クロ・デュ・ムーラン・オー・モワンヌ


ワイナリー名にもなっている「クロ・デュ・ムーラン・オー・モワーヌ」はクリュニー派修道僧によって発見された歴史的かつ神秘的な区画。クリュニーの修道院が所有していたこの不思議な区画は、その後962年から6世紀にわたって、シトー派の修道僧によって耕作を続けられていました。僧侶によって大切に守られていたこのユニークな土地はコート・ド・ボーヌの丘に挟まれた中心部に位置しています。2008年から元々はホテル経営をしていたアンドリュー家がこの土地を「再発見」することで新たな夢がスタートしました。現在はオークセイ・デュレスを本拠地とし、ポマール・モンテリーなどの畑を所有しており、ビオロジックとビオディナミの実践をしています。

以上輸入元資料より抜粋


新入荷ワインTOPへ

ブルゴーニュワインTOPへ


クロ・デュ・ムーラン・オー・モワーヌ
ブルゴーニュ クロ・ド・ラ・ペリエール・ルージュ[2019]


「クロ・デュ・ムーラン・オー・モワーヌ」が2014年に新しく手に入れたモノポール。ジューシーで弾ける果実味に、スパイスのアクセントが加わり、綺麗なタンニンが全体を引き締めます。

750ml  特価ワイン 税込3399円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :赤・フルボディ
アルコール度:13%
ブドウ品種 :ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :6000本

カートをみる