ドメーヌ・モン


ドメーヌモンはドメーヌタカヒコの曽我貴彦氏の下で2年間栽培と醸造を研修した山中敦夫(ヤマナカ アツオ)が2016年春から独立し北海道余市郡余市町登町の標高50mに位置する約3ha(栽培面積は1.8ha)の畑で初年度にピノグリのみを2,200本植樹した小さな農園兼醸造所です。(2019年までにピノグリ5,000本〜6,000本植樹予定)
畑のある場所は15年以上耕作放棄されていたので白樺や松などが生え、森と化していました。そこをチェーンソーで1本1本切り倒し、枝を払い、運び出し、抜根して整地しました。畑は日当たりの良い東向きの傾斜地で水はけも良く、長年使われていなかったので農薬や除草剤、化学肥料などは残留しておらず、ミミズをはじめテントウ虫やクモ、バッタ、蟻など多様な生物が多く生息している畑です。
畑からは日本海とヒロツヴィンヤードが一望できる壮観な景色で、日の出から畑に陽が差し込み、風通しも良い恵まれた環境です。
この畑の前の持ち主だった飯野家は1897年(明治30年)に飯野鉄次郎が富山県からこの地に入植し4代続いた農家さんでした。傾斜地であるのでお米の栽培はできず、当時はトウモロコシやヒエ、アワ、馬のエサなどを栽培していたそうです。100年以上前に開墾した歴史ある畑を引き継ぐことができたことに感謝するとともに畑の歴史を途絶えさせぬように、日々、農作業に精進していきたいと考えています。
●ピノグリ
自園ピノグリの初収穫、醸造は2019年秋、初出荷は2020年春頃を予定しております。北海道余市の日本海側に位置する地理的優位性と冷涼な気候、水捌けのよい土壌が生み出す天の恵みに感謝し、日々の農作業に精魂込め、アルザスの高貴品種ピノグリが醸す日本らしい繊細なやさしいワインを目指します。※自園ワインができるまでは、上記ロゴのDmaine Montの「Dmaine」部分はなく「Mont」のみの表記になります。
●ロゴ
山中家の家紋をアレンジしたものです。実家が日本茶の小売業を営んでおり、家紋は「丸に三つ茶の実」です。茶の実の赤は太陽を、青は水を、緑は大地をイメージしております。

以上輸生産者資料より抜粋(一部の数値は2018年に変更しています)


日本ワインTOPへ


※2018年8月21日(火)17時より販売開始!


ドメーヌ・モンさんのワイン販売につきましては、なるべく多くの方にご購入いただけるように、今回もルールを設けさせていただきましたので、以下ご参照下さい。
今回販売するの6月にリリースされた「モンシー 2017」のみです。

ワインの価格は税込1836円で、本数はお一人様1本限定とさせていただきます(ズルはしないでね)。

また、販売方法は店頭販売のみで通信販売は承れません(お近くに取扱い店が無いという方には申し訳ありませんが、まずは普段ご愛顧いただいている地元のお客様を優先させていただきたいです)。

ご予約やお取り置き等は承れませんのでご了承下さい。
恐らくご希望の方全員に販売することは不可能なので、当店は先着順とさせていただきます。
でも、お互い悲しい気持ちにはなりたくないので、事故などにはくれぐれもご注意下さいませ。

尚、残り在庫数のお問い合わせ等は御遠慮下さい(完売次第、その旨をこのページでもアップします)。

その他ご不明な点がありましたらメールにてお問い合わせ下さい(対応できる人間が1人しかおりませんので、なるべく電話でのお問い合わせはご遠慮下さい)。


お一人様1本限定、店頭販売のみです
モンシー[2017]


―以下生産者資料より抜粋―
「Domaine Montが醸造したCiderでMont-C(モンシー)です」
ドメーヌの位置する余市町登地区にある中井観光農園さんが育てた林檎100%(ふじ40%、こうりん20%、ブラムリー20&、他20%「北斗、しゅうよう、あいかの香り、ジョナゴールド、ハックナイン」)を使用し、野生酵母にて自然発酵。亜硫酸は発酵から瓶詰めまで一切使用しておりません。また発酵由来の炭酸ガスも閉じ込められており微発泡性です。
 少し野性的な香りと余市産ブラムリー由来のフレッシュな酸、林檎の蜜っぽさ、スッキリとした爽やかな後味が特徴のシードルです。これからの暑い季節、特にBBQには欠かせない1本としてご案内下さい。
 亜硫酸を添加していない為、なるべく早くお召し上がりくださいますようお願いいたします。また無濾過、無清澄の為、若干濁っておりますが自然のものなので安心してお飲みいただけます。できる限り14℃以下、少なくとも20℃以下で保存していただき、抜栓前にはしっかりと冷やして下さい。
750ml
   完売

生産地:日本、北海道、余市町
味のタイプ :シードル・やや辛口
アルコール度:8%
リンゴ品種 :ふじ40%、こうりん20%、ブラムリー20%、その他20%(北斗、しゅうよう、あいかの香り、ジョナゴールド、ハックナイン)
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :4000本 



お一人様1本限定、店頭販売のみです
モンペ[2017]


―以下生産者資料より抜粋―
「ドメーヌ モンが醸造したティアンでモンペです」
自園のワインができるまではドメーヌの位置する登地区の契約農家さんが育てたナイアガラを主体とした微発泡の白ワインを醸造し販売していきます。
自園ピノグリのワイン(2020年春頃初リリース予定)以外はエチケットの下部に「Dmaine」の部分はなく「Mont」のみが表記されます。
今回販売するMonpe(モンペ)2017はナイアガラ94%、バッカス6%を混醸してます。葡萄は全て余市町登地区で栽培されたもののみを原料にしており、野生酵母にて自然発酵しています。亜硫酸は一切使用しておりません。また発酵由来の炭酸ガスも閉じ込められており微発泡性です。
ナイアガラは2〜4週間かもし発酵してあります。また2017は約10%ほどレッドナイアガラという赤い果皮のナイアガラ(香りも味もナイアガラとほぼ同じ。少しだけ糖度が高め)を混醸しています。そのためMonpe2016よりもややオレンジ色〜うすいロゼ色がかっております。ナイアガラらしい華やかな香りの下に白桃のような香り、ミカンなどの柑橘系の香り、少しハーブのような香りが感じられます。程よい酸と優しい口当たり、余韻は短めですが旨味も感じられホームパーティーなどで気軽に楽しめるワインに仕上がりました。ラム肉や生魚などの少しクセのある食材とも合いますのでお試しください。オリは2016より少ないです。
亜硫酸を添加していない為、なるべく早くお召し上がりくださいますようお願いいたします。また無濾過、無清澄の為、若干濁っており、葡萄由来のオリが含まれておりますが自然のものなので安心してお飲みいただけます。できる限り14℃以下、少なくとも20℃以下で保存していただき、抜栓前にはしっかりと冷やして下さい。
750ml
   完売

生産地:日本、北海道、余市町
味のタイプ :微発泡白・やや辛口
アルコール度:8,5%
ブドウ品種 :ナイアガラ94%、バッカス6%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :4300本