「大七」 ㈱大七酒造(福島県)



徳川の代、1643年に白河から移封された丹羽光重が初代二本松藩主となり、現在の二本松市の原形をつくりあげました。「大七」は1752年、初代太田七右衛門によって二本松城下に創業し、その後250余年の伝統を守り続けています。1910年に速醸モトが発明されて急速に広まり、全国のほとんどの蔵元が生もとから転換していきました。 しかし8代目七右衛門は自分の理想とする酒の実現のために生モト造りを続け、長年の努力の末、最近はその味わい深さが見直されています。2004年9月には創業250年を記念して、赤煉瓦造りの瀟洒な新酒蔵に生まれ変わりました。


新入荷日本酒TOPへ

オススメの地酒TOPへ


大七 純米生もと生原酒

きめ細かくクリーミーな味わいとバナナ様の上品な香り。お米のふくよかな旨味があり、純米生酛ならではの力強い酸味が豊かな味わいの骨格をしっかりと支えています。爽やかな後味でキレも良く、大七らしいしっかりとした旨味がありながら夏向きで軽やか。完成度の高い生原酒です。
原料米
五百万石、その他国産米
アルコール度
17,0~17,9%
精米歩合
扁平精米
(麹65%、掛:69%)
日本酒度
+1,5
酸度
2,2
アミノ酸度
1,1
720ml     税込1620円



大七 純米生もと 寒おろし

生もとながらも繊細で綺麗な酒質のなめらかな味わいのお酒を11ヶ月間熟成。生もとらしい穏やかな深みが更に増し、旨味がのって現在飲み頃を迎えています。出汁のきいた軍鶏鍋や、白菜とベーコンのクリーム煮など、優しいコクのあるお料理と好相性です。冷からぬる燗まで、お好みの温度帯でお楽しみ下さい。
原料米
五百万石他
アルコール度
15,0~15,9%
精米歩合
69%、65%(扁平精米)
日本酒度
+1
酸度
1,2
アミノ酸度
1,0
720ml     税込1471円



大七 木桶仕込み生もと純米酒 楽天命

大七が半世紀ぶりに復活させた木桶仕込みの生酛純米酒。原点に回帰した“造る歓び”を込めて、天命を楽しむ「楽天命」と名付けました。木桶仕込みは、微生物が木を介して呼吸をしたり、木肌に棲みついたりすることから、木桶特有のなめらかで澄みきった豊麗な酒質が生まれます。その木桶を使用し、自社耕作田「無天田」で蔵人達が愛情込めて有機栽培した「五百万石」100%で仕込んだ渾身の純米酒。吟醸もどきの純米ではなく、純米らしい奥深い旨味がしっかり堪能できます。
※2007醸造年度産は720mlで744本のみの瓶詰め
原料米
五百万石100%
アルコール度
15,0~15,9%
精米歩合
65%(扁平精米)
日本酒度
±0
酸度
1,5
アミノ酸度
1,2
720ml     税込3240円



大七 雪しぼり 本醸造生原酒

通常は1年以上熟成させてから出荷する大七のお酒の中で唯一の新酒。しかし新酒ながら練り上げられた密度の濃さに、生もとならではの風格も感じられます。酸味のあるフレッシュな旨味が口中に広がり、米アルコールを使用したことによりフルボディの深いコクもあることから、脂ののった新鮮な魚介の刺身(ブリ、ハマチなど)とは相性抜群!新聞紙等に包んで光を遮断し、冷蔵庫で数ヶ月間冷蔵貯蔵していただきますと、より豊醇さ、甘やかさが増してきます。
原料米
五百万石等
アルコール度
18,0~18,9%
精米歩合
69%(扁平精米)
日本酒度
±0
酸度
1,5
アミノ酸度
1,2
720ml     税込1512円



大七 雪しぼり にごり酒 本醸造生貯蔵

正統的な生もと造りならではの優れた発酵力を生かし、瓶内2次発酵させた本醸造生貯蔵の微発泡性うすにごり。果実のような上質な甘味、ピリッとした炭酸ガスが爽やかな酒質は、旬の野菜の天ぷら、シシャモやワカサギのフライ等の料理だけでなくフルーツ等とも好相性で、食前酒にもピッタリです。
原料米
五百万石等
アルコール度
14,5%
精米歩合
69%(扁平精米)
日本酒度
-2
酸度
1,9
アミノ酸度
0,6
720ml     税込1404円



大七 純米吟醸 常温熟成

瓶貯蔵で低温管理することが一般とされる吟醸酒ですが、この商品はあえて常温タンク貯蔵。それでも大七の“生もと造り”のお酒はダレることなく、包み込むような大らかな熟成を見せてくれます。“生もと”一筋の大七ならではの限定酒です。
原料米
山田錦、五百万石
アルコール度
16,0~16,9%
精米歩合
58%(超扁平精米)
日本酒度
+2
酸度
1,4
アミノ酸度
1,0
720ml   税込2300円



