ドゥニ・ベルトー


ドメーヌ・ベルトーはマルサネ村とジュヴレ・シャンベルタン村に挟まれたフィサン村を本拠地に7世代続くドメーヌです。
その歴史は19世紀の終わり、数ヘクタールのフィサンから始まりました。1974年、ヴァンサンとドゥニ兄弟がベルトーを相続し、フィサン、フィサン1級の畑を拡大していきました。
2013年、ヴォーヌ・ロマネ村のドメーヌ・フランソワ・ジェルベを母に持つアメリー・ベルトーがボルドー、ニュージーランドでの研修を終え、7代目当主に就任しました。母方のドメーヌ・ジェルベから一部の畑を相続しベルトー・ジェルベ(Berthaut-Gerbet)名義としてドメーヌ・ベルトーのラインナップに加えました。今日ではフィサンを中心にジュヴレ・シャンベルタン、ヴォーヌ・ロマネなど全て合わせて13ヘクタールの畑を所有しています。生産するワインの90%は赤ワインですが、フィサンの一部の区画にシャルドネを植樹しています。(2014年ヴィンテージよりリリース予定)

栽培:ブドウは、ビオロジックの考えに基づいた理性的な方法で栽培します。テロワールを尊重した安定した土壌のもとで栽培されています。殺虫剤の使用は制限を設け、土には、化学薬品を使っていません。除葉、グリーンハーヴェストによりブドウの成熟が最適になるように風通しを良くしています。

醸造:厳しい選果の後、最小限の手数でコンクリートタンクで発酵させます。約5日間の低温マセラシオン。天然酵母で発酵。1日2回のルモンタージュ、発酵の最終段階でピジャージュして優しく抽出。約5日間のポスト・マセラシオン(発酵後浸漬)。ほぼ全てのワインは1,500〜3,000リットルの大樽(フードル)でマロラクティック発酵。春に樽に移します。新樽はほとんど使用せず、最大で24か月と比較的長い熟成期間を要します。

以上輸入元資料より抜粋


ブルゴーニュワインTOPへ


フィサン[2013]

樹齢 10〜50年の複数区画のアッサンブラージュで造られる、ドメーヌの看板ワイン。
―以下リアルワインガイド51号より抜粋―
以前父親のこのワインを何種か飲んだことがあるが、かなり別物と言える。父のワインはクラシックな造りで、若い内は硬くて頑固な酒質だった。それがアメリーに代わってとことんエレガントになっている。フィサンというACの個性は残しながら、ひたすら優しくてエレガント。そして味にはしっかり芯があり、また、フィサンならではの力ときめ細かいタンニンも存在する。しっかりキッチリ美味しい、新しいフィサンの誕生だ。(今飲んで88 ポテンシャル89)
750ml   税込4212円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ : 赤・ミディアムボディ
アルコール度: 13%
ブドウ品種 :ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :30年
平均年間生産量 :3000本