980円で、本数制限はありません。

販売方法は店頭販売のみで、通信販売は承れませんのでご了承下さい(ご予約やお取り置き等も承れません)
また、今年からズル&転売の防止、常連のお客様優先の為、販売に際し「スタンプカード制」を採用することになりました(「スタンプカード」についてはトップページにてご確認下さい)。恐らくご希望の方全員に販売することは不可能なので、当店はスタンプをお持ちの方へ優先的に販売させて頂きますのでご了承下さい(一定期間過ぎても在庫が残っていれば、フリー販売する予定です)。

尚、残り在庫数のお問い合わせ等は御遠慮下さい(完売次第、その旨をこのページでもアップします)。
その他ご不明な点がありましたらメールにてお問い合わせ下さい(対応できる人間が1人しかおりませんので、電話でのお問い合わせはご遠慮下さい)。


店頭販売のみ
モンシー[2019]

「ドメーヌ モン」が醸造した「ードル」で「モンシー」です。余市町登地区にある「中井観光農園」さんと、「ドメーヌ・モン」の畑の目の前に広がる約4haのリンゴ園を持つ「森farm」さんが育てたリンゴを100%使用。品種構成は「ふじ」40%、「こうりん10%」、「むつ」10%、「ブラムリー」10%、その他30%(「しゅうよう」「北斗」「ハックナイン」など)。野生酵母にて自然発酵し、発酵から瓶詰まで亜硫酸は一切不使用。また、発酵由来の炭酸ガスも閉じ込められていますが、今回のシードルは微微微発泡くらいの弱めのガス圧です。2018ヴィンテージ同様に「ブラムリー」の割合が少ないため酸は優しめで、「ふじ」の割合が多いのでリンゴの蜜の甘い香りが前面に出ています。
750ml
   税込1980円

生産地:日本、北海道、余市町
味のタイプ :シードル・辛口
アルコール度:6,5%
リンゴ品種 :ふじ、こうりん、むつ、ブラムリーなど
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :5200本 



お一人様1本限定、店頭販売のみです
モンペ[2019]


「ドメーヌ モン」が醸造した「ペティアン」で「モンペ」。登地区の契約農家さんが育てたナイアガラが主体、野生酵母で自然発酵し亜硫酸不使用で瓶詰した、発酵由来の炭酸ガスが閉じ込められた微発泡ワインです。2019年の余市は生育ステージが例年より1週間から10日早く、通常糖度が上がりづらいナイアガラの糖度が18度を超えるものも多く、葡萄の房も小ぶりで良質だった為、今回はナイアガラ100%で醸造しています。醸し期間も昨年よりさらに長くすることにより、果皮の色と旨味が抽出されオレンジがかった色合いで、余韻も長くなっています。ナイアガラらしい華やかな香りは控えめで、オレンジやみかんの柑橘香と、マンゴーやパパイヤ、バナナのようなトロピカルな香りが特徴的。北海道らしい酸がありますが、口当たりもまろやかでお鍋や煮込み料理全般と好相性です。
亜硫酸を添加していない為、なるべく早くお召し上がりくださいますようお願いいたします。また無濾過、無清澄の為、若干濁っており、葡萄由来のオリが含まれておりますが自然のものなので安心してお飲みいただけます。できる限り14℃以下、少なくとも20℃以下で保存していただき、抜栓前にはしっかりと冷やして下さい。
750ml
   完売

生産地:日本、北海道、余市町
味のタイプ :微発泡白・辛口
アルコール度:8,5%
ブドウ品種 :ナイアガラ100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :約5000本