蔵元の隠し酒
大七 不倒翁 生モト純米古酒


「不倒翁」は、起上がり小法師の異称です。倒しても倒しても、また起き上がる生命力を、上質な野性味たっぷりのこの特別なお酒に重ねました。他のいっさいの酒の影を薄くしてしまうほど個性的なこのお酒は、たったひとタンクのみの限定品。実は、平成20年産の大七が誇る純米生酛造りの特異な古酒を、大切に見守り熟成させてきた逸品です。長い歳月を経て豊熟した黄金色の雫には、旨みがぎっしりと詰まっています。お燗で頂くと、体中に滋味が染み渡り、体の芯に暖かい火が燃えるようです。
原料米
アルコール度
15~16%
精米歩合
69%(扁平精米)
日本酒度
酸度
アミノ酸度
720ml   税込1728円



「dancyu」選定「日本一美味しいお燗酒」!
大七 生モト純米


全生産量の9割が「生モト造り」という大七の代表名酒。原料米「五百万石」のしっとりとした旨味がのり、1年間の熟成により豊かなコクと旨味・酸味が完全に解け合い、後味のキレも良し。燗をつけることにより更に全ての要素が花開きふくよかになり、正に染み入るような美味さに昇華。「生もと造りの決定版」にして「永遠の定番」です。
原料米
五百万石
アルコール度
15~16%
精米歩合
(扁平精米)%
日本酒度
+3
酸度
1,6
アミノ酸度
1,2
 720ml   税込1375円
1800ml   税込2749円



大七 生モト純米 CLASSIC 

純米生モトファンならこの一本。蔵元自ら「大七の生もと造りのひとつの到達点」と語る、より濃醇に奥深く造られた「マニア向け」美酒。古き良き伝統に敬意を表し、味わい深い酒、濃醇で力強く、それでいて洗練された清々しい後味の酒を追求し、通常の倍の2年~2年半の熟成期間を経て完成した酒は、そのままでも充分美味しいですがお燗の美味しさは絶品!
原料米
五百万石
アルコール度
15~16%
精米歩合
(超扁平精米)%
日本酒度
+3
酸度
1,6
アミノ酸度
1,5
 720ml   税込1450円
1800ml   税込2900円



大七 皆伝 生モト純米吟醸

この蔵の吟醸酒は超偏平精米で雑味を徹底的に取り除き、基本はあくまでも“吟醸酒”に置きながら、“生もと純米酒”らしい豊饒感、熟成感もあって、冷酒もお燗もと、飲み方の許容度も幅広く持っています。料理との相性も、繊細な前菜からヘビーなメイン・ディッシュまで、1本でまかなえるようなオールマイティーさで、蔵元曰く「もしも無人島に1本だけ日本酒を持っていくことが許されるとしたら「皆伝」は有力な候補である」と言うほど完成度高し!
原料米
五百万石
アルコール度
15~16%
精米歩合
(扁平精米)%
日本酒度
+2
酸度
1,4
アミノ酸度
1,2
 720ml   税込2700円
1800ml
   税込5400円



日本酒サービス研究会選定
「冷やして飲みたいお酒ベスト1」
大七 箕輪門 生モト純米大吟醸


山田錦を超扁平精米技術で精一杯磨き上げた、日本初「生もと造りの純米大吟醸酒」。超扁平精米に取り組みはじめて3年目にして完成した、この米の蒸し上がりの白さは、まさにもう一皮剥けたようだと杜氏が感動したほどです。従来の大吟醸米にも残っていた雑味成分が一掃されて、かつてない洗練度、なめらかで絹のような舌触りと緻密な酸味、解き放たれたような芳しく上品な香りを実現!
原料米
山田錦
アルコール度
15~16%
精米歩合
(扁平精米)%
日本酒度
+2
酸度
1,3
アミノ酸度
1,1
 720ml   税込3927円
1800ml   税込8640円



220本限定!
大七 古皆伝


改装前の酒蔵で造られた最後の生モト純米吟醸「皆伝」の5年もの。永年蔵に棲み付いていた微生物が生み出した味わいの、見事な円熟具合が楽しめます。蔵元の隠し酒の為、派手な化粧箱もバーコードも無い超限定酒。二度と再び出会うことの出来ない一期一会の名酒です。
原料米
五百万石(福島県)
アルコール度
15,0~15,9%
精米歩合
扁平精米58%
日本酒度
+2
酸度
1,5
アミノ酸度
1,5
720ml    税込4200円