カトリーヌ・リス


オーナーのカトリーヌは、ワイン好きの両親がドイツの国境に近いストラスブール郊外の村ゲルストハイムでレストランを経営しており、幼い頃からワインに接する機会に恵まれていた。その影響もあり、高校生の時にはすでにワインの世界で働くことに興味を持っていた。2003年、ボーヌの醸造学校に2年間通い、BTS(醸造栽培上級技術者)の資格を取得。BTS就学中研修先として選んだシャンベルタンの作り手ジャン=ルイ・トラぺでビオディナミに興味を持つ。その後2005年にディジョン大学で醸造学を2年学びDO(フランス国家認定醸造技師)の資格を取得。卒業後、サンテミリオン、ジゴンダス、南アフリカ、ニュージーランドなどワイナリーを転々と滞在しながら異なる地域のワインを学んだ。
2008年秋、当時トラぺでの研修中に知り合ったアルザスの作り手マルク・クレイデンヴァイスの息子アントワーヌから、シャプティエのアルザスワインプロジェクトの話を持ちかけられる。シャプティエがワイナリーの責任者を探しているという話をアントワーヌから聞き、彼の紹介を通じて2009年1月、彼女はシャプティエのアルザス担当責任者となる。この時すでに独立願望があったカトリーヌは、シャプティエで働きながら同時に自らのワイナリーの立上げ準備を着々と行い、2011年の冬、ついに総面積1.5haの畑の借り入れに成功する。借り入れた当時は、シャプティエ側の引き留めもあり、二足のわらじで責任者を継続する予定であったが、最終的に辞退し、2012年1月から現在のドメーヌをスタートする。2013年に新たに1haの畑を借り入れ現在に至る。
肉体的重労働が必要とされるヴィニョロンの世界で、カトリーヌは現在2.5haの畑を女手ひとつで管理している。彼女は、幼い頃に誤って機械に腕が挟まり左腕を失うという身体的な不自由を負っているが、そのハンデをものともせずに、持ち前の明るさとガッツで男に勝る仕事をどんどんこなす。彼女のモットーは「できるだけ手を掛けずに、よりナチュラルに!」で、DOの国家資格を取った頭脳明晰なエノローグの顔を持つ一方、つくり上げるワインはエノローグの理論とは全く対極にあるビオディナミや自然派ワインの方にベクトルが傾く。また、レストランの家系で育った彼女は、ワインだけではなく料理の腕も定評があり、その繊細なセンスはワインの味わいにも生かされている。
趣味はバトミントンとキノコ狩り。現在は忙しくて時間が全くないが、本来は色々な国へ旅行することも大好きなのだそうだ。ちなみに、ヴィニョロンではなくもし違う職業を選んでいたとしたら、通訳になりたかったとのこと。

以上輸入元資料より抜粋


新入荷ワインTOPへ

アルザスワインTOPへ


お一人様1本限定
アルザス ドゥス・ド・ターブル[2018]


2018年はアルコール発酵途中にマロラクティック発酵が始まり、一時ボラティルが上昇するも、マロラクティック発酵後に25mg/LのSO2を添加することで鎮静化。瓶詰前のワインにいつもより澱が多かった為、上澄み2/3をスーティラージュした後、残りの1/3を軽くフィルターにかけています。ワインはまろやかでみずみずしく透明感があり、後から伸びやかな酸と苦みのある滋味深いミネラルが複雑に絡み合いながらじわっと旨味が上がってきます。春の時点では強かな酸のアタックにパンチを食らうまさにボラティルのエッジが効いたかなり攻めた味わいでしたが、半年経った今はボラティルはかなりこなれて丸くなり、代わりに心地よい苦みの効いた滋味深いミネラルが前面に出てきています。ちなみにワイン名は「テーブルの下」=「とっておきのもの」という意味と、エチケットの「dessous f éminins(女性の下着)」を掛けています。
750ml   税込3080円

生産地:フランス、アルザス地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:12%
ブドウ品種 :ピノ・オーセロワ70%、シルヴァネール30%
平均樹齢 :12~33年
平均年間生産量 :本



お一人様1本限定
アルザス リースリング ド・グレ・ウ・ド・フォルス[2018]


畑は3つのコミューンのひとつReichsfeldにあり、ワイン名は「de gré ou de force(=否が応も)」という諺に土壌グレローズ(Gres)を掛けています。2018年は収量に恵まれた年ですが、ブドウのリンゴ酸と窒素が例年よりも少なかった為、発酵に苦労した難しい年でした。今回は量にして1/3ほど「シッフェルベルグ」がアッサンブラージュされています。カトリーヌ曰く「シッフェルベルグは発酵途中にボラティルが上がってしまい、また1年かけても発酵が終わらなかったので、途中格下げしてド・グレ・ウ・ド・フォルスに全量アッサンブラージュしたとのこと。勢いのない発酵を再び活性化させるため、アッサンブラージュ時にプレスした2019年のリースリングのマールをバケツ2杯分加え、約1年半かけてやっと発酵を終わらせました。出来上がったワインは酸が穏やかな分、酒質が優しくとても繊細。甘みにも似たピュアなエキスはフルーツカクテルのシロップをイメージさせ、余韻はさすがシッフェルベルグがアッサンブラージュされているだけあって、滋味深いミネラルの複雑味が長く口の中に残ります。いつものド・グレ・ウ・ド・フォルスよりも控えめで奥ゆかしく、とてもエレガントな仕上がりです。
750ml   税込3410円

生産地:フランス、アルザス地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:12,5%
ブドウ品種 :リースリング100%
平均樹齢 :31~51年
平均年間生産量 :本



お一人様1本限定
アルザス ピノ・ノワール タ・パ・デュ・シスト?[2018]


畑はアルザスで唯一「シストブルー」の土壌がある「シッフェルベルグ」にあり、ワイン名も「T'as pas du Schiste(シスト持っていない?)」です。今回で2回目のリリースとなる2018年は、前年に比べると比較的収量が取れていますが、ブドウに窒素が不足していたため発酵に苦労しました。カトリーヌ曰く「前回は半分除梗したが、今回はブドウの状態が良かったので100%全房でほぼマセラシオンカルボニックにチャレンジしようとしたのだが、マセラシオンを始めてすぐにボラティルが上がり始めたため、カルボニックは諦めピジャージュをし、すぐにプレスをした」とのこと。出来上がったワインは、アルコール度数13.5%と力強くボリューム豊かながら、酒質はとても柔らかく滑らか。味わいもメリハリが効いていて、ボラティルによる梅のような強かな酸がコクのあるボディとうまく融合し絶妙なハー モニーを奏でます。ヴァン・ナチュールで言うところのまさに「The 梅ガツオ」とも言える脳幹をダイレクトに刺激するワイン。
750ml   税込5830円

生産地:フランス、アルザス地方
味のタイプ :赤・ミディアムボディ
アルコール度:13,5%
ブドウ品種 :ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :16~47年
平均年間生産量 :本



お一人様1本限定
アルザス ピノ・ノワール アンプラント[2017]


畑は所有する3つのコミューンのひとつReichsfeldにあり、ワイン名Empreinteは「指紋」という意味があります(エチケットの女性の顔がリスの指紋となっています)。2018年は収量とブドウの品質に恵まれた当たり年で、カトリーヌ曰く「フェノールも思った以上にしっかりと熟していて、アルコール度数はそれほど高くはないのに、色の抽出が良かった」とのこと。ただ、発酵中にボラティルが上がるなど決して醸造は楽ではなく、ボラティルを抑えるために熟成は6ヶ月と早めに切り上げました。彼女曰く「瓶詰め当時はワインの味わいも不安定で、当初は長く瓶の中で放置させる予定」だったそうですが、半年置いて飲み直してみると、流石はブドウにポテンシャルのあるミレジムだけあって、ボラティル以外の他の要素も表現力が増し、最終的に彼女自身も驚くほど絶妙に調和のとれたワインに整いました。前年同様に質が高くピュアな色気が全開で、みずみずしくキュートな赤い果実に伸びのある酸が乗り、酸と一緒に塩気のある旨味と洗練された鉱物感がせり上がります。ピノ・ノワールの名手カトリーヌの新骨頂とも言えるスーパーワイン!
750ml   税込3850円

生産地:フランス、アルザス地方
味のタイプ :赤・ミディアムボディ
アルコール度:12%
ブドウ品種 :ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :22年
平均年間生産量 :本



アルザス ピエ・ド・ネ[2016]

ピノのジュースにゲヴュルツを漬け込んだマセラシオンワインで、ワイン名は鼻に親指を当てて他の指を動かしながら嘲笑するジェスチャーのことで、いわば日本でいう「あっかんベー」のこと(クラシックなゲヴュルツの醸造方法を揶揄するというメタファーが隠れています)。2016年はゲヴュルツが花流れ、そしてピノがミルデューと動物の被害に遭い、収量が20hL/haと50%減…。さらに熟成の最初の段階で還元やマメが強く出て、当初はそのままお蔵入りのワインになる可能性があったそうです。途中スーティラージュとSO2添加を考えたそうですが、結局お蔵入りを覚悟しそのまま待った結果、マメも還元もきれいに治まったとのこと。味わいはスパイシーかつ繊細で、柑橘系の華やかな香りやアセロラのような微かな甘い香りが鼻をくすぐります。
750ml   税込2970円

生産地:フランス、アルザス地方
味のタイプ :赤・ミディアムボディ
アルコール度:12,5%
ブドウ品種 :ピノ・ノワール50%、ゲヴュルツトラミネール50%
平均樹齢 :16~26年
平均年間生産量 :本



カトリーヌ・リス
アルザス リースリング シッフェルベルグ[2016]


ワイン名Schieferbergはアルザス語で「シストの山」という意味があり、シストブルーはアルザスで唯一シッフェルベルグにだけ存在する土壌です。カトリーヌ曰く、2014年、2015年の醸造が難しかったのに対し、2016年は問題がなくとてもスムーズだったとのこと。2016年はブドウの窒素不足で醗酵に苦戦を強いる中、2年連続発酵に悩まされたこのシッフェルベルグだけが発酵に勢いがあったというから醸造は本当に不思議。通常通り樽発酵、樽熟成を行ったワインは、全体的にバランスが良く透明感がありながら深みもあり、余韻に残るシストのテロワールから来るミネラルの苦みが何とも特徴的で心地よい味わいです。
750ml   税込3996円

生産地:フランス、アルザス地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:13%
ブドウ品種 :リースリング100%
平均樹齢 :39年
平均年間生産量 :本