ベルトラン・アンブロワーズ


メゾン・アンブロワーズは1987年にプルモー・プリセに設立された。
当主のベルトラン・アンブロワーズはリヨンの出身で、ブドウ栽培やワイン醸造とは無縁の家柄だった。教師の勧めでボーヌの醸造学校に入学。ワイン造りを学んだ後、外国で暮らそうと考えていたが、そこで知りあった女性が妻のマルティーヌ。義父の跡を継ぐ形で、このメゾン・アンブロワーズを興したという。
新参者ながら、プルモーの村議を20年、村長を7年務めた人格者である。
今日、17haの畑をビオロジックで栽培し、2013年にエコセールの認証を取得予定。ドメーヌではなくメゾンなのはネゴシアンだからだが、実際のところ、現在、買いブドウによって造られているのはラドワ1級のグレションとムルソー1級のポリュゾのふたつのみ。10年前までは全体の3分の1がネゴスだったが、徐々に自社畑産に絞り込み、今日のラインナップに落ち着いた。

かつてアンブロワーズのワインは樽香の強さで賛否を分けたが、現在は樽の大きさを400リットルの特注サイズにし、樽の影響を抑える傾向にある。
例えば白の場合、ラドワ1級グレションで70%、ムルソー1級ポリュゾ、ニュイ・サン・ジョルジュ1級テール・ブランシュで100%という高い新樽率にもかかわらず、スモーキーさは上品で、かつてのカリフォルニア産シャルドネのようなオーバーオーキーな印象がなくなったのは大きな進歩といえるだろう。
一方、果実味の凝縮感に溢れるスタイルは従来どおり。樽香が抑えられたことによって、よりピュアなフルーツを堪能できる。

長女のリュディヴィーヌ、長男のフランソワがベルトランを支えるようになり、次世代へのバトンの受け渡しも進んでいる。
一部の親しみやすいワインに、開けやすく飲み残しの保存もしやすいスクリューキャップを導入。新しい試みにも果敢に挑戦している。

以上輸入元資料より抜粋


ブルゴーニュワインTOPへ


コトー・ブルギニョン・ブラン レトルデロイーズ[2012]

輸入元の温度管理された倉庫で保管していたバッグヴィンテージ。

―以下リアルワインガイド47号より抜粋―
コトー・ブルギニョンとは全く全く思えない充実した香り。絶対に樽熟成ではなくタンク熟成と思うけど、どこかクリーミーさがあり、甘い柑橘香とハチミツ、ミネラルがいい香り。口に含むとやはり充実した見事な液体の質感。クラスを完璧に超えた目の詰まったもので、飲んでいてとても心地良い。また、味は香りから感じた通り甘くて、ハチミツの風味があり、ミネラルが少し塩気とほろ苦さを演出している。(今飲んで87+ ポテンシャル87+
750ml  特価ワイン 税込1836円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ : 白・辛口
アルコール度: 13%
ブドウ品種 :シャルドネ100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :本



ブルゴーニュ・ルージュ[2013]

―以下リアルワインガイド50号より抜粋―
おお、これはいい(昨年と同じ書き出し)。困難な13年にこれ程きれいで目の詰まったACブルになるとは。品良く、少しミネラル感もあるクラスを超えたいい香り。口に含むとこれは10、12年の再来だ。味わいバランスが良く、味つきも良く、スキなど微塵もないとても良く出来たACブル。価格もお手頃なままのはずだから、13年もCPはかなり高いと思う。まだそれほど人気が出ていない今のうちにゲットすべし。(今飲んで87+ ポテンシャル88
750ml
   税込2646円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ : 赤・ミディアムボディ
アルコール度: 13%
ブドウ品種 : ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :
平均年間生産量 :



エシェゾー[2013]

―以下リアルワインガイド50号より抜粋―
何という上質感か。高品位香がブリブリだ。閉じているのに。これは質の良い完熟したブドウと多量のミネラルと自然な造りから来ること以外考えられない。また、V・Rの端正さも滲み出ている。閉じているのに。口に含むと、うわっ!目の覚めるような美味しさだ。閉じているのに。この複雑性と正確さ、そして凝縮感と味の集中感は一体なに?これもコルトンに並ぶ13年を代表する1本。そしてもちろん長期熟成ワイン。早飲みは絶対に、絶対に禁物。(今飲んで93 ポテンシャル96)
750ml   税込19440円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ : 赤・フルボディ
アルコール度: 13,5%
ブドウ品種 : ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :本



ニュイ・サン・ジョルジュ1er レ・ヴォークラン[2006]

―以下リアルワインガイド23号より抜粋―
ビン詰め直後の試飲なので香りは閉じ気味。しかし品の良い黒果実がしっかり香る。そして、口に入れると確かな味わいと高級感に顔がほころぶ。黒果実と大地の風味が複雑に絡んでいるのだ。ただしタンニンがかなり大きな存在で、時間がかかるワイン。もちろん他の要素もしっかりあり、高い次元でバランスが取れている高品質さ。このワインは本当にいつでもいい。そしてこのクオリティで7000円台!!(今飲んで90+ ポテンシャル92+)
750ml
   税込7714円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ : 赤・フルボディ
アルコール度: 13,5%
ブドウ品種 : ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :
平均年間生産量 :



コルトン ル・ロニェ[2006]

―以下リアルワインガイド23号より抜粋―
このワインのハイCPぶりはいつも凄まじいものがあるが、06年も俄然ハイCPだ。力のある大地香がグイグイ香る。そして香りの全体イメージはあくまで黒。もちろん思い黒ではなく美しい黒だ。液体はガタイが大きく、今はタンニンが立つ。他の要素もしっかりとあるがタンニンが立つ。それほど骨格がしっかりしているのだ。そして真ん中があり、その周りにもたくさんの肉がついていながら濃厚重々ワインではまったくない。見事な品質と価格だ。(今飲んで91 ポテンシャル93)
750ml   税込8600円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ : 赤・フルボディ
アルコール度: 13,5%
ブドウ品種 : ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :本



ヴォーヌ・ロマネ オー・ダモード[2004]

―以下リアルワインガイド17号より抜粋―
CP的にはこの村名が一番のオススメ。というのがテイスターの共同声明。昔のアンブロワーズを思い出させるようなちょっとしたコク味と、現在のピュアな味わいが上手い具合に混ざり合って、絶妙に美味しい。さらに後半には旨みの量も増え、それに大地の風味も加わり、なんとも堪らない味わいに。酸だけが先走るワインが多い04だが、この造り手はきちんと制御できている。そしてそのちょっとだけ強めの酸が、バランスの良さとエレガントさを演出している。(今飲んで89 ポテンシャル90)
750ml   税込5980円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ : 赤・フルボディ
アルコール度: 13,5%
ブドウ品種 : ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :本



ニュイ・サン・ジョルジュ1er レ・ヴォークラン[2004]

―以下リアルワインガイド17号より抜粋―
さすがはヴォークラン。NSGを代表する畑。そしてコート・ドールを代表する造り手。7000円の価格であれば文句無しのお買い得ワインである。原則的にはピノ・ノワールとしては結構濃くて最近敬遠されつつある90年風のバブリーなワインなのだけれども、そこは一流の畑、一流の生産者という事で、重たいNSGの果実味よりもさっぱりした優しい酸の方が強く現れるし、ミントやタイムなどの香草の爽やかさが口に残る。気品でも十分に魅せられるワインだと思う。(今飲んで90 ポテンシャル91+)
750ml
  特価ワイン 税込5250円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ : 赤・フルボディ
アルコール度: 13,5%
ブドウ品種 : ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :
平均年間生産量 :



シャンボル・ミュジニー1er レ・フュエ[2003]

―以下リアルワインガイド12号より抜粋―
軽やかな雰囲気ながら重心が低めなので浮つき感は全くない。フレッシュだけど頼りがいのあるヤツ。例えば新入生研修時、みんなと同じ年のはずなのに、必ず数人いるヤケに落ち着いた風貌と発言をするとっつぁん風じゃなくて、爽やかなのに人を惹きつける青年といった風情。この銘柄も甘く濃く、果実の過熟感もちらりと感じるけれど、酸がキチンとあるので全体のバランスは取れている。今はかなりタニックだが徐々にまとまりを見せるので、しばしの猶予を。(今飲んで88 ポテンシャル90)
750ml   税込6912円

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
味のタイプ : 赤・フルボディ
アルコール度: 13,5%
ブドウ品種 : ピノ・ノワール100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :本