シャントレーヴ


シャントレーヴは日本人女性醸造家の栗山朋子さんと、そのパートナーであるギヨーム・ボットのふたりが、2010年ヴィンテージにスタートさせた、サヴィニー・レ・ボーヌを本拠地とするネゴシアン。
栗山さんはガイゼンハイム大学で醸造学を学び、2011年までラインガウにあるアルテンキルヒ醸造所で醸造責任者を務めていた才媛。
ギヨームはピュリニー・モンラッシェのエティエンヌ・ソゼで働いた後、2002年からはサヴィニーのドメーヌ・シモン・ビーズに請われて移籍。当主だった故パトリック・ビーズの右腕として活躍し、今も現役で醸造を任されている。
ふたりのメゾンはいわゆるネゴシアンといっても、ブドウや果汁の段階からワインを仕上げるネゴシアン・ヴィニフィカトゥール。 原料の供給元にも足繁く通い、自分たちの目が完璧に行き届く範囲に規模を留める、オートクチュールな造りが特徴だ。原料購入のポイントはまず畑まで出向き、その仕事ぶりを見ること。価格的に15〜20%ものプライムのつくビオの畑を優先して回っているという。
初ヴィンテージの2010年ブルゴーニュ・ピノ・ノワールは、早くも英国の著名ワインジャーナリスト、ジャンシス・ロビンソン女史の目にとまり、彼女のウェブサイトで「今週のワイン」に取り上げたほど。この生まれたばかりの造り手に、世界が注目し始めている。
2011年まではポマールに借りていたスペースでワインを造っていたが、2012年以降、サヴィニーに完成した新たな施設で醸造。同じく2012年にはビオで栽培する知りあいの栽培農家からヴォルネイとポマールのブドウを分けてもらい、その出来具合がケタ違いの素晴らしさらしい。年を追うごとにふたりの目指す方向性が定まり、ワインの完成度を上げているのがなんとも頼もしい。
日本人女性の細やかなセンスと銘醸蔵で研鑽を積んだパートナーのサポート、そして約束の土地であるブルゴーニュが紡ぎ出す、洗練されたワインたち。
無限のポテンシャルを秘めたこのニュースターから目を離すことができない。

以上輸入元資料より抜粋


ブルゴーニュワインTOPへ


ブルゴーニュ ピノ・ノワール[2015]

ピュリニー・モンラッシェ村のブルゴーニュAC内で栽培されたピノ・ノワールを醸造。色調は意外なほど濃いめながら、前年までと比べてよりタイトなボディをもち、ラズベリーや赤スグリなど新鮮な赤い果実のアロマがピュアに香る。きれいな酸味とシルキーなタンニン。

―以下リアルワインガイド58号より抜粋―
ふんわりした香りは優しい果実香とナチュラル感から。ともかくブドウが熟したという充実の香りで癒される。口に含むと甘い。しかし、酸とほろ苦さもあるので決して単純な「甘くて美味しい15年ワイン」ではない。また、薄めの液体にこれでもかっ!というほど美味しい味が乗っている。15年のレジョナルクラスは単に甘く、過剰な豊かさがあるものが多いが、このワインは実に節度のある果実味の豊かさ。良く出来ている。(今飲んで87+ ポテンシャル88)
750ml   税込2700円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :赤・ミディアムボディ
アルコール度: 12,5%
ブドウ品種 :ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 : 本



VdF ラントリュス[2015]

ローヌ地方はヴァントゥ産のシラーを使用し、セミカルボニックで造るSO2無添加のキュヴェ。サンスフルであることからワイン保護の為、発酵のガスは完全に抜かずあえて残しています。ちなみにガスが気になる場合デキャンタージュでガスを飛ばすことは可能ですが、香りの繊細さが削がれるとの理由でワイナリーではあまり推奨していないようです。

750ml   税込2484円

生産地:フランス
味のタイプ :赤・ミディアムボディ
アルコール度: 12,5%
ブドウ品種 :シラー100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 : 本



ブルゴーニュ ピノ・ノワール[2014]

ピュリニー・モンラッシェ村のブルゴーニュAC内で栽培されたピノ・ノワールを醸造。2014年から赤は全房発酵に転換しました。

―以下リアルワインガイド54号より抜粋―
ふんわりとしたきれいな香りがとてもいい。どこまでもあくまでも優しく、それでいて中身が詰まった感のあるもの。口に含むと温かみのある液体ニュアンスで、キリリというより香りと同じくふんわりとした触感の液体だ。そこに梅味の赤果実の風味が優しく乗っている。繊細性もキラリと光る、美味しい美味しいACブル。(今飲んで87 ポテンシャル87+)
750ml   税込2754円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :赤・ミディアムボディ
アルコール度: 12,5%
ブドウ品種 :ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 : 本



ブルゴーニュ シャルドネ[2014]

マランジュ寄りのオート・コート・ド・ボーヌの一区画から。グレープフルーツを思わせる爽やかな柑橘系の香りに、白桃のような果実感。酸味のバランスもよく、ソフトなタッチで、アフターに冷涼感溢れるミネラルの風味。天ぷらや寿司など、和食に合いそうなブルゴーニュ・ブラン。

―以下リアルワインガイド54号より抜粋―
甘いミツと柑橘の優しくていい香り。また、酸が円くて柔らかい印象もある。口に含むと香りのイメージ通り酸が円く、と言って甘さが立つものでもないバランスがとれた味わい。ともかく優しく優しく、どこか酵母の風味も感じるナチュラルなところもいい。気楽に飲める本格派。そんなACブル白。(今飲んで87+ ポテンシャル87+)
750ml   税込2754円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度: 12,5%
ブドウ品種 :シャルドネ100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 : 本



ブルゴーニュ シャルドネ[2013]

マランジュ寄りのオート・コート・ド・ボーヌの一区画から。グレープフルーツを思わせる爽やかな柑橘系の香りに、白桃のような果実感。酸味のバランスもよく、ソフトなタッチで、アフターに冷涼感溢れるミネラルの風味。天ぷらや寿司など、和食に合いそうなブルゴーニュ・ブラン。

―以下リアルワインガイド50号より抜粋―
赤のACブル同様にふんわりとしたナチュラル感がいい。穏やかな柑橘、花、ミネラルの順で香るが、それらが皆ふんわりとしてなんとも居心地がいい。口に含むとACブルとは思えない心地良い果実感があり、飲んでいて心と身体が弛緩する。一切の攻撃性のない優しい味わいとスタイルで、次から次へと杯が進む。そんなACブル。(今飲んで87+ ポテンシャル87+)
750ml   税込2808円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度: 12,5%
ブドウ品種 :シャルドネ100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 : 本