シリル・アロンソ

自分で畑を持たない‘ネゴシアン醸造家’
アロンソは、全く新しいタイプの生産者と言えます。彼自身では一切ブドウ畑を所有せず、それを逆手にとって優秀な栽培家とタッグを組み、優れた畑の優れたブドウを入手し、アロンソ流の醸造哲学でワインを造り上げています。このことは複数の優れた栽培家の最高のブドウだけを使用し、経験に裏打ちされた独自の醸造方法で最高のワインを生み出すことが出来ると言うことです。「良い畑があれば、自分はどこでもワインが造れる」と自身の利点を語っていますが、より良いワインを生み出すため、本拠地ボージョレ・マコネーから半径25km以内の地域に限定しています。ボージョレには昔からブドウを育てる事だけに専念する「ブドウ栽培家」がいます。彼らは醸造をしないためひたすら畑でブドウの栽培に力を費やすのです。おのずと質のいいブドウを確保しやすいエリアであるということに着眼したアロンソ。しかしただ出来たブドウを買取るだけではなく、栽培の仕方、収穫の時期、収穫のやり方を細かく注文できる契約になっています。だから最後までブドウの品質を自分の目で確認できるのです。天候が悪く、日が当たらないなど、急な天候の変化に対応するために素早い対応が必要なときなども、このシステムは質のいいブドウを手にでき非常に有利に働くのです。

マルセル・ラピエールに背中を押された直弟子
リヨンで生まれたアロンソは、まずモンペリエの大学でワイン醸造を学び、ボーヌでエノローグの資格を取得、その後ソムリエとしてワイン販売の経験を積みました。醸造家としての始まりは、スイス、ジュネーヴ近郊のドメーヌ・ヴィーニュ・ブランシュ。そこで数多くのブドウ品種の醸造を経験しました。次いでサヴォア地方ビュジェのドメーヌ・デ・ヴィーニュ・ウーヴリエに移り、寒冷地でブドウ栽培はとても厳しい場所でしたが、ここで多くの自然派生産者と親交を結びワイン造りに対する考え方を確立しました。その後、現在の本拠地ボージョレに戻り、ラピエールに独立を勧められ会社設立まで絶大な支援を得たのです。この地でラピエールとのコラボで造り上げたサヴォアで人気の「ビュジェセルドン」と同タイプのやや甘口のロゼペティアン「?」マークの「ポワン・アンテロガシオン」により自然派ワイン界で大きく知られる存在となったのです。

ストイックなまでの自然へのこだわり
醸造の哲学は、自然派ワインの生みの親「ジュール・ショーヴェ」から受け継いだ昔ながらの自然な醸造そのものです。その土地のテロワールを最大限表現するため、自然農法で育てられた健全なブドウのみを収穫し、除梗せずに発酵槽に入れます。その時も不要な圧力がブドウにかかるのを避けるためベルトコンベアを使い重力だけで落とすというやりかた。そして自生酵母だけの力でSO2(酸化防止剤)等の添加物を一切使用せずにゆっくり醸造します。そしてブドウ本来の旨みを残すためノンフィルター(無濾過)ノンコラージュ(無清澄)で瓶詰めします。出来上がったワインの状況を見定め、必要があれば最小限・極微量のSO2を瓶詰め時に加える場合があります。「環境や条件によって柔軟に仕事の進め方を変えつつ、より良いものを・・」長年の経験と多くの優れた栽培家との深い信頼関係に培われたアロンソが生み出す「とっておきのヴァン・ナチュール」なのです。

徹底的に自然派=PUR
彼は、このPURというブランドに今までの集大成とも言える熱意を注いでおり、このPURラベルはアロンソのものであり→健全なブドウを使っている→絶対美味しくて、絶対安心なワインである、という一連の思いを飲む人全てにもって欲しいと、強い意識付けをゴールに設定しています。 つまり、例えば私たちがABマークを見て「これは科学的なものを使わないブドウから造られたワインなんだ、然るべき機関で与えられている認証なんだから間違いない」と無条件 に安心を手にするように、彼はこのPURがそれと同じような、あるいは、それを越える安心、そして「絶対的な美味しさ」をこの3文字に重ねたのです。これが彼の答えでした。

以上輸入元資料より抜粋


 

ブルゴーニュワインTOPへ

ローヌワインTOPへ


PUR ボージョレ・ヴィラージュ[2014]

ボージョレ自然派の申し子シリル・アロンソが展開するPURシリーズのボージョレ・ヴィラージュ。「花崗岩土壌に植わるガメイをブルゴーニュのピノ・ノワールのようにエレガントかつ凝縮感のあるスタイルに仕上げたい!」との想いで全て除梗し、マセラシオン・カルボニックをせず通常の醸しを行い、SO2無添加で瓶詰め。繊細なフィネスと透明感のある旨味が絶妙の味わい。

750ml  特価ワイン 税込1620円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :赤・ミディアムボディ
アルコール度:11,5%
ブドウ品種 :ガメイ100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :本



PUR セ・フィニ[2014]

ボージョレ自然派の申し子アロンソが展開するPURシリーズ。こちらの畑は樹齢80年のガメイですが、収量が20hl/haに満たなくなったため、残念なことに2014年12月に全て引き抜かれてしまいました。したがってこのワインがこの畑のこの樹から生まれるラストヴィンテージということになるので「C'fini=セ・フィニ=おしまい」と名付けました。またエチケットにもPURの2人が80歳になった時をイメージして描かれた絵が使われています。古木らしい落ち着きと、土の中のミネラルを最大限に取り込んだエネルギーを感じるワインに仕上がっています。
750ml   税込2700円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :赤・ミディアムボディ
アルコール度:12%
ブドウ品種 :ガメイ100%
平均樹齢 :80年
平均年間生産量 :本



PUR ボージョレ[2013]

ボージョレ自然派の申し子アロンソが展開するPURシリーズのボージョレ。標高500mの畑で採れたブドウを、マルセルラピエール直伝のセミマセラシオンカルボニックで醸し、雑味を出さずにブドウの旨みのみをうまく抽出。そこからSO2の添加は一切行わず、ノンフィルター・ノンコラージュで仕上げる安心のシリルスタイルで仕上げました。やはり本拠地、本職のガメイはお手のものです。熟れたイチゴや腐葉土の香りに標高の高さからくるエレガントさ。きめが細かいタンニンと口の中でエアリーに広がるベリー系の味わいが心地よいガメイです。
750ml   税込2106円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :赤・ミディアムボディ
アルコール度:11,26%
ブドウ品種 :ガメイ100%
平均樹齢 :35年
平均年間生産量 :本



PUR ヴィオニエ[2012]

シリル・アロンソは当たり前のワインは造りません。こちらは自然な栽培・醸造で造るヴィオニエ100%のワイン。ヴィオニエ品種は本来北ローヌで栽培されていて、この南ローヌではブレンド用品種として混植でわずかに栽培されるのみ。ヴィオニエは葡萄皮が大変薄く、僅かな刺激で皮が破けてしまい、そこから腐敗が始まる栽培がかなり難しい品種です。また栽培面積が狭く、その上収穫量が極端に少ないので、北ローヌのヴィオニエは希少価値があり異常に高い価格で販売されています。その点この南ローヌは土地代も安く、夏は乾燥しており8月に病気が発生することが少ない地方なので、ヴィオニエを完璧に熟すことができるのです。2012年は天候が白ワインにとっては都合がよい年で、太陽が強すぎることがなく葡萄の生育がゆっくり進んでいき、結果葡萄がよく熟しながらも酸を残すことができました。白い花やアブリコットの香り、力強いアタックの後に上品さがジワーと広がります。また、ミネラルからくる潮っぽい旨味で和食との相性も抜群です。
750ml   税込2916円

生産地:フランス、ローヌ地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:13,5%
ブドウ品種 :ヴィオニエ100%
平均樹齢 :15〜20年
平均年間生産量 :本



PUR ラ・ブル・ガメイ[2012]

ボージョレ自然派の申し子シリル・アロンソが、マルセル・ラピエールと協力して造り上げた「?」マークのロゼペティアン「ポワン・アンテロガシオン」。アロンソはこの1本で自然派ワイン界で大きく知られる存在となったと言っても過言ではありません。前回のヴィンテージはその「?」マークのロゼペティアン「ポワン・アンテロガシオン」の復刻版という形でしたが、今ヴィンテージはその当時の想いはそのままに、ロゼの泡風呂に女性がリラックスしながら入っているというなんともセクシーかつリラクシンなエチケットで登場です。味わいもエチケットのイメージそのままに、肩肘張らずにスルスルと飲めるアルコール度数7%で、「?」よりも残糖を半分位に抑えた若干辛口なペティアンに仕上がっています。女性やワインの初心者にもオススメです!
750ml   税込2484円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :泡ロゼ・やや辛口
アルコール度:7%
ブドウ品種 :ガメイ100%
平均樹齢 :40年
平均年間生産量 :本



PUR ポワン・ダンテロガシオン[NV]

ボージョレ自然派の申し子シリル・アロンソが、マルセル・ラピエールと協力して造り上げた「?」マークのロゼペティアン「ポワン・アンテロガシオン」は、あまりにも有名で、この1本で自然派ワイン界で大きく知られる存在となったと言っても過言ではない。そんな伝説の「ポワン・アンテロガシオン」が再び皆様の前にお目見えです!!バランスの良さを追求し醸造を行ったシリル・アロンソの自信作。いちごや青りんごのようなフレッシュな香りに残糖少なめのやさしい甘さを残す美しいロゼペティアン。クー・ド・クールより、少し残糖を少なくし、アルコール度数が若干高めのすっきりした味わいです。
750ml   税込2350円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :泡ロゼ・やや甘口
アルコール度:8%
ブドウ品種 :ガメイ100%
平均樹齢 :40年
平均年間生産量 :本



PUR クー・ド・クール[NV(2010)]

自然派ワインの生みの親、ジュール・ショーベ氏の再来と囁かれるシリル・アロンゾ。畑を所有せず優れた栽培家とタッグを組み、良質なヴァンナチュレルを造り上げるのがアロンゾ流です。すぐに畑に飛んでいけるよう行動範囲をボージョレ地区半径10キロに設定し、栽培者や醸造元とも深い関係性を築きながらワイン造りをおこないます。タイトルにある「PUR」は、絶対的な安心とおいしさを追求する彼の新しいブランド。この「クー・ド・クール」はビオロジック栽培のガメイ種をセメントタンクで低温発酵したあと瓶内二次発酵させ、残糖とガスのバランスを見極めデコルジュマン(澱抜き)しました。ワインの色調はブドウ圧搾時に出るジュースと全く一緒で、新鮮なブドウジュースの魅惑の香り漂うブドウジュースとワインの間のペティアン。いきいきとした気泡が奏でるリズムと爽やかで優しい甘さが魅力的な癒し系ヴァンナチュレルです。彼の伝説のワイン『?(ポワン・アンテロガシオン)』の再来…いえいえ、それ以上の仕上がりなのは間違いありません。
750ml   税込2350円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :泡ロゼ・やや甘口
アルコール度:7%
ブドウ品種 :ガメイ100%
平均樹齢 :40年
平均年間生産量 :本