アルパマンタ


2005年、伝統的なワイン産地ヨーロッパで代々ワイン産業に携わってきた家系出身の3人の友人、オーストリアのアンドレイ・ラストモスキィ、同氏の従兄弟であるアンドレ・ホフマン氏がスイスから、そしてフランスからはジェレミー・デレコート氏が、ニューワールドで最もブドウ栽培に適した地域であるアルゼンチンのメンドーサに集結し、ブティックワイナリーを創設しました。
2005年にメンドーサから38KM南方の銘醸地ルハン・デ・クージ南部、手付かずの自然が残るウガルテチの地に35haの土地を購入。生態系との調和の中でワインを産み出すことをモットーにブドウを栽培、ビオディナミの認定機関デメテール認定をアルゼンチンで最初に取得(2010年)しました。
畑では一切殺虫剤、除草剤を使用せず、自家製のビオディナミ調合剤を使用。動物を飼育し、雑草を食べさせたり自家製の堆肥を造り使用しています。醸造面においても天然酵母を使用しSO2も最小限に抑え、メンドーサのテロワール、太陽の恵みを表現した極上のワインをコンセプトにワイン造りを行っています。
現地の言葉で“大地を愛す”を意味するブランド名「アルパマンタ」。代々インディアンの文化の軸となってきたのは、自然・環境とのハーモニーの中で働き、共存することでした。アルパマンタではこの考えを守り大地を耕し、環境に優しい畑がアルパマンタのテロワールであるというメッセージを込めワイン造りを行います。ラベルのモチーフとなっているのはフクロウは、この土地を購入した際に訪れた最初の訪問者で、またビオディナミを行う畑の水の活性化も意味しているのです。

以上輸入元資料より抜粋


新入荷ワインTOPへ

その他の国のワインTOPへ


「サクラ・アワード2019」ダブルゴールド受賞!
アルパマンタ ナタル シャルドネ[2016]

黄色い花の蜜。熟度の高いカリンやリンゴの香が広がり、僅かに松ヤニのような複雑な香りも持ちます。ボリューミー且つ鋭角的な酸とミネラリックさも持つバランス感が見事なワインです。
750ml   税込1980円

よりどり2本で3190円対象

生産地:アルゼンチン、メンドーサ地方
味のタイプ :白・辛口
アルコール度:14%
ブドウ品種 :シャルドネ90%、ソーヴィニョン・ブラン10%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :116284本



「サクラ・アワード2019」ダブルゴールド受賞!
アルパマンタ ナタル カベルネ・ソーヴィニョン[2013]


濃厚で凝縮した赤系果実やプラム、スパイス、ハーブの香りが漂うしっかり系カベルネ。フレッシュな果実味を持つ、飽きのこないスタイルのカベルネです。

750ml   税込2090円

よりどり2本で3190円対象

生産地:アルゼンチン、メンドーサ地方
味のタイプ :赤・ミディアムボディ
アルコール度:14%
ブドウ品種 :カベルネ・ソーヴィニョン100%
平均樹齢 :年
平均年間生産量 :14000本