ル・クロ・デュ・テュ=ブッフ


ル・クロ・デュ・テュ・ブッフは、歴史をひも解けば、中世の頃レ・モンティル村にすでにあった6haほどの畑にまで遡る。テュ・ブッフのワインは、当時のフランソワ1世と女王クロードのお気に入りのワインで、その高い評価はヘンリー3世の時代の文献にも残されている。その畑を、1990年ジャン・マリーが引き継ぎ、その後ティエリが加わり、1994年に兄弟でドメーヌ「ル・クロ・デュ・テュ・ブッフ」を起ち上げた。ドメーヌ立ち上げ前から、彼らはすでにワインに係わっていたが、以前はそれぞれ別々の場所で個々にワインを学んでいた。ジャン=マリーは、数年間シャンパーニュで研修し、ティエリは、ボルドーで2年、マコンで1年醸造の学校に通い、再びボルドーに戻り、サンテミリオン地区のプルミエ・グランクリュ「クロ・フルテ」で1年の研修、その後カナダでコマーシャルの勉強をし、帰国後は4年間、南仏バンドールの「ドメーヌ・ド・ラ・トゥール・デュ・ボン」での研修と、多岐にわたっている。1999年に、ティエリがネゴシアン「ティエリ・ピュズラ」を起ち上げ、以降、ティエリはネゴスとドメーヌの両方を管理する多忙な日々を送ることとなる。2014年、近々訪れる兄のジャン=マリーの引退や、ネゴスの共同経営者ボノームの独立を考え、ティエリはネゴスから手を引き、ル・クロ・デュ・テュ・ブッフ一本に専念し現在に至る。

以上輸入元資料より抜粋


新入荷ワインTOPへ

ロワールワインTOPへ


VdF クヴェヴリ ソーヴィニョン[2017]

2016年の教訓を生かして2017年は少し早めに収穫したが、それでもアルコール度数は12,5%(ティエリ曰く「ヴァレリーの畑のブドウは元々房の数が少ないため完熟しやすいのだそう)。2016年のような発酵のスタックを防ぐために、今回はプレス後のブドウ滓を20%ジュースに加えて完全辛口に仕上げています。ワインはピュアなエキス感にソーヴィニョンらしいグラッシーな風味と、ほんのりビターなニュアンス。ハーブやレモンなどの柑橘系の香りの中にアンフォラのスモーキーなフレーバーがあり、アルコールを感じさせないピュアさと紅茶のような心地よい渋みを感じ、清涼感のある味わいに仕上がっています。
750ml
   税込4320円

生産地:フランス、ロワール地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:12,5%
ブドウ品種 :ソーヴィニョン・ブラン100%
平均樹齢 :6〜51年
平均年間生産量 : 本



お一人様1本限定!店頭販売のみ!
VdF クヴェヴリ ソーヴィニョン[2016]


2016年は霜によりシュナンの収量が少なく、10hLのアンフォラを満たすことができないと判断したティエリは、急きょクロ・ロッシュ・ブランシュの近くに住む知人のヴァレリー・フォールに懇願しソーヴィニヨンを入手。彼曰く「ヴァレリーの畑はクロ・ロッシュ・ブランシュと同じく良質な石灰層があり、以前から興味を持っていた」とのこと。2016年のソーヴィニヨンは窒素が足りない上に糖度が高かったため、途中で発酵が完全にストップしてしまい残糖20g/Lあるそう。完全発酵を待つよりもソーヴィニョンのフレッシュさと甘さを味わいに 生かした方が良いと判断した彼は、最終的に残糖のあるまま瓶詰めすることに決め、再発酵防止のためにフィルターをしっかりと掛け、SO2を瓶詰め前に20mg/L添加しています。出来上がったワインは梅酒のようなキュートな酸味とほんのり上品な甘みがあり、アフターに残るアンフォラ特有のスモーキーな風味もとても心地良いワインです。
750ml
   税込4320円

生産地:フランス、ロワール地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:13,5%
ブドウ品種 :ソーヴィニョン・ブラン100%
平均樹齢 :5〜50年
平均年間生産量 : 本



お一人様1本限定!店頭販売のみ!
VdF ピノ・ド・ロワール・アン・クヴェヴリ[2016]


2015年はジョージア産の10hLのアンフォラで仕込みましたが、今回はブドウが霜の被害に遭い収量が少なかったこともあり、300 年前に作られたスペイン産の400Lのアンフォラで仕込んでいます。ティエリ曰く「違いはジョー ジア産のアンフォラが粘土の素材に対しスペイン産は砂岩で作られていて、アンフォラ特有の土っぽい風味がワインに出にくいのだそう。醸造も2015年がプレスし終えたマールを30%ほどジュースに加えて発酵熟成させたのに対し、今回はプレスジュースのみを発酵熟成させています。ワインはミネラリーでストラクチャーがありながら、全体的にふくよかで透明感のあるニュートラルな味わいで、どこか純米酒の構成に通じるものがあります。ちなみに「ピノ・ド・ロワール」とはシュナン・ブランの別名です。
750ml
   税込4320円

生産地:フランス、ロワール地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:13,5%
ブドウ品種 :シュナン・ブラン100%
平均樹齢 :36年
平均年間生産量 : 本



お一人様1本限定!
VdF ロモランタン フリリューズ[2016]


2016年は霜の被害により収量が70%減…。ただ、ティエリ曰く「それでも晩熟品種のロモランタンは発芽が遅いため、副芽が他の品種よりも少し多く残った」とのこと。収穫日は10月15日と例年よりも2週間遅く、しっかりとブドウの完熟を待ったことでアルコール度数は13.5%まで上がりましたが、そのアルコールのボリュームを感じさせない位にエキスがピュアで透明感があり、優しくまったりとした旨味とじわっと広がる酸が染み入るように口に溶け込んでいきます。また、アカシアやモミの木など清涼感のある香りが口の中に心地よく残ります。
750ml
   税込3780円

生産地:フランス、ロワール地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:13,5%
ブドウ品種 :ロモランタン100%
平均樹齢 :65年
平均年間生産量 : 本



コトー・デュ・ジェノワ[2015]

ティエリが手掛ける今回一回限りのコトー・デュ・ジェノワ。友人のワイン生産者マチュ・コストのワインをセレクションしてタンクごと購入し、熟成をテュ・ブッフの木桶タンクで行いました。ティエリ曰く「コトー・デュ・ジェノワの魅力は、味わいの中にシュヴェルニーにはないキルシュ(チェリーのブランデー)のようなフレーバーがあり、果実味に清涼感とフィネスがあることだ」とのこと。「これがまさにキンメリジャンの石灰土壌がなせる味わいの特徴!」と彼は言います。次回は「ブドウを買ってテュ・ブッフで仕込む」と意気込んでいたが、交渉がまとまらず今回限りのリリースとなってしまいました・・・ 
750ml
   税込3132円

生産地:フランス、ロワール地方
味のタイプ :赤・ミディアムボディ
アルコール度:12,5%
ブドウ品種 :ピノ・ノワール80%、ガメイ20%
平均樹齢 :50年
平均年間生産量 : 本



お一人様1本限定!店頭販売のみ!
トゥーレーヌ クヴェヴリ ラ・ゲルリー[2015]


2014年同様ラ・ゲルリーの区画のガメイとコーを使用。ただ、2015年はよりタンニンを抑えてチャーミングに仕上げるためにガメイの割合を多くしています。前回同様に梗からのタンニンの抽出を抑えるため全てのブドウを除梗し、マセラシオンは3ヶ月と短めに抑えています。ワインはみずみずしくも旨味がしっかりとあり、鼻に抜ける赤い果実と上質なマールのフレーバーが何とも心地よい仕上がり。開けたては少しガスが残っているので、カラフをするのがオススメです。
750ml
   税込4320円

生産地:フランス、ロワール地方
味のタイプ :赤・ミディアムボディ
アルコール度:12,5%
ブドウ品種 :ガメイ60%、コー40%
平均樹齢 :36年
平均年間生産量 : 本



お一人様1本限定!
シュヴェルニー クヴェヴリ・フリリューズ[2014]


前回のブドウはル・ブラン・ド・シェーヴルのムニュピノでしたが、2014年はフリリューズのフィエグリ、シャルドネ、ソービニョン・ブランを使用(まだ模索中のため、今後も年によって区画と品種が変わる予定)。醸造方法もマセラシオンからくる独特の芳香やタンニンを避けるためにスキンコンタクトは施しておらず、プレスしたジュースをアンフォラで発酵熟成させるシンプルな方法を試みました。瓶詰めはノンフィルター、SO2無添加です。ワインは白桃、白いバラ、レモングラス、カリフラワー、モミの木、黒豆、蜜蝋の香り。優しい滑らかさとストラクチャーがあり、凝縮した緻密な旨味エキスに洗練されたミネラルがきれいに融合しています。
750ml
   税込4320円

生産地:フランス、ロワール地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:12,5%
ブドウ品種 :フィエグリ40%、シャルドネ40%、ソーヴィニョン・ブラン20%
平均樹齢 :35年
平均年間生産量 : 本



お一人様1本限定!
トゥーレーヌ クヴェヴリ ラ・ゲルリー[2014]


2013年のブドウはラ・カイエールのピノノワールでしたが、2014年はラ・ゲルリーのコーとガメイを使用(まだ模索中のため、今後も年によって区画と品種が変わる予定)。醸造方法は、前回2/3全房ブドウ、1/3除梗のブドウでマセラシオンを施したが、今回は梗からのタ ンニンの抽出を抑えるために、全てのブドウを除梗。皮や種からのタンニンの抽出にも気を使い、マセラシオンは3ヶ月と短めに抑えています。瓶詰めはノンフィルター、SO2無添加です。前回同様に染み入るような果実味と質の高いマールのような風味は健在です。ちなみに2015年もラ・ゲルリーで仕込んでいますが、ティエリ曰く「2015年はタンニンをもう少し抑えエレガントに仕上げるためにガメイの割合を多くしている」とのこと。
750ml
   税込4320円

生産地:フランス、ロワール地方
味のタイプ :赤・ミディアムボディ
アルコール度:12%
ブドウ品種 :コー60%、ガメイ40%
平均樹齢 :35年
平均年間生産量 : 本



お一人様1本限定
トゥーレーヌ クヴェヴリ ル・ブラン・ド・シェーヴル[2013]


ティエリがアンフォラで仕込む初の白ワイン。2013年はとても厳しいミレジムで、白ワインのブドウの中で唯一病気の被害が少なく状態の良かったル・ブラン・ド・シェーヴルのムニュピノを使用。醸造方法は収穫した全房のブドウを足で踏み込みながら、ぎゅうぎゅうのすし詰め状態になるまで押し込み、そのまま手を加えず5ヶ月間マセラシオン。ワインは口に含んだ瞬間ベルガモットやヴェルヴェンヌの風味がパッと全開に鼻に抜け、ワインを飲むというよりも、紅茶のような優しい渋みを残しながら自然と口の中に染み入る感覚(味をしっかり残しながらワインが溶けて消えていく…)。
750ml
   税込4320円

生産地:フランス、ロワール地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:11%
ブドウ品種 :ムニュ・ピノ100%
平均樹齢 :70年
平均年間生産量 : 本



お一人様1本限定
シュヴェルニー クヴェヴリ ラ・カイエール[2013]


ティエリがアンフォラで仕込む初の赤ワイン。2013年はとても厳しいミレジムで、赤ワインのブドウの中で唯一病気の被害が少なく状態の良かったラ・カイエールのピノ・ノワールを使用。クヴェヴリ白同様に、まず最初にアンフォラの2/3を、収穫した全房のブドウを足で踏み込みながらすし詰め状態になるまで押し込み、残りの1/3は除梗のブドウで満たし、そのまま手を加えず5ヶ月間マセラシオン。ワインの味わいは、とてもエレガントでフィネスがあり、最後の余韻に残る優しく細かいタンニンと、質の高いマールのようなブドウの搾りかすの何とも言えない風味が後を引きます。
750ml
   税込4320円

生産地:フランス、ロワール地方
味のタイプ :赤・ミディアムボディ
アルコール度:12,5%
ブドウ品種 :ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :31年
平均年間生産量 : 本