スペインワインTOPへ


アストビサ アラバコ・チャコリ ゾーヨ [2016]

2006年アラバ県オコンド村に設立された新しいワイナリー「アストビサ」。ワイン名の「ゾーヨ(Zollo)」とはバスク語の「大食漢」の意味でラベルにはバスクで盛んだったクジラ漁からイメージされたユニークな大食漢のクジラが描かれています。アラバのチャコリは、基本的にスティルタイプが多いのですが、こちらは輸入元「いろはわいん」からのリクエストで造った新しく天然発泡を楽しめるチャコリ。梨やりんご、グレープフルーツなどさまざまな完熟したフルーツの香りやフェンネルのようなハーブの香り。酸は、いきいきとフレッシュでバランスよく、口に含むとクリスピーな泡が食欲を刺激するワインです。炭火焼の魚介類等との相性もよく、エダムやゴーダなどのチーズともおいしく召し上がっていただけます。また、シンプルながら味わい深い和食はバスク地方の家庭料理に通じるところもあるため、是非和食とも楽しんでいただきたいワインです。
750ml   
税込2268円

生産地:スペイン、バスク地方
味のタイプ :微発泡白・辛口
アルコール度:12,5%
ブドウ品種 :オンダラビ・スリ800%、オンダラビ・スリ・セラティエ(プティ・クルヴュ)20% 
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :本